Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナイ山

ダハブで滞在していると、毎日が  あっ   という間に過ぎてしまいます。

何をしているわけでもないのですが、猫と遊んだり、ご飯をつくったり、洗濯したり、ポテトチップス食べたりしていたら、あっという間に一日終了。

龍宮城か、ここは。やばいぞ~。

しかし、エジプト一うざい(といわれている)都市カイロに向かう時が着々と近づいている今、ダハブで思う存分休憩せねば!という言い訳で今日もノンビリ。

今日はダハブの見所をご紹介。

ダハブといえばダイビング、それともう一つの名所があります。

それは旧約聖書のモーゼが神から十戒を授かった『シナイ山』!!

今日は、モーゼが十戒を授かったお話をどうぞっ!!

ファラオの迫害を逃れエジプトを脱出し、イスラエルの民を率いて『約束の地カナン』を目指すモーゼ一行は放浪から3ヵ月後、ここダハブ近郊のシナイ山に辿り着きます。

ここでモーゼは神に呼ばれ、ただ1人シナイ山に篭ります。

そして40日後、モーセは神から石版に刻まれた『十戒』を授かるのです。
(っていうか40日間1人山に篭って、こつこつと石版に刻んでたんじゃないの?って思うんだけど。)


と同時に『イスラエルの民が神の定めた律法に従うかぎり、神はイスラエルの民を救済する』という契約を神と結びます。

石版に刻まれた十戒の内容は下記の通りです。

1.私以外の何者も神としてはならない。

2.偶像を作ってはならない。

3.主の名をみだりに唱えてはならない。

4.週に一度は休日としなさい。

5.父母を敬いなさい。

6.何をも殺してはならない。

7.姦淫してはならない。

8.盗みを働いてはならない。

9.隣人のことを偽証してはならない。

10.他人の物を欲しがってはならない。

モーゼは石版を携えて、シナイ山を下山するわけですが、そこには驚愕の光景が!

モーゼがシナイ山に篭ったまま40日間も戻らないことで、とても不安になってしまったイスラエルの民たちは、「この先、私たちを率いる神々を作ってください」とモーゼの兄弟アロンに懇願し、アロンもそれに応じて金の若い雄牛の像を作り、それを神とし敬うという偶像崇拝行為を犯していたのです!!

当然モーゼは怒り狂い、石版を投げつけて雄牛の像を破壊してしまいます。

でもそれじゃ、せっかくの石版も壊れちゃったんじゃない?もったいないなぁ、と思いますが、神は十戒の刻まれた新しい石版2枚をモーゼに授け、それは『契約の箱』に大切に収納されたたそうです。

この『契約の箱』はいつの間にか行方不明になってしまったため、『失われた聖櫃 The lost ark』とも呼ばれ、近年では映画インディ:ジョーンズの題材にもなりましたよね。


といのが、簡単ですが十戒のお話。

十戒では偶像崇拝は禁止されているというのに、現在のキリスト教といったらキリストの磔刑、マリアのロザリオ、十字架などなど、偶像崇拝オンパレードですよね、どんな風に変遷していったのか、とても不思議です。

ここダハブからは『シナイ山に登って朝日を眺めるツアー』が催行されていますが、私たちは興味がないのでパス(笑)

というより、夜に出発、夜中ずっと登山、早朝寒い中じっと朝日を待つ、というハードなスケジュールは無理っ!というのが本当のところです。
スポンサーサイト

« ダハブからカイロへ|Top|ダハブでダイビング »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dariohaniko.blog3.fc2.com/tb.php/101-1ffd9e65

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。