Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラーズ3


朝ご飯。
今日はイラン人がよく注文しているバンダリというサンドウィッチを食べてみました。
魚肉ソーセージと玉ねぎのトマト煮込み、それとトマトのスライスとハーブがたっぷりはさんであります。
バンダリ2本、ペプシ2本、合計28000 IRRでした。
P4206535.jpg


やさしいおいちゃんが作ってくれました。
P4206534.jpg
  


暑いのでアイス屋。
P4206546.jpg

イランのアイスもトルコのアイスみたいに伸びる伸びる。
P4206661.jpg


これはニンジンジュースの中にアイスを入れたもの。
イラン人はニンジンジュースが好きのようです。
P4206549.jpg



アイスを食べた後は、乗り合いタクシーに乗ってエラム庭園 Bagh-e Eramに行きました。
タクシー代は2人で20000 IRR、15分ほどで到着しました。
エラム庭園の入場料は、イラン人は7000 IRR、外国人は40000 IRR。
差がありすぎ。。。確かにロンプラにも40000 IRRと書いてあるけども。
しかしインドですっかり逞しくなったダリオが値切り交渉を開始。
『イラン人も外国人も同じ人間じゃないか~』とか『外国人料金の設定は2年前にイラン政府が禁止したはずだ!!(これは本当)』とか駄々をこねると、なんとイラン人料金で入れてくれました!!!
後で調べたところによると、外国人料金は確かに廃止されたけど、それは国営の施設だけで、エラム庭園は私営なんだそうです。そうか、だから外人料金設定がまだあったんだなぁ。
しかし、なんでも言ってみるもんだ。

そして入場すると、そこには美しい庭園が。
P4206552.jpg


エラム庭園はガージャール朝時代に、モハンマド・ゴリー・ハーンによって造られました。
エラムとはペルシア語で楽園を意味します。
数々のシーラズの庭園の中で、最も華やかは庭園といわれています。
これは、19世紀に立てられたガージャール時代の代表的傑作、エラム宮殿 Kakh-e Eram。
P4206556_20100512042332.jpg



美しい池。
P4206583.jpg



よく手入れが行き届いた花々。
P4206572.jpg



糸杉並木。
P4206602.jpg



薔薇園。
P4206590.jpg



2時間半も庭園でのんびりした後は、バスに乗って中心街に戻ります。
73番バスのドライバーにショハダー広場まで行くかと尋ねたたところ、73番は行かないけれども、途中のバス停まで乗せていってあげるから、そこから148番バスに乗りなさいとのこと。
そしてバスをただ乗り。。。
しかし148番バスの混雑ぷりに恐れをなし、結局バス停から乗り合いタクシーに乗ってショハダー広場まで戻ってきました。
タクシー代は2人で10000 IRR.



次の目的地を目指しトコトコ歩く。これはバザール。
P4206649.jpg

P4206617.jpg




たどり着いたはマスジェデ・ジャーメ Masjed-e Jame.
ここはシーラーズで最も古いモスクです。
最初に建築された894年のものは地震などで倒壊し、現存するのは再建されたもの。
P4206629.jpg


中を抜けると
P4206647.jpg


これは、『神の家』。マッカのカーバ神殿に似せて造られました。
P4206635.jpg



そして今日もあのお店へ。
P4206614.jpg



ホルモン煮込み!!!今日は串焼きも注文。
P4206651.jpg
  

P4206654.jpg



シーラーズは今日でお別れ。

明日の朝、バスでヤズドにむかいます。

見るものがたくさんあり、5泊もしてしまいました。

色とりどりの花々とその薫り、青空、鳥の鳴き声、夜のモスク、これがシーラーズの印象。
スポンサーサイト

« ヤズドへ|Top|シラーズ2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/40-4309b3ab

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。