Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァレッタ 考古学博物館

今日はとても快適だったゴゾ島を発ち、ヴァレッタに戻る日。

それでは、今日一日の様子を写真で振り返る。


朝起きて、宿でのんびり海を見たり、WIFIしたり、寛いでみたり。
荷物を宿に預かってもらい、ランチにやってきたのは教会前のGHAQDA MUZIKALI SAN GUZEPP。
ラザニアとホットドッグ、それに白ワインとビール。海を眺めながらいい気分~。
P8084239.jpg


楽しいランチのあと、荷物をピックアップし港まで美しい景色を見ながら歩きます。
街はかなりの高台にあるので、来るときはバスを使いましたが、帰りは歩きで余裕。
さようならゴゾの景色。
P8084254.jpg


そして14:15のフェリーにダッシュで乗船。
P8084255.jpg


下船したら、45番バスに乗ります。
P8084256.jpg


バスから大混雑のビーチを眺めたり、美しい田園風景を眺めたりしているうちにヴァレッタに到着しました。
宿は、先日と同じ宿Grand Harbour Hotel。前回チェックアウト時に今日の分を予約しておきました。
P8084262.jpg


宿に荷物を置いた後は、考古学博物館National Museum of Archaeologyを見にやってきました。入場料5EUR/名。
マルタには、先日見たジュガンティーヤのような超古代巨石遺跡がいくつかあり、それらから発掘されたものがここに展示されています。 
ジュガンティーヤでは、うっすらとしか見えなかった渦巻き模様もこんなクッキリ。
P8084272.jpg


これもずいぶん綺麗に保存されています。ピラミッドよりも古い5000年前のものとは思えません。
P8084276.jpg


こんな動物のレリーフも。
P8084279.jpg



マルタの超古代建造物の周辺では、このような豊満な女性を模した像が多く見つかっています。
当時は豊饒神信仰がされていたというお話なので、ふくよかな女性=豊饒という意味で、このような女性像ばかりなのでしょうか。
P8084298.jpg


伝承では、巨人女性が昔々石を運んで巨石遺跡を造ったというお話です。
P8084301.jpg


昔はちゃんと頭部もあったのですが、発掘時はとれてしまっていたそうです。
P8084302.jpg


ずらりと並ぶとかわいい!
P8084304.jpg


これがこの博物館の、そしてマルタのお宝『Sleeping Lady』。珍しく頭部がついています。
とても小さい彫像で、眠りについている様子または死んでしまっている様子を表現しているのだとか様々な説があるそうですが、なんせ大昔の彫像、何を表現しているのか、何のために使用されたのか不明だそうです。
そりゃそうだよね。
P8084310.jpg


こんなうつぶせバージョンも。
P8084316.jpg


考古学博物館を見学した後は、明日乗船するパレルモ行きフェリーが出航する港を下見に行きました。
宿から徒歩でほんの10分ほどのところにあります。
じっくりと港を見て回ったのは初めてですが、たくさんのお店にレストラン、停泊している巨大な船など、ヘタな地方空港以上に活気があり驚きました。
P8084367.jpg


帰り道。空がピンクに染まってきました。
P8084379.jpg


漁船。この近辺には釣りを楽しむ人や、ただ座り込んでじっと海を見ているカップルなど、たくさんの現地の人々が寛いでいました。こういう雰囲気はいいなぁ。
P8084381.jpg

P8084383.jpg


猫さんに出会う。なでなでさせてくれました。
P8084382.jpg


P8084369.jpg


ヴァレッタの旧市街をグルリと取り囲む城壁。
P8084372.jpg


ちょっとおデブな猫さん。
P8084385.jpg


かわいい!
P8084400.jpg


猫つながりで。
マルタでもキティちゃんは人気。でもこの中にはバッタものもまぎれています。
(でももしかしてオリジナルキャラクターかも)
P8084410.jpg


今夜は対岸で花火が打ち上げられていました。
P8084414_20100811085539.jpg


翌日はイタリアへ移動。マルタでゆっくりできるのは今日で最期、想像以上に楽しい国だったから名残惜しいな~。
スポンサーサイト

« パレルモへ|Top|ジュガンティーヤとヴィクトリアのシタデル »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/130-4250fe56

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。