Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイルート

バールベックから首都ベイルートに移動しました。

移動方法はとても簡単、宿からすぐ近くのバスターミナル(というより駐車場)に行き、ベイルート行きのセルビスに乗るだけ。乗車賃は6000LBP/名。

セルビスは9:55にバールベックを出発。クネクネと山道を通り、何度か兵士の検問を受け11:40にベイルート到着。

ところで、いどうにでお世話になるタクシーやバスですが、イラン以降は、どの国のドライバーも飛ばす飛ばす。。。
当然事故も良く起こっているようで、追突や大破した車を見たのも、一度や二度ではありませんでした。
しかし、今回のセルビスの若いドライバーが最も命知らずのクレイジードライバーでした。
見通しの悪い山道のカーブで危険な追い越しを何度もするし、追い越し様によそのドライバーに怒鳴って文句を付けてみたり、、、毎日何度も運転している慣れた道程なのでしょうけどヒヤリとする場面が何度もありました。
F1ドライバーにでもなったつもりなのかもしれませんが、止めてもらいたいものです。


さて、イカれた車でベイルートに着いたはいいのですが、訳の分らない道端でセルビスから降ろされてしまいました。目当ての宿まではまだ遠くのようで、タクシーに乗って到着。

今日の宿は、Pension al-Nazilのドミトリー(4人部屋)、15USD/人。
ベイルートは今がオンシーズンらしく、宿はどこも満杯。予期せず人生初のドミトリー。
タクシー代といい、ドミトリー代といい、レバノン(特にベイルート)はこれまでの国と比べると物価が高いです。
P5300001.jpg


街を散歩しにでかける。あのビルの上のサッカーボール、ワールドカップ仕様?
P5300002.jpg


Mohammed al-Amin Mosque
ラフィーク・ハリーリRafiq Hariri元首相がここに埋葬されているそうです。なんだか新しいモスクで面白みにかけるためパス。
ちなみにラフィーク・ハリーリ元首相の次男が、現首相サアド・ハリーリ氏です。
P5300003.jpg


St George's Cathedral
なんだかここも綺麗で面白くなさそう、なのでパス。通り過ぎただけ。
P5300004.jpg


西洋化した街並み。中東のパリと言われているそうな。
元宗主国のフランス人がバカンスに大挙するそうですよ。フランス語を話せるレバノン人も多いです。
P5300005.jpg


綺麗なだけど、退屈な街。
内戦で全てが壊される前は、古きよき街並みがあったのでしょうか。
P5300006.jpg


宿のすぐ近くの港。
P5300007.jpg


Al-Omari Mosque
12世紀に聖ジョン教会として築かれた建物ですが、1291年にモスクに転用されました。
P5300028.jpg


きっとこの真正面が、教会の中心部分だったのでしょう。
P5300029.jpg


熱心に祈りを捧げる。
P5300031.jpg


スーパーに行ってみる。まるで日本のデパ地下のようです。何でも揃っていました。
P5300036.jpg


ここは裕福なレバノン人や観光客御用達と思われるショッピングエリア。
レバノン人の家族連れは、ほとんどがメイドを連れています。大抵メイドは東南アジア系かアフリカ系。
少し分りにくいですが、この写真の奥にも黒人のメイドさんが映っています。
P5300040.jpg


ローマ浴場の遺跡。
P5300042.jpg


レバノンは1975年から1990年まで内戦状態にありました。

同じ国民でありながら、ムスリムとクリスチャンの陣営に別れて、凄惨なリンチや拷問を加えて殺しあう壮絶な内戦だったそうです。

街を歩いていると、今でもところどころに内戦の傷跡を見ることが出来ます。

これは、銃弾の跡をコンクリートで埋めた部分で、水玉模様になっています。
P5300047.jpg


P5300048.jpg


P5300055.jpg

さて、レバノンではバールベック遺跡と内戦の跡を見るという目的を果たしたので、シリアに戻ることにしました。

ほぼ数十メートルおきに見ることの出来る兵士、戦車や機関銃が装備された装甲車。パレスチナ難民の粗末なテント、街中を監視する兵士と警官、監視カメラ、そしてレバノン南部でいまだに続くヒズボラとイスラエルの戦闘、現代まで続く中東が抱える問題を目の当たりにした訪問でした。

ちなみにヒズボラは、アメリカにテロ組織呼ばわりされていますが、ここレバノンでは議席を有すれっきとした政党です。その活動資金はシーア派の同志であるイランの支援を受けていると言われています。
スポンサーサイト

« ダマスカスへ|Top|バールベック »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/80-275d9d32

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。