Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランで歯医者に行こう

朝早めに出発しようということで7:00起床。

イランの観光名所は大体8:00にオープンします。ちなみに銀行は7:30、早い・・・

ホテルで朝食をいただき、予定通り8:00に出発するはずだった。。。

しかしですよっ、ダリオがやらかしてくれました(涙)

朝食のナンを食べているときに、歯のクラウンがポロリと落ちてしまったのです!!!!

ガーーーーン。

しかもですよっ、ダリオは大切な銀歯をバスルームで丁寧に洗ったのはいいのですが、なんとペルシア絨毯の上に落っことし、模様と一体化した銀歯を見つけるため、2人で這いつくばって捜したですがな!!!


先の長い旅、そのままにしておくわけにはいかないので、ホテルのレセプションに相談すると、なんと親切にも近所の歯科医に連れて行ってくれるということ。
ホテルの方は、親切に診察にも付き添ってくれ、先生との通訳をしてくださいました。
P4267471.jpg


診察によると、とれたのは銀歯ではなく単なる詰め物だから、このまま放っておいても大丈夫とのこと。
でも、先の長い旅、このままにしておくのは不安なので治療してもらうことにしました。

しかしですよ・・・治療開始したのはいいのですが、なんと先生は自宅に『外人が来た!!!』と連絡をいれたらしく、先生の奥様とお姉さんが一眼レフカメラを手にワイワイやってきました(笑)

治療中のダリオをバシバシ撮影し、治療後は大撮影大会。
P4267461.jpg


それにしてもイランの歯科技術の高いこと。

設備の整った治療室、器具は日本製、アメリカ製のレジンで綺麗に治療をしてくださいました。

すぐ横から治療を見学していたのですが、手際よく腕もよいです。

費用は600,000 IRRでした。


すっかり昼時になってしまった・・・今日のランチはケバブ屋さんに決定。
P4267483.jpg



これはキャバーベ・クービーデ。長さ30センチ程度、大きすぎ。
肉もジューシー、焼きトマトがこれまたウマーです。
一人前で40000 IRR。壁にも値段が書いてあったので、ボラれていないのですが、イラン人って日本のサラリーマンの昼弁より高いランチを食べているんだね。。。
P4267481.jpg




お腹一杯になったところで、マスジェデ・エマーム Masjed-e Emamの見学。入場料5000 IRR/名。
P4267513.jpg


エイヴァーン
P4267488.jpg


これはエイヴァーンの下の扉ですが、良く見るとなぜか左右非対称になっています。
左側の柱には壷が掘られていますが、右側にはありません。
P4267580.jpg


入り口付近の、別の部分もやっぱり左右非対称。
これは左
P4267581.jpg

こちらは右
壷の形をした上部に彫が入っています。
P4267579.jpg


何故左右非対称にしているのか、これには哲学があるそうです。
「この世で完璧なのは、唯一アッラーだけ。」
なかなか面白い考えです。
逆に言えば、このマスジットの美しさは完璧である、ということなのでしょう。


ドームの真ん中。この真下で音を出すと、、、
P4267533.jpg



建物のあちこちにこだまします。子供達実験中。
P4267532.jpg



神学校の中庭からマスジットを眺めると、人が祈っている姿に見えるそうです。
ドームが頭、メナーレが二本の腕。
P4267525.jpg



メナーレの先端には鉄製の手のひらが。
五本の指は、それぞれ預言者ムハンマド、エマーム・アリー、ファーテメ、ハサン、ホセインをあらわしているそうです。
P4267572.jpg


聖職者で黒いターバンを巻いている人がいたら、それはムハンマドの子孫ということ。
セイイェドと呼ばれるムハンマドの子孫達は、民衆から絶対的な信頼を得ているとのことです。


このあとは、街の南側にあるジョルファー地区にでかけました。
17世紀初頭、アッバース1世がアルメニア人の優れた職人や商人を呼び寄せ、この地域に居住させたのが始まり。
ここまでの移動手段はエイバーン広場まで乗り合いバス1000 IRR/名。エイバーン広場から市バス500 IRR/名


この辺りでは一番有名なアルメニア教会、ヴァーンク教会 Kalisa-e Vank。
残念ながら教会内部と博物館内部は撮影禁止。
博物館には、レンブラントのデッサン、0.7グラムの聖書、アルメニア人の伝統衣装などが展示されています。
P4267613.jpg



ここでも10数人のイラン人に取り囲まれ撮影大会。
彼らにとっては1回だけの撮影だけど、こっちは毎度なので結構疲れる。
どこに行ってもそうなるので、ほっといて、と思うこともしばしば。
(別にスターじゃ無いけど)スターって大変なんだなー、とちょっぴり彼らの気持ちがわかった。



帰りは歩いていこう!!ザーヤンデ川のほとりにある公園を歩く。
緑がまぶしくて気持ちいい。


左:ホメイニ、右:ハメネイ
P4267631.jpg


イラン人の憩いの場。
P4267625.jpg



スィー・オ・セ橋まで来た。昨日は川の南側から見たけど、こちらは川の北側



夕日。
P4267632.jpg



美味しそうな食堂発見。揚げ玉葱とヨーグルトの入ったシチュー、それにナン。付け合せはバジルの葉と生玉葱。
玉葱をカリカリかじりながら食べると、よりウマーー。
2人分、コーラ1本で合計20000 IRR.
P4267641.jpg


今日の観光これにて終了。今日はいろいろなことがありました。ぐっすり眠れそうです。
スポンサーサイト

« エスファハーン2|Top|エスファハーン »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/45-da09b305

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。