Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シオンの丘

今日はシオンの丘 Mt.Zionへでかけてみました。

『シオニズム Zionism』という言葉がありますが、これは一般的には『パレスチナの地にユダヤ人の国を作ろうという運動』のことを意味する言葉として知られています。

しかし実際には『シオンの丘に戻ろうという運動』のことを意味しています。

『シオンの丘』というのは、先日訪問した『神殿の丘』のこと。
つまりイスラム教の大聖地『岩のドーム』がある場所、同時に昔々イスラエル王国の『ユダヤ教神殿』があった場所のことをいいます。
神殿の壁の一部が『嘆きの壁』としてユダヤ人の大聖地となっているわけです、ややこしい。

今日私たちが行った『シオンの丘』と命名されている場所は、『神殿の丘』とは別の場所、旧市街の外にあり、キリスト教の教会などが建っています。

なぜ、このように別の場所が『シオンの丘』と命名されてしまったのかといえば、かつてキリスト教徒が場所を間違えて命名し、そこに教会を建ててしまったからだそうです。

シオン門 Zion Gateから旧市街を出て、シオンの丘にいきます。
この辺りはとても綺麗に整備された街並み。
P6121137.jpg


ここはイエスが『最後の晩餐』をした(かもしれない)部屋。入場料は無料。
イエスが処刑される前夜、ここで十二使徒と共に夕食をとりました。
この夕食の場で、イエスは使徒の一人がイエスを裏切ることを予告し(イスカリオテのユダの裏切りの予告)、また、使徒達が自分の苦難に際して逃げ散る事を予告します(マルコによる福音書14章27節)。
弟子達はこれを聞いて動揺しました。ペトロは鶏が鳴く前に三度キリストを否むと告げられ、これを強く否定しますが現実となってしまいます。
P6121139.jpg


オスマントルコ時代にはモスクとして使用されていたため、壁にはコーランが描いてあったりします。
ムスリムもたくさん見学に来ていました。
P6121143.jpg


晩餐の部屋がある建物の屋上から、景色を眺める。でもよくよく見ると・・・
P6121145.jpg


分離壁。
P6121146.jpg


晩餐の部屋の下階には、イスラエル王国の王様『ダビデ王の墓』があります。
これはダビデ王の墓にある階段。
このコンパスと三角定規の紋章は、『秘密結社フリーメーソン』のシンボルだ!!
元々フリーメーソンは石工職人のギルドの組織だったので、コンパスと三角形定規が紋章とされたのだそうです。
P6121147.jpg


ここはダビデ王の墓、だからもちろん『ダビデの星』も。
P6121149.jpg


ダビデ王の墓自体は質素な部屋に、ビロードの布がかかった棺が安置されているだけで特記することはありません。
それよりも、ダビデ王の墓がある建物の壁に、こんなカプセルが埋め込んであるのが気になりました。
ところどころにカプセルがはめ込んであって、何かが中に入っています。
そしてユダヤ教の方々は通りすがりに必ずこのカプセルに触れていくのです。
これはいったい何だろう、誰か教えてください。
P6121150.jpg


次は、聖母マリア永眠教会 Church & Monastery of the Dormition
その名のとおり聖母マリアを祀った教会で、エルサレム有数の大きな教会です。
建物自体は比較的新しい感じで、あまり趣がありませんが、教会内のモザイクはなかなか精巧で美しかったです。
P6121155.jpg


なんか地下からアヴェマリアが聞こえてくる・・・とトコトコ階段を下りていくと、皆真剣にお祈りしてる。
P6121159.jpg


地下には聖母マリアが永眠している人形があり、感極まって涙ぐんでいる西洋人もいました。。。
(最後の審判後、復活するため)聖母マリアは亡くなったのではなく、永久の眠りについたのだと考えられていて、眠るマリアがこの教会に安置されているのです。
P6121166.jpg

濃~いエルサレムには既に大満足、ヨルダンへ戻ります。

帰りも『ノースタンプ』で出国できるかな?
スポンサーサイト

« 再びヨルダンへ|Top|生誕教会 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/94-766a53d7

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。