Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルッカとピサ

フィレンツェから少し遠出をして、ルッカとピサを訪れたときのお話です。


まずはフィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅の東側からバスに乗り、ルッカへ向かいます。
バス会社はLazzi社、運賃は5.2ユーロ/名。1時間15分でルッカに到着しました。
PA180744.jpg PA180747.jpg


ルッカ  Lucca)は、人口82,245人のイタリア共和国トスカーナ州ルッカ県のコムーネの一つで、ルッカ県の県都,
19世紀の作曲家ジャコモ・プッチーニの生誕地として有名です。

ルッカは元々はエトルリア人が築いた街でしたが、古代ローマによるイタリア統一により、ルッカも紀元前180年頃にローマ人が住民の多数を占めるまでになったそうです。

西ローマ帝国を消滅させて、初のイタリア王となったオドアケルの略奪を受け、553年にはナルセス率いる東ローマ帝国軍に包囲される等、ルッカは都市及び要塞として重要な役割を担いました。

11世紀にはコンスタンティノポリスと並ぶ絹の交易地として繁栄を謳歌し、14世紀はカストルッチョ・カストラカーニが支配し、カストラカーニが死去するまでフィレンツェ共和国と並ぶ勢力を誇りました。

15世紀からは周辺の有力諸侯の支配を受けた時期もありましたが、フィレンツェやジェノヴァと共に独立を維持します。

19世紀、ナポレオン・ボナパルトの時代には、その妹エリザ・ボナパルトがルッカ一帯を支配する「ルッカ=ピオンビーノ大公妃」となり、1809年にはトスカーナ大公国の女大公となりました。
ナポレオン没落後にエリザはその地位を失い、1815年のウィーン会議でルッカ公国となったが、1847年にトスカーナ大公国に再編されます。

そして、イタリア統一運動における住民投票で1861年に成立したイタリア王国に組込まれ現在に至ります。



街をブラブラお散歩です。
サン・ミケーレ・イン・フォロ教会 San Michele in Foro
ローマ時代のフォロ(公共広場)の跡に作られたサン・ミケーレ広場にあるロマネスク様式の教会です。
PA180749.jpg


ここで見れるのは、フィリッピーノ・リッピ Filippino Lippiの「四聖人」。
鮮やかな色彩で美しい絵画でした。
四聖人


ドゥオーモ、サン・マルティーノ教会 Duomo、San Martino
11世紀から13世紀にかけて建てられたピサ・ルッカ様式のドゥオーモです。
聖堂内では、ティントレット Tintoletの大作『最後の晩餐』を見ることができます。
PA180750.jpg


また、別料金で入場できる聖具室 Sacricityには、ヤーコボ・デッラ・クエルチャ作の『イラリア・デル・カレットの墓碑』があります。
これは、ルッカの君主パオロ・グイニージの早逝した妻イラリア・デル・カレッットの横たわる姿を彫った大理石の彫刻。とてもしなやかさで美しい墓碑です。 (この写真はWikipediaより拝借)
ルッカ彫刻



サン・ジョヴァンニ・エ・サンタ・レパラータ教会、洗礼堂
CHIESA DI SS.GIOVANNI E REPARATA, BATTISTERO
ここはローマ遺跡を見ることができて、意外にも面白かったです。
PA180751.jpg


これは14世紀の洗礼盤。この下にはローマ遺跡が残っており、地下に降りてグルリと見て回ることができます。
PA180754.jpg


紀元前1世紀のローマ時代の住居の床モザイク、1世紀の浴場の跡、初期キリスト教時代の遺構、ロンゴバルド時代の埋葬地跡、中世初期の洗礼堂の跡、カロリング朝時代のクリプタ跡、等々を見ることが出来ます。
とても空いていて、じっくりゆっくりと眺めることができました。
PA180760.jpg PA180761.jpg


街をぶらぶらお散歩。ノンビリと落ち着いた小さな街で、とても気に入りました。
PA180769.jpg


アンフィテアトロ広場 Piazza Anfiteatro
楕円形の広場をグルリと住居やカフェが取り囲んでいます。
ローマ時代に円形闘技場として使われていましたが、中世に広場に転用されたそうです。
PA180773.jpg


広場を囲む建物を眺めていると、こんな風に競技場時代の石がそのまま残っている箇所があります。面白い!
PA180774.jpg


静かで美しい裏通り。にょっきりと塔が見えます。
PA180791.jpg


サン・フレディアーノ教会 Chiesa di San Frediano
とても華やかなモザイクが施されています。
PA180801.jpg


街の端までやってくると、街が城壁でグルリと囲まれていることが分かります。
PA180804.jpg


今は遊歩道となっていて、住民の憩いの場となっています。
PA180805.jpg


秋だねぇ。
PA180810.jpg


さて、意外にも見所が多いルッカで時間をとってしまい、すっかり夕方になってしまいましたが、バスに乗りピサに行くことにしました。

ピサ Pisaはトスカーナ州ピサ県の県都で、ティレニア海に面した港湾都市。『ピサの斜塔』と科学者ガリレオ・ガリレイの生誕地として有名です。

ピサの街はアルノ川両岸に栄え、ベネチア、ジェノバ、アマルフィと並び地中海商業圏で権勢を誇る4大海運国家のひとつとして、11世紀に頂点をむかえます。

13世紀ころから、ルッカやフィレンツェとの衝突もありましたが、1509年にはメディチ家によって征服されてしまったそうです。



ピサといえば斜塔。
これ以外には特に見るべきものはないため、『斜塔のピサ』とも呼ばれます。
ドゥオモの後ろで、チョッコリと傾いているのが『ピサの斜塔』
PA180816.jpg


ピサの斜塔 Torre di Pisa
高さは地上55m、階段は297段、重量は14,453t、地盤にかかる平均応力は50.7tf/m2と見積もられています。
地盤の土質が非常に不均質であることが傾斜の原因だそうです。
一時傾斜の増大と倒壊の危惧は回収工事により、当分問題ないと判断されており、現在の傾斜角は約5.5度で、傾斜の進行は止まっています。本当かね?
PA180825.jpg


さて、斜塔も見たしフィレンツェに帰ろう!!ピサからフィレンツェは電車で移動しました。
PA180840.jpg


オマケの写真。
ルッカでは、小さな肉屋でまたもやチンタ豚を発見してしまったので、ご購入。
これを思い切って、トンカツにしてみました。パン粉は固くなったパンをおろして作りました。
揚げ油がちょっと少ないかなぁと思ったのですが、おっ!偶然にも完璧な揚げ具合!チンタ豚は綺麗なローズ色へ変身。
完全に肉汁を閉じ込めた肉は、ジューシーで甘く、ホッペが落ちそうな美味しさでした。
PA200990.jpg PA200994.jpg


別の日に、同じくルッカで買ったチンタ豚をローズマリーとニンニクを添えて焼きました。
塩はマルタで買ったゴゾ島の海塩。甘みがあって美味しい塩なんですよ。
レストランでは高級食材ですが、肉屋で買うと14-15ユーロ/㌔くらい。
やっぱり木の実の風味がして、脂身がとても甘いのです。
PA190899.jpg PA190900.jpg


では。
スポンサーサイト

« フィエーゾレ|Top|サンタクローチェ教会 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/221-b419a9b5

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。