Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク - 2009年のアジア周遊

過去の旅行、2009年5月のお話。

2ヵ国目のタイ、バンコク到着。

全てにおいてアバウトなところがタイの魅力。

しかし適当そうに見えて実のところタイはなかなか外交上手。東南アジアでは唯一欧米列強の植民地支配を逃れ独立を維持できた国です。

東と北に仏領インドシナ、西は英領マラッカ、ビルマに挟まれたタイ王国は、バランスのいい外交で、両支配国の緩衝地帯として生き抜いてきました。

第ニ次世界大戦の時は枢軸国側につき、英米に宣戦布告までしていたのですが、日本側の旗色が悪くなると見るや、国王の署名がなかった宣戦布告だったために無効だという理由付けで敗戦国側から足抜けしたのです。

枢軸国側に付かなければ、当時の情勢から考えて日本に占領されてい、た可能性が高く、タイとしても選択の余地が無かったのだとは思いますが、それにしてもなかなか鮮やかな転進ぶりです。


さて、そんなタイですが2010年の5月現在、バンコクはデモで大変な様相です。

私たちの訪問(2008年)の少し前も、タクシン派の大規模デモがあったため、少々心配していたが、実際はノンビリとしたものでしたが、今回のデモは死傷者も出ているので、深刻ですね。


 『PHRANAKORN NORNLEN HOTEL』 個性的でとてもかわいいホテル。
香港系のオーナーが『三丁目の夕日』に触発されて作ったホテル。
いつもホテル探しのときに検索するtrip advisorという旅行サイトでナンバーワンの人気を誇るホテル。
P4290484.jpg
     


『PHRANAKORN NORNLEN HOTEL』  家具が廃材で出来ている。
冷蔵庫もないけど、近所に屋台がたくさんあるから外で飲食すれば問題なし。テレビもありません。
P4290465.jpg
     


『PHRANAKORN NORNLEN HOTEL』
それぞれの部屋にはテーマの違う壁絵が描かれている。朝ご飯がとても美味しいホテルです。
早朝便でバンコクを発つ私たちに、朝ご飯ボックス+フレッシュフルーツジュースを用意してくれた!
『空港に行く車で食べて』ですって、嬉しい。
P4290478.jpg



バンコク屋台 超B級なお味なんだけど、インスタントラーメンのバジル炒め(?)が美味。
黄色Tシャツのタイ人のお兄さんが、屋台のオバチャンと私たちの通訳をしてくれた。
これがバジル入りインスタントラーメン炒め
P4290491.jpg



船に乗る。ペラペラの切符。車(船)掌さんは、どんなに混雑している状態でも新しく乗ってきた人を把握していて、手に切符とお釣りの入った細長い缶をチャカチャカ鳴らしながら、切符を切りにきます。
P4290506.jpg




ここのガイヤーンはびっくりするほど美味しい。LAAB LANGSUNというお店。
左がソムタムタイ、右がガイヤーン、奥がラープーム。
ここでイサーン地方の料理の美味しさに(でもとっても辛い料理が多い)目覚めた私たち。
今回の旅では毎日イサーン料理が食べられたので、ホクホクでした。
蒸し暑いタイで、とびっきり辛い料理の数々、ビールがこれまたたまらなくウマイんですよね。
蒸したもち米とお相性もGoodです。
P4300538.jpg



ハニコは7年ぶりのタイでした。

排気ガス、すぐふっかけてくるトゥクトゥクの運転手(けど値切るとすぐに安くする。そして、すぐお土産屋に連れて行こうとする)、うだるような暑さ、バンコクは何一つ変わっていなかった。。。


お金持ちそうな地元人は大抵中華系だった。タクシンも中華系だもんね。
スポンサーサイト

« ホーチミン-2009年のアジア周遊|Top|カッパドキア(ギョレメ) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/26-4477492d

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。