Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイエッド・ザイナーブ廟

今日はダマスカスの南方10キロのところにあるセイエッド・ゼイナブ廟Saida Zeinabに行ってみました。

ということで、まずセイエッド・ゼイナブ廟Saida Zeinabの説明。

第4代カリフ(初代イマーム)アリーとファーティマの間に生まれた娘であり、ムハンマドの孫娘にあたるセイエッド・ザイナブ(al-Sayyida Zaynab al-Kubrā)の廟として多くの人びとの崇敬を集めています。

現在ではイラクのアタバート、イランのコム、マシュハドと並んでシーア派にとって重要な参詣地となっています。

イランやイラク、レバノンといったシーア派が多数存在する国のみならず、湾岸諸国や南アジアからも数多くの人びとが参詣に訪れ、現在では年間200 万人規模の参詣者が訪れるそうです。

セイエッド・ザイナブは初代エマーム・アリーとファーティマの娘、二代目エマーム・ハサン、三代目エマーム・フサインの妹としてマディーナで生まれました。幼少より聡明で、賢い女性であったそうです。

親戚のアブドゥッラー・イブン・ジャアファル・タイヤールと結婚し、4人の息子(アリー、アウン、ムハンマド、アッバース)と1人の娘(ウンム・クルスーム)に恵まれました。

しかし、680 年に兄の三代目エマーム・フサインやその近親者、仲間たちとともにマディーナからクーファへと向かったセイエッド・ザイナブは、カルバラーの戦いにまきこまれることとなります。

時のウマイヤ朝カリフ・ヤズィードの軍隊によってフサイン一行の男性たちは虐殺され、セイエッド・ザイナブも兄フサインと息子2人(アウンとムハンマド)を失います。

彼女自身も戦いの後に生き残った者たちとともに捕虜となり、ダマスカスに連行されてしまいます。

その際、彼女はクーファでは兄フサインを助けなかったクーファの民と、兄を殺したイブン・ズィヤードを非難し、ダマスカスでは時のウマイヤ朝カリフ・ヤズィードを痛烈に非難したのです。

しばらくダマスカスで幽閉されていたが、その後解放され、他の者たちとともにマディーナへ帰還したそうです。

しかし、その後の彼女の消息については決定的な史料が存在しないため諸説が存在し、現在でも論争が続いています。

有力な説のひとつは、マディーナへ帰還した後に当地で没したとするもの。

ひとつは、マディーナへ帰還後、近親者とともにエジプトの地へと渡り、カイロで没したとするもの。

もうひとつはマディーナへ帰還した後に夫とともにダマスカスに戻り、当地で没したとする説である。

現在ではカイロ説に由来するセイエッド・ザイナブ廟がカイロに、ダマスカス説に由来するセイエッド・ザイナブ廟が今日訪ねたセイエッド・ゼイナブ地区に存在します。


聡明なゼイナブは、シーア派女性に絶大な人気があり、セイエッド・ザイナブ廟は女性巡礼者で大混雑。

めったに観光客が訪れないこの廟に、ムスリムでもない私たちが行った理由は、イランのシラーズで街を案内してくれたParisaという女性に、『もしダマスカスのザイナブ廟に行くのなら、私のためにお祈りをしてきてね』とお願いされていたから。

廟の写真をParisaに後でメールしようと思います。

では、写真で振り返る今日一日。

セイエッド・ゼイナブ廟方面行きのマイクロバスは、Sh Fakhri al Baroudi St.にある、このモスク前から出発。運賃10SYP/人。
P6030311.jpg


こんな道端でバスを下ろされた。舗装されていない道路、なんかこの感じ、この雰囲気、どこかで・・・
P6030312.jpg


物乞いをする子供達、雑然とした雰囲気、これはちょっとインドっぽい?
P6030313.jpg


しばらく歩き、キンピカのセイエッド・ザイナブ廟に到着。チャドルを借りて中に入ります。
P6030314.jpg


ここは女性専用入り口。カメラをかまえて潜入。
P6030315.jpg


ウギャー、なんだこの熱気は!!絨毯には隙間無く女性達が座り込み、廟までの通路は満員列車並みの混雑。
汗の匂いと、ムっとした空気と、足臭さ(靴を脱いでいるから)で気絶しそう。
そして、泣きながら参拝をする女性達。『Zainab!!』とか『Assalam Alaikum!!』とか『Allahーー!!』とかいろんなことを叫びながら祈っています。
P6030316.jpg


ダリオは男性エリアに潜入。うってかわって空いている・・イイナ。
P6030317.jpg


きらびやかな内装だな~。
P6030318.jpg


このアラブ人男性、シブイ顔してる。
P6030319.jpg


精巧なタイル使い。シーア派らしい内装。
P6030329.jpg


Parisaの願いにこたえることができて、ホっと一安心。
帰りはセルビスで中心街まで帰ってきました。
お腹が空いてピザパンを食べる、15SYP/枚。アツアツでチーズトロリ、うまーーー!!!
P6030355.jpg


街を歩く、この辺りはセクシー下着ショップの並ぶ界隈。
チャドルの下には、そんなセクシーパンツをはいているのか!!!
P6030357.jpg


街を歩く。
P6010218_20100611043233.jpg


手作りの靴屋さんがありました。なかなか可愛い商品がかかっています。
しばらく眺めていると、地元の人達もたくさん買いにやってきていました。
P6030367.jpg


なんともいい味の靴。革のサンダルとバッグをお買い上げ。
サンダルは400SYP、バッグは850SYPでした。50オマケしてくれた。
P6030368.jpg


お店のオジサンは、この場所で親子2代続く革製品屋さんで、新聞や雑誌にも掲載されたことがあるそうです。
購入した後で、自分の載っている雑誌を、いそいそと嬉しそうに見せてくれました。
ちょうどサンダルを買いに来ていたカップルによれば、オジサンは耳が聞こえないのですが、読唇術で相手の言っていることが理解できるそうです。
暖かい表情の、素敵なオジサンでした。
P6030370.jpg  P6030371.jpg


これは東西1500メートルにわたる『まっすぐな道』。
新約聖書の“パウロの改心”の舞台となった有名な道です。
エルサレムでキリスト教を迫害していたパウロが、イエスの弟子を捕らえるためダマスカスに来た際、突然落雷で失明してしまいます。。
すると天から「まっすぐな道に行け」という声が聞こえてきました。
これに従ったところ、聖アナニアに出会い、目が見えるようになり、この奇跡によって改心してキリスト教の伝道者となったという話。
聖アナニアとは、パウロに洗礼を授け改宗させたダマスカスの司教です。
P6030372.jpg


スークに潜入。
P6030374.jpg


立派な門構え。
P6030376.jpg


ドライフルーツの山。
P6030378.jpg


豊富なスパイス。
P6030381.jpg


このスークではアレッポの石鹸が売っていました。
しかも、本場アレッポの四分の一くらいの値段、20~30SYPで・・・。
モノが違うのかも知れませんが、どーなんでしょうね~。
P6030384.jpg


それにしても賑やか。
ここの近くにHammam Nureddinという、ダマスカス最古の男性専用ハマム(サウナ)があり、ダリオは夕方1人でリフレッシュしに行きました。入場料300SYP、体を洗ってもらう料金40SYP。
ダリオの感想は『どってことないサウナ』とのこと。
P6030385.jpg
スポンサーサイト

« セイエッド・ザイナーブ廟(動画)|Top|クネイトラ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/81-6abbd826

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。