Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルートについて5 国境とビザ

初の陸路国境越えは、中国とベトナム間でした。
旅行者に利用される中越国境にはいくつかのポイントがありますが、バスで越えるものが多かったので、自分で歩いて国境を渡りたかった僕たちは、割とマイナーな東興~Mong Caiを通過しました。

国境の開く早朝、ゲートに行ってみると、そこには既にベトナム側へ渡る中国人の長い行列が出来ていました。
自分達以外には周囲に旅行者らしき人もみえず、その列の最後尾にちんまりと混ざってゲートの空くのを待っている間、彼らの手元から見えたパスポートは、見開き1ページがこの国境の両国間のスタンプで埋まっていました。
そんなに頻繁に往復していることに、まずはびっくりしたのですが、実はもっと頻繁に往来する人はIDカードを持っていて、駅の改札よろしくサッサと国境を越えて行くではありませんか。
その後に訪問した国でも、ローカルが国境を生活の一部として行き来している様子を見ることになるのですが、これまで空港からしか出入国した事のなかった僕たちにとっては、ここでの体験はとても印象深いものになりました。


これまでで、東シナ半島の国々と、インド(ビザの事前取得が必要)を、全て片道のエアチケットか、陸路で入国しましたが、OUTチケットを要求されたのは、日本のエアラインのチェックイン時1度だけでした。
入国管理を業務としない航空会社が、復路か第三国へ抜けるチケット提示を求める理由ですが、旅客が入国できなかった際には、旅客は自前で帰路のチケットを手配する必要がありますが、もしもその旅客に帰路の航空券を用立てするだけの経済力がない場合、乗せて来たエアラインの責任で送り返さねばならないというルールがあるようです。
日本の航空会社が片道の利用客を嫌がるのはこれが理由といわれています。


結局、建前上は航空券の提示が必要ですが、実際にはほぼ要求されない場合がほとんどで、また、その点を追求されたとしても、自分の通るルートと行動予定を相手に伝えて納得させることが出来れば、入国できました。
ただ、地域情勢によって変わるものなので最新の情報を仕入れる必要があると思います。


~~~~~~~~
さて、これまで真面目で説明チックな文書でしたが、ここから先は堅い話は抜きにして、旅の記録をちょこちょこつぶやくような内容にしたいと思います。
擬音語が多用される、オバカな内容になるかも知れませんが、リアルタイムだということでどうぞ堪忍してやって下さい。

また、自分達の主観に基づいた内容、発言になっていますので、ご覧になった人によっては気分を害することもあるかも知れません。
そんなときは、世の中にはそんなアホウな考えの奴もいるのだなー、ホホ~ゥ。という程度にご参考頂ければこれ幸いです。

表記した情報については、出来るだけ正確にあるように努力していますが、間違っていたらゴメンナサイ!!

以上、そんな我々ですが、励ましのコメントでもポチっと入れてやれば、大変喜びます。
優しい方、奇特な方、突っ込みを入れたい方、どうぞお付き合いよろしくお願いしま~す。
~~~~~~~~
スポンサーサイト

« 中国ダイジェスト1|Top|ルートについて4 国境とビザ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/8-966c668e

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。