Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リミニ

2010年10月にリミニという街に滞在したときのお話です。


ボローニャに1泊し、次の日に電車でリミニに移動することにしました。
ボローニャは大きな駅なので、たくさんの人が電車に乗り込みます。
2等席は、自由席なので早いもの勝ち。こんなときはいつもハニコの出番です!
大きな荷物はダリオが背負い、ハニコは席取り合戦に参加、無駄に意気込みイタリア人と張り合います(笑)!
子ネズミのようなフットワークでイタリア人を追い抜かし、立ち乗りの人々が続出する中にあって無事2人分の席をゲット。
列車は11:37出発、運賃は2等席で8.4ユーロ/名でした。
PA080174.jpg


美しい葡萄畑や、農村の眺めを楽しんでいると、あっという間にリミニに到着しました。

リミニ Riminiは、エミリア=ロマーニャ州リミニ県の県都。人口は約14万人。

アドリア海に面していて、マレッキア川とアウサ川の間の海岸近くに位置します。

沿岸海運と漁業を伝統としており、夏季は海水浴客で賑わうリゾート地で、なんとイタリアのマイアミリゾートと呼ばれているそうです。

この街の出身者で最も有名な人物は、映画監督のフェデリコ・フェリーニです。


リミニ自体には見たいものは何もないのですが、私たちが訪れたい街の交通拠点となるので、ここに滞在することにしました。


今日の宿はHotel Kennedy。ネットで予約しました。
テレビ、バス・トイレ、WIFI、朝食付で45ユーロ/ダブル。自転車も無料で貸してくれます。
リゾート地であるリミニは現在オフシーズン、宿泊客はほんの僅か。
PA080176.jpg PA080178.jpg


さて、荷物を部屋に置いたらば、自転車を借りて散策スタートです。
これはティベリウス橋、かつてアリミヌス川と呼ばれていた現在のマッキア川の上に架けられています。
紀元14年、アウグストゥス帝時代に建設が始められ、ティベリウス帝時代の21年に完成しました。
橋はいまも市中心部とボルゴ・サン・ジュリアーノとをつなぎ、エミリア街道、北へ向かうポピリア街道へと広がっています。
PA080180.jpg


これはシズモンド城・マラテスタの城塞。
リミニの領主シジスモンド・パンドルフォ・マラテスタにより、マラテスタ家の居城として1437年に施工、15年後に完成した城塞。
1967年まで牢獄として使用されていましたが、現在は各種イベント会場として利用されています。
PA080183.jpg


シズモンド城・マラテスタの城塞を反対側からパチリ。こちら側のほうが風情がある気がします。
PA080186.jpg


トレ・マルティリ広場 Piazza Tre Martiri。
紀元前268年、アリミヌス川(現在のマレッキア川)河口で、かつてエトルリア人、ウンブリ人、ギリシャ人、ガリア人が代わる代わる暮らしてきた一帯に、共和制ローマがアリミヌム(Ariminum)という植民地をつくったのがリミニの歴史の始まり。そのときに、ローマの元老院がアリミヌムの建設を宣言したのが、ここの広場だったそうです。
PA080190.jpg


アウグストゥスのアーチ。紀元前27年頃建設された、高さ9.92m、幅8.45mの門です。
PA080191.jpg


海岸沿いを走りながらアドリア海を眺め、旧市街を一巡りし、広大な公園を走りぬけ、あっという間に全てを観て回ることができました。

自転車って便利だなぁ、元々リミニも小さい町ではあるんだけどもね。



スポンサーサイト

« ウルビーノ|Top|ボローニャ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/201-b457cdc2

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。