Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルートについて1

旅のルートは、西回りということが決まっているだけで、他には何も制約がありません。

アレ??
単純にいうと、行き当たりばったり?


旅行者に良く利用されているチケットでは、世界一周航空券が有名です。
このチケットは、航空会社のアライアンスが発行しているもので、いくつかのルールはあるものの、お得な値段で複数の地域を訪問できるチケットです。日本のエアラインが参加しているのは、One WorldとStar Allianceで、Yクラスなら30万円。C、Fクラスでもそれぞれ60万、90万円程度で販売されています。

決まったチケットがあると入出国に際して色々聞かれることもなくスムーズだし、移動もひとっ飛びするだけでとても楽なのだけれど、バックパッカーの経験がなく、それぞれの場所にどれだけ時間がかかるか自分達のペースも判らない僕たちは、チケットのことを気にするよりは、そのつど手配する方が向いていそうだったので、今回は世界一周航空券は使わずに出かけました。


移動は主にバスや鉄道などの陸路と、LCCを利用しています。
日本の保護された環境ではイメージしにくいことですが、諸外国では、LCC(Low Cost Carrier)と総称される新興のエアラインによって、バスに乗るような値段で飛行機が運航されています。

LCCは、その名の示す低価格実現のために、コスト削減が徹底されていて、飲み物や毛布などの機内サービスはすべて有料で、離着陸料の安い空港(たいていが辺鄙な場所にある)を利用していたり、重い荷物は別途手数料が必要だったり、空席状況によって価格が変動するなど、使うにはコツが要りますが、決して安かろう悪かろうと言うわけではなく、僕たちには必要十分に感じられました。

最も気になる安全性についてですが、下手な国のフラッグキャリアよりも新しい機体が使われており、さらに同一の機体導入することで、整備士の熟練が進み、整備にかかる時間とコストの圧縮の両立もはかれているようです。
ノウハウについても、フラッグキャリアが子会社としてLCCを運行しているケースもあり、この点でもなんら劣る訳では有りません。

ただし、全てのLCCが素晴らしいかと言うと残念ながらそうではなく、とんでもなくディレイした挙句に、結局飛ばなかったり、それだけならまだしも、墜落事故を起こすなどといったお粗末なエアラインもあり、利用者側が選別する必要があると思います。

現在までで利用したLCCは、日本でも関空に乗り入れてしているAir Asia、SharjaをハブにするAir Arabiaです。
これらのネットワークをみると、つくづく日本は21世紀に入っても極東の島国だと感じざるを得ません。
羽田だ、成田だ。伊丹だ、いや関空だなどと言っている場合ではなく、目を向けるべき相手は、お隣韓国の仁川空港だし、マレーシアKLIAだと思います。
せっかくの素晴らしい文化を持っていても、現状では外国人にとっては旅をしやすい環境とは言えず、
世界に向けて環境を整備しないと、発展するアジアの枠の外にさえ、日本は置いていかれてしまうように感じました。


つづく
スポンサーサイト

« ルートについて2 国境とビザ|Top|予防接種 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/4-93b440c5

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。