Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便局に行ってみた-リヴィヴ

ウクライナの郵便局から荷物を送ってみることにしました。

Lvivにはたくさんの郵便局があるのですが、何処にいっても長い列ができています。

電子化されておらず、係員は超アナログな方法でゆっくりと作業を進めている様子、なかなか順番が回ってきません。。。

また、休憩なのか、別の作業をしているのか良くわからないのですが、営業時間中で、長蛇が出来ているのに窓口に人がいないこともあります。

おまけに郵便局は本屋や雑貨屋も兼ねており、それ目当てのお客さんもワンサカやってくるため益々混雑。。。

4,5件の郵便局を覗きましたが、どこも列が出来ていました。

皆じっと辛抱強く並んでいるのは、共産主義時代の配給で、行列することに鍛えられたからでしょうか?

何処もあまりに混雑しているので、ウクライナでは諦めて、テキパキと要領よく仕事をしそうなドイツの郵便局から送ろうか、と考えていたら空いている郵便局が見つかったので、荷物を送ることにしました。

さて、送る品々を窓口に出すと、担当女性がひとつひとつ袋をあけ、中身を確認し、購入額まで聞いてきます。

そして品名・金額を別紙にいちいち手書きで記載していきます。いろんな細々した物がたくさんあったので、ひとつひとつこの作業を繰り返していると猛烈に時間がかかります(笑)

相手は英語がダメ、こちらもロシア語は全然だめ。輪をかけて時間がかかります。

内容チェックが終わると、梱包し、何種類ものスタンプをカシャカシャと荷物に押しまくります。

そして作業開始から1時間10分、、、荷物配達作業が終了。長かった・・・疲れた・・・。

いや、郵便局員さんももっと疲れただろうけど。。。。

ふと見ると、後ろに列が出来ていました。皆さんお待たせしてすみませんでした。

でも、みんな文句も言わず、じっと辛抱強く待っていたなぁ。

郵送料は、1.75kgの荷物で185.75UAH。なんだその安さは。。。。ちゃんと届くのだろうか。不安になってきたぞ。

しかし、後日、ちゃんと紛失することもなく届いてました。

なかなかやるなぁ、ウクライナ。
スポンサーサイト

« リヴィヴの街並み|Top|宿のお引越し-Lviv »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/176-82171752

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。