Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア-2009年のアジア周遊

今回の旅とは別に、2009年5月にアジア数箇所を旅行したときの写真。

1ヵ国目、カンボジアのシェムリアップに到着。

最初の2日は現地の業者にガイドと乗り物チャーター(1日目はトゥクトゥク、2日目は車)を依頼しました。

残りの2日は自由に気ままなブラブラ。


タ・プローム。映画『トゥーム・レイダー』のロケ地。
ここにいくまでの道を歩いているとシジミの殻がたくさん落ちている。
カンボジアの人たちはシジミが好物で、外で食べて殻を捨てて行くんだって。
P4260255.jpg



木の生命力に驚く。
P4260262_20100504160412.jpg


P4260260_20100504160412.jpg



ベンメリア。アニメ『天空のラピュタ』の世界。 シェムリアップ市街から車で一時間くらい。
P4270358.jpg
   


ベンメリア。発見された当時の様子のまま保存してあるんだって。
瓦礫の山にときめく。
P4270356.jpg



日本人の男の子が『すごいぞ、ラピュタは本当にあったんだ!』と等とのたまっていましたが、瓦礫の道をアスレチックのように上り下りしていると、遺跡の発見者のような気分になれます。
P4270363.jpg



バンテアイ・スレイ。『東洋のモナリザ』という女神像が有名。
P4270339.jpg
a>     



バンテアイ・スレイの彫刻、ローズ色。
P4270338.jpg



バンテアイ・スレイの庭。
P4270350.jpg
     


アンコール・ワット。灼熱の中、はるかむこうに筍のようなワットが。
P4260280.jpg
    


プサー・トム・マーケット。地元民御用達の市場。
誰一人として売り込みをしてこないので、ゆっくり落ち着いて買い物できます。
大量の黒胡椒粒、魚醤、果物を買いました。
昼過ぎになると、お店の人たちはハンモックでお昼寝をはじめます。
何か買いたいときは、まずお店の人を起こさねばなりません。
P4260295.jpg



プサートムマーケットで買ったライチとランブーラン。マンゴーはオマケにつけてくれた。
P4270318.jpg



ヌーンナイトマーケット。
瑛太似のバーテンさんがおいしいフレッシュフルーツのカクテルをつくってくれます。
連夜、夫婦で通いました。
P4270415.jpg




カンボジア人は素直なとてもいい顔をしている。

現地人率100%の食堂に入ると、隣に座った他のお客さんが一所懸命世話をやいてくる。

そして、一言二言カンボジア語で挨拶したり、支払いの数字を聞き取れたりすると、皆して大喜びしてくれる。

町並みはインフラが整備されていない。

少しでも雨がふると、道路は池のような水溜りになるし、小さな子供は雨どいから流れる水で体を洗っていた。

あちらこちらで下水道を掘っていたが、重機はなく大勢の人がスコップで作業していた。

道路はほとんど未舗装。でも、皆ニコニコととても幸せそうだった。

家電に関しては、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンを一気に飛び越して、携帯電話に到達してしまった感じ。皆、携帯電話を持っている。

テレビは、今でも村に一台、しかも車のエンジンで発電させているという話だった。

そして、カンボジアは子供がよく働いている。学校はどうしているのかと思ったら、二部制になっていて、午前の部と午後の部があるらしい。

半日は勉強、あと半日は家族のために働くんですって。

子供が将来なりたい職業のナンバーワンは医者と先生。

医療費は子供は全て無料、大人は高額なのでなかなか医者に行かず市販の薬でどうにかするそうだ。

どうも薬屋が混んでいると思った。

ポルポト時代の負の遺産は、郊外に出るとあちこちに立てられている『地雷注意』の看板からヒシヒシと感じられる。

手足のない物乞いも多い。

カンボジアには日本政府や日系民間企業の支援で建てた学校や、修復した遺跡がたくさんあって、また、地雷撤去に使われる機械や、義足の支援など日本の貢献は大きいそうです。

日本も戦後は他国の支援をえて再建したのだから、支援なんてものは順番なのだと思う。
(ダリオによれば、世界は当時冷戦で、日本を西側世界の防波堤にしたい占領国アメリカの思惑と、朝鮮戦争、ベトナム戦争による軍事特需が日本復興の直接の要因とのことだけど。)

それでも、日本人としてとても嬉しく、誇らしくなりました。
スポンサーサイト

« ワン|Top|病院へいこう! »

コメント

ご無沙汰ー

人間万事塞翁が暴れ馬。元気そうで、楽しそうで何より。ずいぶん哲学者になったねえ。嫁の影響やな。

「トゥクトゥク」を日本で乗り回したらオシャレだ。ベスパやカブ、ハーレーだって、やっつけられる。そう思って、調べてみたら、あるんですねえ日本の代理店。早速カタログ取り寄せてみれば、驚きの140万円!(税・送別)。 こんな高級車をタクシーに使うとは、なんと贅沢な国、贅沢な君たち!

また次の更新を楽しみにしているよ。安全第一で旅してね。

Re: ご無沙汰ー

囃子。さん

コメントありがとうございます!
「そのとおり!野人から進化できたのは私のお蔭。」と、ハニコは鼻の穴をフンフン拡げております。
火を使うことを覚えて(料理)、土器を作ることも出来るようになりました(陶芸)。
縄文人くらいには進化できたでしょうか?
これも嫁の躾けのお蔭です。

トゥクトゥク日本で買えるんですか!
二輪免許でOKなんですかね~?
一応屋根もあり、小型で小回りも利くし、町乗りにはちょうどいい大きさだと思います。
日本のタクシーあれにしたらどうでしょうか。渋滞でもスルスル抜けられそう。
でもあの車体をみたら、値切らずにはいられない僕はインド病でしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/25-6212c0a7

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。