Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラーズ2

シーラーズ4日目、まだまだ見てみたいものもあるけれども次の移動も考えなきゃね~、そんな一日。

長距離バスの発着するテルミナーレ・カーラーンディーシュという大きなバスターミナルに行き、バスチケットを手配することにしました。

まずは市バスNO2に乗るべくバス停のベンチで待機。

すると隣の女の子が『何処に行くの?』と話しかけてきました。

行き先を告げると、私たちの目指すカーラーンディーシュは、コルベというところで一旦降車し、そこから乗り合いタクシーで行かなければならないということです。

知らなかったヨ~、初耳。ちなみにシーラーズ中心部からコルベまでのバス代は75 IRR /名。

イランのバスは男女別席。バスの前部分が男性席、後部が女性席となっているので、私は夫と別れて、彼女と一緒にバスに乗車、いろいろと話しながら楽しいバスの旅でした。

彼女によると、イランのインフレは酷いということです。

年々21%の割合で上昇し、例えば彼女は去年は購入できたジーンズは今年は高すぎて買えない、と言っていました。

とにかく今の政府は不人気、国民は不満だらけだそうです。

ヘジャーブやマントー、チャドルの着用義務なんて最悪だと愚痴っていました。

イランは人もいいし、美しい国だけど、こんな体制ならば将来外国に行きたいと言っていました。

すると、バスの後ろのほうで中年のイラン人女性達が大声で話し始めました。

何を言っているのか彼女に聞くと、彼女らもインフレ、そして政府に対する不満を言っているとのことです。

イランはいろいろ国民の不満の多い国のようです。そりゃそうだよね・・・

次の選挙はいったいいつなんだろう。

そしてコルベに到着、彼女とはお別れ。

ここからは乗り合いタクシーに乗ります。運賃1000 IRR/名。


そして到着したのが、ここテルミナーレ・カーラーンディーシュ。立派なバスターミナルだねぇ。
4月21日、8:00AM発 Yazd行きのバスチケットを買いました。
バス会社はJahan Mehr、運賃650 IRR/名。Yazdまでの所要時間は5-7時間です。
P4196456.jpg


帰りは乗り合いタクシーで街の中心部ショハダー広場まで一気に帰ってきました。運賃は5000 IRR/名。
そしてZand通りをテクテクと歩きます。



やってきたのはキャリーム・ハーン城砦 Arg-e Karim Khan。
ザンド朝の創始者キャリーム・ハーンの居城として使われていた城砦。
目の前に迫ってくる迫力があります。
P4196474.jpg


一時期はプリズンとしても使われていたとか
P4196479.jpg




こちら城砦の前で話しかけてきたイラン人。
やぁ、どっからきたの~?イランはどう、イランはすきかい?
気をつけて楽しんでね~、と爽やかな青年でした。
P4196482.jpg


入場料5000 IRR/名。
木製の扉を出ると、、、、
P4196492.jpg

花が咲き乱れ、甘い香りでいっぱいです。
木の下でイラン人カップルがいちゃついておりました。春だの~。



窓の精巧な細工。
P4196502.jpg



宝石のような光。
P4196505.jpg



キャリーム・ハーンの接見の再現。
P4196510.jpg



小学生がたくさん見学に来ていました。ダリオは小学生に囲まれて大変なことになっていました。
子供は外人が好きだね。たくさん質問してきます。
P4196513.jpg



城砦から出て歩いていると、チェンミンとシーフンにばったり!!
一緒にアイスクリームを食べました。二人は今晩の夜行バスでエスファファーンに移動するそうです。
寂しくなるね、でもまた会える気がする。
P4196514.jpg



ブラブラと街を散歩、かわいい女の子。
P4196515.jpg



マントー屋さん。
P4196516.jpg



お菓子屋さんに入る。どれも美味しそうだなぁぁ。
焼き菓子を8つ買って5000 IRRでした。
P4196518.jpg



一昨日見たシャー・チェラーグ廟に再びやってきた。昼間より一段と美しい。
P4196519.jpg


ここではカーペットの上で休憩したり読書をしたりノンビリ出来るのです。私たちのお気に入りの場所。

中庭に入ると、、、

群青色の夜空に上弦の月、色とりどりのライトで虹色に浮き上がるモスク、それにダイヤモンドのようなシャンデリア。

空を見上げると真っ白な鳩が円を描いて羽ばたいています。

真っ赤なペルシア絨毯の上では、大勢の人々がメッカの方向に祈りを捧げています。

息を呑むような美しい風景にしばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。

カメラを預けなければならないので、写真はありません。

でも、写真を撮れたとしても、この空間に立った時の景色はやっぱり伝えきれない。

イランに興味のある方は、ぜひ、自分の目でこの場所の美しさを確かめてみてください。



なんだか肌寒いのでホテルに帰ろう!!!
っと、とても美味しそうなものを見つけました。
P4196528.jpg


ホルモンの煮込み。ラヴァーシュという薄いナーンのようなものと一緒にいただきます。
やっぱこういう庶民の食事は美味しい!しかも安い!!!
ワンプレート、コーラ2本で合計10000 IRR。
P4196525.jpg
スポンサーサイト

« シラーズ3|Top|イラン入国 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/39-b77f0ddd

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。