Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフリッド

オフリッド到着後、早速お散歩にでかけました。

その前に、ちょっとオフリッド情報をどうぞ(Yahoo! Travelより引用)

オフリッドは、アルバニアとの国境に接するオフリッド湖東岸の町で、ビザンチン美術の宝庫。

オフリッド地域には、3世紀末にキリスト教が伝来、その後、ブルガリア帝国の文化都市の文化宗教都市として発展しました。

11世紀初めには、聖ソフィア教会が建てられ、教会内部は、「キリストの昇天」などのフレスコ画が描かれ装飾されました。

最盛期の13世紀には、聖クレメント教会など300もの教会があったといわれます。

一方、400万年前に誕生したオフリッド湖は、透明度の高い美しい湖として知られていて、冬期にも凍結せず、先史時代の水生生物が数多く生息しており、オフリッド地域は、古くから培われてきた歴史と文化、そして、これらを取り巻く自然環境が見事に調和する美しい地域です。

オフリッド湖及び街全体が自然遺産及び文化遺産の複合遺産として、世界遺産に登録されています。


アルバニアとは一転、花で美しく飾られた家が並びます。
Jelenaいわく、オフリッドはRich townだそうです。
P8196211.jpg

P8196212.jpg

P8196214.jpg

P8196216.jpg


オフリッド湖畔にやってきました。
ゴムのついた椅子に座って、ビヨヨヨ~~~ヨンとジャンプして遊ぶ遊具。
P8196222.jpg


美しいオフリッド湖。
夏になると、海外で出稼ぎをするマケドニア人達が里帰りをし、オフリッドでバカンスを楽しむそうです。
P8196224.jpg


街の中心地は近代的に整備されています。夕方になると大勢の人々が散策にやってきます。
P8196233.jpg


旧市街の入り口。
P8196234.jpg


味のある古い教会。こんな小さな教会が街中に点在します。
P8196241.jpg


石畳の細い路地。
P8196247.jpg


素敵な階段。どの階段も、真ん中がくぼんでいます。雨水をながすためか、それとも自然にそうなったのかな。
P8196256.jpg


猫さん、こんにちは。なつっこい猫でしばらく遊んでくれました。
P8196257.jpg


レトロな車がたくさん。街並みによく似合います。
P8196264.jpg


夕暮れのお散歩。
P8196265.jpg


どの家も、植物の使い方がとても上手。
P8196266.jpg

P8196267.jpg


市場に行き、食材を調達。ここは卵屋さん、10個で57MKD。
卵の黄身が鮮やかなオレンジで、味も濃くとっても美味しい卵でした。
P8196273.jpg


今日の収穫のうちの一部。食材は何でも非常に安価です。
例えば、この豚肉のソテーとサルシッチャ2本で125MKD、マケドニアのワイン159MKD/本、トマト40MKD/kg、パン30MKD/斤、桃50MKD/kg、きゅうりと玉葱30MKD/kg。
P8196275.jpg


豚肉のソテーとサルシッチャ。豚肉は味が濃くて美味しい。
サルシッチャは、チーズが入っていてトロリ!
P8196287.jpg


ところでマケドニアの名物はパプリカ。
街を歩いていると、プ~ンとどこからかパプリカを焼く甘い薫りが漂ってきます。
Jelenaと共同のキッチンで料理をしていると、彼女がアパートから出てきて、私たちのためにパプリカを焼いてくれました。このハート型の鉄板はパプリカ専用のもの、とても可愛らしいでしょ?
P8196306.jpg P8196310.jpg


Jelena作パプリカ焼き。甘くてピリリ、とても美味しい。ごちそうさまでした。
P8196318.jpg

今日も一日盛りだくさん、楽しかったです。

マケドニアの印象は、美しい自然、花で飾られた家々、親切な人達。

街並みは旧社会主義の国らしく、洗練されてはいませんが、昔のまま時がとまったようで味があります。

そして人々は英語が達者ではないのに一所懸命に身振り手振りで道を教えてくれたり、『May I help you?』と声をかけてくれたり、『Welcome to Macedonia』と言ってくれたり。

バルカン半島の旧社会主義国ということで、もっと暗いイメージだったのですが、素朴で明るく陽気、魅力的な国民性です。

そして、ちょっと適当なところが笑いをさそい楽しい。

観光資源が有名でないので、多くの旅人が素通りしてしまう国だけども、もしかしてこの国はとても面白いかもしれない。

なんだかウキウキしてきました。
スポンサーサイト

« オフリッド 旧市街|Top|マケドニアへ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/143-bf983d02

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。