Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シタデル地区

カイロの人気観光地『シタデル地区』に行って来ました。

シタデルとは、十字軍を打ち負かしたアラブの英雄サラディーン(ムスリム)が1176年に、対十字軍(キリスト教)の拠点としてモカッタムの丘に建設した城塞です。

サラディーンの死後も建設が進められ、マムルーク朝、オスマン朝、の時代を通して19世紀のムハンマド・アリの時代まで、長い間支配の中枢として機能してきました。

城壁内にはモスクや宮殿もあり、この地区一帯が観光地として開放されています。

メトロSayida Zeinab駅から歩いて町の様子を見ながら向かうことにしました。
エジプトのメトロは1EGP/名(どこまで乗っても同額)

Sayida Zeinab駅の近くにあるモスク、ガーマ・イッサイイダ・ゼーナブGaami' is-Sayyida Zaynab。
ゼイナーブZainabという女性を祀ったモスクなのですが、この女性はシリア・ダマスカスで一生を終えたという説と、カイロで一生を終えた説があり、こちらは後者に基づいて建設されたもの。
シリアの霊廟は既にダマスカスで訪問済み。Zeinab ダマスカス
P7102284.jpg


ひたすら歩き、シタデルを目指します。あんまり暑いのでちょっと休憩、そんなときはサトウキビジュース!
後に残らない爽やかな甘さで、後味はスイカを連想します。
サトウキビはこんなマシーンで絞ります。
でっかい機械だなー、と思っていたら、絞りたてなのにちゃんと冷えて出てきます。ただでかいだけではなく、そんな機能もあったのかー。
P7102290.jpg


ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーンGaami' Ahmad bn Tuuluun
バクダットのアッバース朝カリフの支配から独立し、エジプトにツゥールーン朝を開いたアフマド・イブン・トゥールーンによって879年に建てられました。カイロに現存する最古のモスクです。
P7102294.jpg


ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン。外から覗き見る。
なんとこのモスクのアザーン(お祈りの歌)はテープではなく生歌でした。
P7102295.jpg


ガーマ・スルタン・ハサンGaami' is-Sultaan Hasan。世界最大級のイスラム建築です。
P7102298.jpg


シタデルへ向かう途中、ローカルの住宅が並ぶ一角を通り過ぎました。
遠めに見えるシタデルの方向を頼りに進むも、この先は行き止まり・・・。
もと来た道を引き返そうと思っていると、住人の女性が自宅の中を横断させてくれ、無事反対側の大通りに出ることができました。
部屋の中に10人くらいの女性と子供が輪になってなにやらおしゃべりしながら座っていました。
皆『こんにちわ~』ととても元気に挨拶してくれましたヨ。
P7102297.jpg


綺麗に整備された丘を登れば、シタデル地区のチケットオフィス。
はぁ~、暑い。
チケット代は50EGP/名。これで敷地内のモスクや博物館など全ての施設に入場できます。
P7102299.jpg


ガーマ・ムハンマド・アリGaami' Muhammad Ali
カイロのランドマーク的存在。1857年にイスタンブールのモスクを真似て建設されました。
P7102300.jpg


靴を脱いでモスクの中へ。こちらは中庭。
P7102301.jpg


このモスクはランプやシャンデリア、それに天井の細工がとても綺麗。
P7102305.jpg


P7102306.jpg


天井の細工。派手だけど渋い。
P7102307.jpg


丘の上からカイロの町を眺める。
P7102312.jpg

このほか、敷地内にある軍事博物館や小さなモスクなどを見学。

それにしても体中の水分が蒸発するのでは?と思ってしまう暑さ。でもカラリとしているし、日陰に入ると心地よい風が涼しいので日本の夏よりはずっと楽だと思います。
スポンサーサイト

« チュニジアへ|Top|各国の旅行CM »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/110-a69e4311

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。