Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤズドからエスファハーンへ

今日はヤズドからエスファハーンに移動する日。

タクシーをつかまえてバスターミナルへとむかいます。


どうも私たちがチケットを購入したYazd ADLという会社のバスは、集客が悪かったらしく9:00の便はキャンセルに・・・私たちは他のバス会社の8:00の便に振り替えになりました。(もちろん追加料金なし)
イランの長距離バスは超快適、軽食付です。運賃は60000 IRR/名。
P4247049.jpg
  
P4247041.jpg


バスの中でお菓子を食べたり、景色を見たり、うとうとしてみたり。
13:25にエスファハーンの北バスターミナルに到着。
ここから市バスに乗ってエマーム・ホセイン広場までたどり着きました。運賃500 IRR/名、安い。。。

3件ホテルを見て周り、見所の多い場所に近いIran Hotelに決定。
エアコン、テレビ、ホットシャワー、トイレ、朝食付で1泊340000 IRR/室(396900 IRRからディスカウント後)
高いかな、と思いましたが、どこかから飛んでくるWifiをキャッチできてラッキー。快適。
P4247053.jpg
  




バザールを歩く。


ドームの天井細工もいい味だしてる。
P4247078.jpg


中庭
P4247074.jpg



イランはまだまだ多くの職人さんが活躍する国。
バザールを歩いているとあちこちから聞こえるトンカチの音が心地よい。
P4247086.jpg


これが『エスファハーンは世界の半分』といわしめたエマーム広場 Md. Emamです。
またの名を、ナグシェ・ジャハーン広場、Meydan-e Naghsh-e Jahan、『全世界の図』という意味です。
イスラム革命前は王の広場 Meydan-e Shahと呼ばれていました。
サファヴィー朝ペルシアの第五代シャー、アッバース1世は、政治・経済・信仰の全てが集約された最高の広場を作ろうと計画しました。着手は1598年、完成までには何十年もかかったそうです。
回廊で囲まれた中庭では、かつで外国施設との会見や軍隊の観閲式や凱旋儀式、ポロ競技などが行われ、毎週露天が立ったそうです。池をはさんで南北にはポロ競技のゴールの石柱が残っており、当時の繁栄がしのばれます。
写真ではその大きさが伝えきれないのですが、とにかく巨大な広場です。
P4257379.jpg


P4267607.jpg


ベンチに座って、夜のエマーム広場を眺める。
隣に座っていた生物教師のイラン人男性とお話をしました。
革命前はイランはとてもオープンな国で、たくさんの観光客が来てくれたけど、今はあまり来てくれなくなったと悲しそうに言っていました。
P4247120.jpg



こちらマスジェデ・エマーム Masjed-e- Emam、明日入場する予定です。
P4247132.jpg
スポンサーサイト

« エスファハーン|Top|ヤズド2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/43-3b833261

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。