Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディチ家礼拝堂とサン・ロレンツォ聖堂

メディチ家礼拝堂とサン・ロレンツォ聖堂を訪れたときのお話です。

どちらも1つの建物内にあるのですが、出入口も入場料も別々となります。

特にメディチ家礼拝堂はミケランジェロの素晴らしい作品が見られるとあって、いつ訪れようかと楽しみにしていた場所です。


まずは腹ごしらえ、今朝サンタンブロージョ市場で買った花を眺めながら朝ご飯。
PA221194.jpg


野菜スープをパン粥にしました(いんちきリッボリータ風)。新鮮葡萄も美味しい!
PA221183.jpg PA221190.jpg


芸術を堪能する前に、ちょっと中央市場へ行って食材の偵察。
2階にあった野菜売り場は外に出てしまって、内部は観光客用の小ぶりのパッケージを扱う店をたくさん見かけます。
以前にもましてツーリスティックになっていて、随分様子が変わっていました。
いつも行っているサンタンブロージョ市場のほうが、外国人ではなく、地域の人々が主となって利用している分、より市場らしくて私たちはこっちのほうが好みかな・・・。
でも中央市場の前にあった屋台のパニーニ(具はもつ煮込み)は、とても美味しかったですヨ。
PA221198.jpg PA221199.jpg


さて、『メディチ家礼拝堂Cappelle medicee(新聖具室と君主の礼拝堂)』にやって来ました。
入場料は10ユーロ/名。
入ってすぐ1階には、メディチ家が礼拝の際に使用していた聖具や調度品が展示されています。
階段を登ると、大理石でコテコテに装飾された『君主の礼拝堂Cappella dei Principi』(下の写真)
1君主の礼拝堂 principi.jpg



君主の礼拝堂を通り過ぎ、奥へと進むとそこは『新聖具室Sagrestia Nuova』
1520年に、ロレンツォ豪華王の息子、教皇レオ10世(至上最も醜男の教皇と言われる人、免罪符の発行で有名です)の命により、ミケランジェロが内装及び彫刻の作成を開始しました。 この部屋には、4人のメディチ家の人々が埋葬されています。
1-1新聖具室


これは『ウルビーノ公ロレンツォ Lorenzo di Piero de' Mediciの墓碑』
メディチ家三代目当主ピエロの息子で、レオ10世の甥っ子だった方です。
墓碑はミケランジェロ作、左から、『夕暮Crepuscolo』『ロレンツォ本人』『昼Giorno』
2新聖具室


『ヌムール公ジュリアーノ・ディ・メディチGiuliano di Lorenzo de' Medici の墓碑』
ロレンツォ豪華王の三男で、レオ10世の弟だった方です。
墓碑はミケランジェロ作、左から、『夜Notte』、『ジュリアーノ本人』、『曙Aurora』
新聖具室にある彫刻では、『夜Notte』が最も美しいなと思いました。右の『曙Aurora』は未完のままとなっています。
3新聖具室 


この三体の彫像の下には、『ロレンツォ豪華王 Lorenzo il Magnificoとその弟ジュリアーノ・ディ・メディチGiuliano de' Medici(パッツィ家の陰謀で、ドゥオモで殺された人)』が埋葬されています。
ロレンツォ豪華


三対の彫像のうち、真ん中はミケランジェロ作の『聖母子』
4新聖具室


さて、メディチ家礼拝堂を見た後は、サン・ロレンツォ聖堂にやって来ました。
メディチ家がブルネッスキにこの聖堂の建造を委託し、1460年に完成しました。
5サンロレンツォ 


聖堂正面の左奥にある旧聖具室、ここにもメディチ家の方々が埋葬されています。
テーブルの下に、『メディチ家創始者、ジョヴァンニ・ディ・ビッチGiovanni di Bicci de' Medici と妻ピッカルダ・ブエーリPiccarda Bueri』が埋葬されています。
6旧聖具室


左は、旧聖具室にあるヴェロッキオ作の棺、3代目当主ピエロ・ディ・メディチPiero di Cosimo de' Medici(痛風のピエロと呼ばれていた人)と弟のジョヴァンニ・ディ・メディチGiovanni de' Mediciが埋葬されています。
この棺の脚元は、『レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知(ウフィツィ美術館蔵)』の絵画中、聖母マリアの前に置かれたテーブルのモデルになったそうです。
右は、聖堂内にあるドナテッロ作の説教壇。
8ヴェロッキオ 9ドナテッロ


聖堂内の祭壇画、フィリッピーノ・リッピFilippino Lippiによる『受胎告知』
この聖堂では、他にもデジデリオ・ダ・セッティニャーノ作の墓碑、ブロンズィーノのフレスコ画など素晴らしい作品を見ることが出来ます。
7フィリッピーノ


今日も素晴らしい芸術を堪能し大満足。またご飯の時間がやってきました(笑)
冷蔵庫にあるラルドや生ハム、野菜の残りで適当に夕食。
購入したばかりの新オリーブオリルを、ここぞとばかりに使います。
PA221220.jpg PA221221.jpg


左はチンタのラルドやハム。右は、サンタブロージョ市場で買ったヘーゼルナッツの生パスタ。
茹でると驚くほど大きく膨らみます。
切ると中からナッツとリコッタチーズがのぞきます。味は期待通り、美味です!
PA221223.jpg PA221236.jpg


今日も芸術と食欲の一日でした。

スポンサーサイト

« サンタクローチェ教会 |Top|オリーブオイル »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/212-41a71fd7

-

管理人の承認後に表示されます

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。