Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bariへ移動

楽しいナポリを発ち、バーリという街へ移動することにしました。

イタリアは、8月15日の聖母被昇天祭の前後あたりからバカンスを開始する人が多く、この時期は商店も閉まり街は廃墟と化します・・・

そんなイタリアに滞在してもつまらないので、国際フェリーがたくさん出航するバーリに行き、イタリアを脱出することにしたのです。


そんな一日を写真で振り返る。


楽しかったナポリ、さようなら~。毎日見上げた卵城 Castel dell'Ovo さようなら~。
P8175956.jpg


ワンコ三銃士、さようなら~。
P8175954.jpg


SITA社の8:20発ナポリ→バーリ行きのバス。宿から徒歩10分ほどのPorto Immacolatellaから出発します。
チケットは前日にバスターミナルのすぐ近くにあるSITA社オフィスで20EUR/名で購入済み。
大型バスの乗客は14,5人、エアコン付きでとても快適でした。
P8175959.jpg


南イタリアののどかな風景を眺めながら、バスはズンズン進みます。
P8175981.jpg

P8175983.jpg

P8175984.jpg

P8175986.jpg


11:45、無事にバーリの港に到着。
P8175992.jpg


ここからギリシャ、クロアチア、モンテネグロ、アルバニアへのフェリーが出航します。

がしかし、私たちはというと、、、行き先を決めていません。。。

なんとなく、クロアチアのドブロブニクに行き、そこからすぐにモンテネグロに入国して、コトル湾に行こうかなと思っていたので、何件かのフェリー会社の窓口で、クロアチア便の空席を問い合わせると、どのフェリーもデッキ席しか空いていない・・・

計画変更。

とりあえずアルバニアのDurresという街まで行き、マケドニアに入国することにしました。

フェリー会社:ILION LINES S.A. フェリー名:GRECIA
代金:キャビン(個室)バストイレ付 60EUR/名。
ITALY BARI 23:00出航  ALBANIA DURRES 7:00到着

もっと安い席もあったのですが、移動で無理をすると、2,3日は疲れがたまって結局ダラダラするというのが今までのパターンなので個室をとりました。


やれやれ、とりあえず行き先も決まってチケットも買えた。とビールを飲む。プハァ~。
P8175998.jpg

ちょっとここでバーリ情報をどうぞ。

バーリBARIはイタリア南部の都市で、アドリア海に面した海港の街で、プーリア州・バーリ県の州都・県都。

東地中海の国々と広範囲な貿易をおこなう商業の一大中心地で、イタリア南部の重要な都市のひとつとなっています。

守護聖人はサンタクロースの元ともいわれるミラの聖ニコラである。

バーリは古代にはバリウムと呼ばれ、もとはギリシャの植民地で、後にローマの商業の中心地となりました。

その後はランゴバルド族、東ローマ帝国の支配を受け、1071年、ノルマン人によって征服されたことで、東ローマ帝国の南イタリア支配が終わり、12世紀前半に成立した両シチリア王国の統治下におかれました。

第二次世界大戦中はイタリア海軍の主要な基地となり、多大な被害を受けました。
(だから建物が全体的に新しい感じなのかな。)


バーリ散策を開始。
P8176000.jpg


サン・ニコラ教会 Basilica di San Nicola
ここには、現在バーリの守護聖人となっている聖ニコラの聖遺物が納められています。
P8176012.jpg

P8176006.jpg


旧市街は観光客で大混雑。
P8176013.jpg


イタリアはどこにいってもオバサン達が、屋外に座り込んで長々とおしゃべりをしています。
P8176014.jpg


にっこり笑ったような顔をしたワンコに出会う。
P8176018.jpg


なつっこくてかわいい!このワンコ、頭と尻尾の先を残して、綺麗に毛をカットされていて愛嬌たっぷり。
P8176034.jpg


トコトコ散歩。
P8176019.jpg


高台にやってきた。
P8176022.jpg


ここはガンベロロッソにも載っているオステリア。いきたかったけど時間がなかった・・・
P8176037.jpg


さっきワンコがいたフライドポテト屋さんて、揚げたてポテトゲット。1EUR。
P8176038.jpg


20:00にチェックイン開始。
出航まで3時間もあるけれど、せっかくの個室なので早く乗船してゆっくりすることにしました。
P8176043.jpg


狭いけど、バストイレ付き。
このフェリーでは、5段階ある座席のうち、2番目にいい座席。
スイートルーム>バストイレ付きキャビン>バストイレ共同キャビン>リクライニングシート>デッキシート(外?) というランクです。
いや~、アルバニア船籍だけに、一抹の不安はあったけれどもリネンも清潔だしなかなか快適。上等上等。
P8176045.jpgP8176046.jpg


船内を散策。映画タイタニックでは、こんな狭くて長い廊下に水が溢れてたシーンがあったなぁ。
レストランもちゃんと24時間オープン。免税店もありました。
P8176044.jpgP8176059.jpg


左はデッキシート。右はリクライニングシート。
P8176056.jpgP8176058.jpg

空調のきいた個室で寝ているだけで移動できるなんて、快適~。

明朝はアルバニア、いったいどんな国だろう。
スポンサーサイト

« ティラナ|Top|カポディモンテ美術館とMuseo del Tesoro di SAN GENNARO »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/139-b8871bc4

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。