Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカの悪夢2

つづき。

いくつかの問診をして、おそらくはアセモだろうということになった。「いえ、いえ、多分そうだろうと思うけど、念の為に象皮病検査をお願いしに来たんですよ。」というと、検査結果が出るのは2日後だから入院しろということになった。
歩くと服とこすれる部分がただれて痛みがあったけれど、まったく歩けないわけでもなく、そんなことで入院する必要もないのだが、スリランカの入院生活に興味があったし、全身に拡がっていた発疹に薬も塗ってくれるようなので、そういうことにした。
こうして入院生活が始まった。

病室だから鍵をかけられないのは仕方の無いことだと思うのだが、看護士やらドクターが入れ替わり立ち代わり、ほぼ30分おきに検温やら様子を見に来て落ち着かない。さらに、申し送りが出来ていないのか、「調子はどうだ、病状はどんなだ。いつから症状が出ているのか、今は痛いか。痒いか。」と、来る人来る人が皆、同じ質問をしていくのには閉口した。
それを除けば、広い個室は寒いくらいに空調が効いていたし、三度の食事に午後の紅茶までついていて、至れり尽くせりだった。
まぁ、快適だったといえる。

ハニコは同室に泊まってもよかったのだが、何も持ってきておらず手持ち無沙汰になったようで、翌日またやってくることにしてその日は宿に帰ることになった。
しばらく本を読んで過ごしていると、いつの間にか日が暮れてきた。
この病院は夜勤と日勤の担当が、それぞれ3日勤務後2日休みの体制をとっているようで、昼間の女性の看護士と入れ替わって、夕方頃、夜勤の担当だという若い男性の看護士が部屋に挨拶にやってきた。
目がパッチリとした美形の男性だった。

彼ともまた、「調子はどうだ、症状はどんなだ。」とお決まりの質問をした後にしばらく雑談をし、何か不足や、欲しい物があったら持って来るよとの申し出があったので、喉が渇いていたので紅茶をお願いすることにした。

紅茶を運んできた後、彼はまた発疹の具合について質問をしてきた。
先ほど症状について質問があったときには、腕を見せて状態を説明していたのだが、他の場所はどんな調子だと問うてくる。
「背中や届かない所に薬を塗るときはいつでも声をかけてくれよ。ちょっと見せてごらん。」と言う。

色々と気を回してくれる親切なヤツだな、と僕は思っていたので、こんなもんだよと起き上がってTシャツをめくって背中を見せると、心配そうに「おお酷いね、腹はどうだ。」と聞いてくる。
ついでなので、そのまま姿勢を戻して胸から腹の辺りを見せた。

 「こっちも酷いね、痛いかい?」

 『いや痛くは無いよ、痒いだけだよ。』

 「まだ下の方にも拡がっているみたいだね、ちょっと見ていいかい。」

 『ああ、どうぞ。』

と、穿いていたズボンのボタンを外して、ヘソを越えて下腹の辺りまで を露にした。

 「おお、これは痒そうだね。大変だね。こっちも痒いかい?」

 『うん、痒いよ。』

彼が心配して、ここはどうだ、こっちはどうだと何度か尋ねるうちに、パンツはすっかりずり下がり、シモの毛の辺りまで露な格好になっていた。
『妙な奴っちゃな。』と思いはしたが、ここは病院だし、男同士なので別に恥ずかしがることもなく、そのままシモの毛もさらに越えて丸出しの格好になった。


 「Oh! VERY GOOD!」


何の前触れ無く彼の指が、僕のチ●コに触れた。

・・・そこに発疹はない。



 『NノゥooォォゥウオオオオオOOO!!!!!!!!』



疑念が一瞬にして確信に変わった。

どちらの性を愛そうとそれは君の自由だが、僕には僕の自由がある。


 「Oh, I'm sorry. but, yours very good!」


いや、褒められても嬉しくないよ。
とにかく今は大丈夫だ。親切にありがとう。必要になったら呼ぶから、ちょっと休ませてくれと頼んで、出て行ってもらうことにした。


・・・しかし相手は看護士。
夕食だ、紅茶だ、検温だと何かにつけて部屋にやってくる。

彼が部屋に来たとき、僕が女の子に言ったことも無いような台詞を毎度浴びせられるのだ。

 「君の髪はツヤがあって綺麗だね。」

 「そうだ、薬を塗ってあげようか。」

 「その髪型、いいね。」

 「そうだ、薬を塗ってあげようか。」

 「肌の色が素敵だよ。僕は浅黒くて。」

 「そうだ、薬を塗ってあげようか。」

 「スポーツは何をしてたの?いい体だね。」

 「そうだ、薬を塗ってあげようか。」

 「身長何cm?そのガタイ、羨ましいよ。」
 
 「そうだ、薬を塗ってあげようか。」

美形の男から、キラキラした目でこんな言葉をかけられる日が、僕の人生にやってくるとは思いもよらなかった。
でも、毎度毎度、薬を塗ることを申し出てくれるのが恐ろしい。


寝付けずに夜起きていると、彼は何度も僕に、早く眠るように勧めてくる。


 「今夜は何時に休むんだい。」

 「早く休んだほうがいいよ。」

 「寝る前に、薬を塗ってあげようか。」

 「今夜は僕が当直だから大丈夫だよ。」


いや、それが一番大丈夫じゃない。

病室に鍵はかからない。

彼の発言がもしも100%善意からだとしても、その日はちょっとの物音でも起きてしまい、ついに安眠できなかった。


恐怖の一夜が明けた翌朝、朝食を運んできた彼は、昨夜が3日間勤務の3日目だったらしく、

 「僕が次に出勤の時には、君はもう居なくなってしまっているんだね。。。寂しいよ。君の事忘れないよ!」

残念そうに、そう言い残して去っていった。


彼が去った後も悪夢覚めやらぬ気分だった。
しばらくして、着替えを持ったハニコがやってきて、やっと安心できた。
この時ほど嫁さんの到着が嬉しかったことは無かった。
スポンサーサイト

« ST. JOSEPH HOME HOSTEL|Top|スリランカの悪夢 »

コメント

わはははは。

わはははは。わはははは。わはははは。
モテモテやな。全然ウラヤマシクないぞ。

Re: わはははは。

政府関係の案内でも紹介されているような大病院だったんですが・・・恐怖の一夜でした。

彼、美形だったんですが、僕と性別が同じなんですよねぇ。。。
トホホホホ。

悪夢。

まさしく悪夢ですな。
他人事ながら気の毒で気の毒で…
爆笑させていただきました。
ボクらは入院せずに済んで、ホントよかったです(笑)。

Re: 悪夢。

体調戻られて何よりです!原因はやっぱり謎のままですか?

自分の話でなければ大笑いできたんですが・・・。
いやー。恐かった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/127-a850568a

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。