Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイリゲ

ウィーンを発ち、イタリアのボローニャに向かった日のお話。

バスは21時出発、時間はたっぷりあるので、ホテルに荷物を預けてホイリゲに行ってみることにしました。

ホイリゲ heurigeとは葡萄栽培農家が、自家製ワインと簡単な食事を提供する『ワイン酒屋』のこと。

元々は、『今年の』という意味のドイツ語の形容詞『ホイヤー』が変化して、『ホイリゲ』と呼ばれるようになったそうです。

ホイリゲでは、その名の通り当年産の新酒を味わうことができるのです。
ウィーンの郊外にはホイリゲのある村がいくつか点在します。
私たちが訪れたのはノイシュテフト・アム・ヴァルデ Neustift am Walde
ウィーンから35Aのバスに乗り終点で降り、少し引き返すように歩いて行くと、数件のホイリゲがポツポツと並んでいます。

ホイリゲの目印は、軒先に下がるこんな木の枝。
日本の新酒の搾りを知らせる杉玉みたいですね。
PA060006.jpg


一軒目は、バスを降りてすぐ目の前のホリイゲ。門をくぐって、、、
PA060009.jpg


庭を通り過ぎて、、、、ワクワク。
PA060013.jpg


お店に入ると、スーツ姿の地元の男性たちが、お昼からグビグビとワインを立ち飲みしていました!
昼休みに、ちょっとはめを外しに一杯やりにくるのでしょうか、皆よく飲みよくしゃべります。
PA060014.jpg


ワインとストゥルム、料理も注文しました。お肉と野菜のゼラチンよせ、鶏肉のソテー。
ホイリゲの食事メニューは、客の注文を受けてから調理を開始するのではなく、作り置きの料理や惣菜を提供するのがルールだそうです。レストランとの棲み分けの為でしょうか?
PA060023.jpg PA060028.jpg


庭には葡萄がたわわに実っています。秋だねぇ。
PA060029.jpg PA060031.jpg


さぁ、二件目のホイリゲにGO-GO-!!!
と思ったらば、なんだか綺麗な小道を見つけました。
PA060043.jpg


ズンズン登って行くと。。。
PA060045.jpg


一面の葡萄畑!!!
PA060052.jpg


後ろを振り返ると街が一望。葡萄の葉が紅葉して綺麗だなぁ。
PA060053.jpg


葡萄の実って、ズッシリと重いのに、幹はとても細いんだね。ポッキリ折れてしまいそう。
PA060054.jpg


拡大。
PA060057.jpg


今日は霧雨が降っていて、葡萄畑に靄がかかっていました。
PA060060.jpg


美しい景色なのだけれども、寒いのなんの!!!そそくさと下界に退散し、二軒目のホイリゲに入店。
PA060087.jpg PA060088.jpg


内装は薄暗くてムーディーな雰囲気。暖房がきいててヌクヌク、快適です。
PA060089.jpg


このお店も庭がとても綺麗に手入れされており、庭のむこうには広大な葡萄畑が広がります。
夏の夜にこんな場所でワインを飲んだら、気持ちいいのでしょうね。
PA060102.jpg


すっかり冷えきった体を温めるため、ここではホットワインやスープを注文。
PA060094.jpg


1時間ほどくつろいでから、三軒目のホイリゲへ。
PA060101.jpg


ここは、地元のお客さんで混雑しており、店員さんも一言も英語が話せませんでした。
お勘定も、フード分はフードカウンターで、ワイン分はテーブル勘定というホイリゲ独特のお作法。
値段も最安値でしたし、今日の中ではこの店が最も好みでした。
PA060103.jpg


ホイリゲを堪能していたら、いい時間に。
荷物をピックアップし、Eldbergのバスターミナルへ向かいました。
今日の夜行バスのチケットは、Euroline Italyのサイトでネット購入したチェコ・プラハ発→イタリア・ローマ行の便。
私たちはボローニャで途中下車する予定です。
バスは、バスターミナルにやって来るのではなく、バスターミナル前の道端でピックアップしてもらいます。
イタリアのバス会社だから、もしかして何時間も遅れてくるかも、、、またはピックアップするのを忘れてそのまま通り過ぎるかも、、、なんて不安を抱えながら寒空の下、道端でボツーンとバスを待つ私たち。
が、意外にもバスは5分遅れで到着!!!こんな上出来有り得ないーーーと思ったら、今日のバスはチェコのバス会社運行でした。さすがチェコ。
無事バスに乗り込んだ私たちは、爆睡したままイタリアに入国したのでした。
PA060110.jpg



では、お休みなさい♪ 次は2人とも大好きな国、イタリアです。
スポンサーサイト

« ボローニャ|Top|美術館 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/199-4a8f000c

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。