Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランについての個人的な感想3

イランへの制裁を進めている某A国。
イランは、A国から『Axis of evil(改めて書くとすごい表現だよな~)』とか言われているけど、実際どっちが悪の枢軸なんだか。


イランは核開発で、A国のメディアを中心に叩かれていますが、終始一貫して平和利用目的の核開発だと公式に宣言しています(ま、これは当たり前ですが)。
パフォーマンスの一環かもしれないけれど、今年になって国会議長ラリジャニ氏が広島の原爆資料館を訪問しています。


また、対話を拒んでいるのはイラン側ではなく、A国側のほうに見えます。
つい先日アメリカで行われたNPT会議では、アフマディネジャードイラン大統領のビザを許可しない、という話もありました。
結局はビザもおり会議に出席できたのですが、アフマディネジャード大統領の演説の時には、アメリカとフランスの代表が退席する場面もありました。


イランが主張していることは、至極まともで筋が通っていますが、そういった面が日本のメディアで流れることはありません。
恐い国とか、ならず者国家というイメージを植えつけるようにバイアスがかかった話ばかりです。
TVを頭から信用している人など、今どき誰もいないと思いますが、氾濫する情報の中で情報リテラシーは益々必要になってきますね。


ところで、世界で最も多くの核兵器を所有し、地球上で兵器として実際に用いたことのある国は、A国だけです。
A国が言うところの、世界の警察的役割という理屈は当然建前で、自国の利益になるところにしか軍を派遣していないのは、もはや誰もが知っていることです。
ブッシュ政権の時のプロバガンダのように、どちらが善悪といった二元論でもないし、世界のパワーバランスに関することなので、何が最良の選択なのかは難しい問題ですが、少なくとも他国の核の開発にイチャモンをつける資格はA国には無いと思います。


イランは、東はアフガニスタン、西はイラクと国境線を接しています。
この両国は、どちらにもA国の軍隊が常駐しています。
A国は、無いものを在ると言い張ってイラクに侵攻した実績があります(大量破壊兵器は結局無かったけど)。そんな国に『Axis of evil』呼ばわりされ、さらにA国の軍隊が駐留している国に挟まれている。イランの立場からすれば、自国を守るために防衛強化するのは当たり前だと思えてなりません。
イランが核技術を兵器に転用するとすれば、それはA国の様々な包囲網がイランを追い詰めた時ではないでしょうか。
まぁ、そうなれば大義名分が出来ますので、A国はメディアを使って国際世論を形成し、正義の御旗の元に嬉々としてイランに侵攻するので、イランもやらないとは思いますが。。。


・・・話がだいぶそれましたが、多くのイラン人が望むように政府が替わって、今まで当たり前に享受していたものがなくなったときに、その失ったものの大切さに気づくのでは?と思ってしまいます。

そんな考えは、旅行者の勝手なノスタルジーでしょうか。

もしイランが変わるとしたら、他国が自国利益の為に介入した結果ではなく、真にイランの未来を見据えた人々によって変わればいいですね。
スポンサーサイト

« 病院へいこう!|Top|イランについての個人的な感想2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/59-fa0fece9

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。