Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴィヴの街並み

ウクライナの他の街については分からないのですが、リヴィヴは素晴らしい街並みでした。

旧市街が世界遺産だそうですが、私たちが行ったときにはあまり観光客は見かけませんでした。

石畳が素敵な美しい街並み。
P9189128.jpg


中央広場のタラス・シェフチェンコ記念碑。
シェフチェンコは、ウクライナの詩人・画家で、近代ウクライナ語文学の始祖といわれる人です。
P9189130.jpg


こうしてのんびり寛いでいる人達がたくさんいます。
P9189132.jpg


オペラ座の前に来てみたら、、、なんだか新郎新婦だらけ!
彼らはオペラ座の前で撮影をした後、そのまま街歩きに繰り出していったのでオペラ座だけでなく、街中新郎新婦だらけになっていました。
さすがウクライナ、どの新婦もモデルのように綺麗ですが、なぜかドレスは安っぽいポリエステル仕立て・・・。
そういうのが流行りなのかな。
そして新婦は美人が多いのに、新郎は姿勢が悪かったりしてどうもイマイチ冴えない・・・何故なんだ?
しかし!若い2人にはドレスなんて関係ナシ、とても幸せそうです!
P9189133.jpg P9189134.jpg

P9189136.jpg P9189139.jpg


これはウェディング仕様に飾り立てた車。
P9199231.jpg


これはハンガリー商人ボウイム家の廟 Boyim's Chapel。
17世紀の建造物で、ウクライナの伝統的な建造物のうち最高のものといわれているそうです。
建物よりも、ここをバックに本気ポーズで写真を撮っているのお姉さんのほうが面白い。
写真のポーズといえば、日本人はピースですよね(最近はあまりやらないのかな?)。西洋人はモデルっぽいポージングをしていることが多いです。
P9199220.jpg


後方から見たボウイム家の廟。
P9219297.jpg


ここはシティホールのあるRynok広場。
P9219288.jpg


右奥に見える黒い建物は、名前のそのまま『Black Stone House』
P9219290.jpg


接近。16-17世紀の建物で、グレーの砂岩が使われているそうです。
P9219291.jpg


なんだかこの看板、妙だよね。
P9219292.jpg


ここは手作りの品々が売られているクラフトマーケット。
P9219295.jpg


ウクライナ人はオシャレに敏感なようで、みんなとても綺麗な服装をしています(日本人よりも綺麗かも)
特に、靴はとても大事なポイントのようで、誰もがピカピカに磨かれた靴を履いていて、ジーパン腰履きの崩れた着こなしの男子でも汚れた履物はまず見ませんでした。
身に着けている服飾品のひとつひとつは、ブランド品ではなく、垢抜けなくて安っぽいもの。
でも金髪碧眼の小顔とスラリとスレンダーなプロポーション、これだけで全てがバランスよく格好良く見えるのです。ちなみに若い女性達は皆スラリとしているのですが、中年以上の女性達は皆ふくよか・・・何処の国に行ってもこれは共通だなぁ。
P9229319.jpg


街を歩いていると、子供もたくさんいます。出生率はどれくらいなのだろう。
リヴィヴでは小柄な老女が物乞いをしているのを多く見かけました。
旅先では、物乞いを見ない場所のほうが少ないのですが、身体が不自由なフリをして物乞いを商売のようにしている人から、見た感じは十分働けそうな程健康に見える若者(でも目は死んでいる)、プリプリに太った女性、私たちより新しそうな靴を履いている(自分達がボロいせいもありますが)人、携帯を持っている人など、なんでアンタらにあげなきゃいかんの?という人から、事故か病気かで四肢の欠けた人、子供をつれた女性、少数民族など様々です。しかし、やせた老女の物乞いはこれまであまり見かけませんでした。
子供はいないのだろうか、どうしてこんな風になってしまったのだろうか、どんなストーリーがあるのだろうかと、気になりました。
P9229321.jpg


Gunpowder Tower
16世紀の建築で、城壁の一部だったそうです。
P9229325.jpg


綺麗な建物。役所関連の建物だと思うのですが。
P9229326.jpg


チョロQのような車。
P9229327.jpg


立派な教会だねぇ。
P9259441.jpg


ここは薬局博物館。薬局として現在も営業しています。
P9259444.jpg P9259445.jpg



東欧で最も美しい墓地のひとつといわれるリチャキフ墓地Cmentarz 遵Gyczakowskiにやってきました。
墓地なのに入場料がかかります、10UAH/名。
P9259416.jpg


趣向を凝らしたたくさんのお墓が、丘の斜面に並びます。
P9259417.jpg


こんな風に故人のポートレートがはめ込まれている墓石がたくさんありました。
P9259420.jpg


故人の顔をデカデカと彫った墓石も多い。
P9259422.jpg


なかなか雰囲気のある墓地でしょ?
P9259423.jpg


丘の斜面にギュウギュウに墓石が並びます。
P9259424.jpg


忘れ去られてしまったようなお墓もひっそりと。
P9259427.jpg


お花がたくさん飾ってあるのは、最近亡くなった方かな。
P9259428.jpg


丘のてっぺんには銅像が。誰だろう・・・ウクライナの偉人かな。
P9259431.jpg


こんな手の込んだ彫刻も。
P9259434.jpg


印象に残ったのはこのお墓。4人並んで埋葬されています。
兄弟でしょうか、でも名字が違うので、同じ部隊の戦友だったのでしょうか。
左側に並んだ四角いブロックは椅子のようにもみえます。
4人が語らえるようにとそこに置いたのでしょうか。
P9259436.jpg



スポンサーサイト

« 食生活-Lviv|Top|郵便局に行ってみた-リヴィヴ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/171-6143aa65

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。