Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルタゴ遺跡

チュニジアには、これを見るため来ました。

塩野七生を読んでからずっと来たかった場所です。

ほんの簡単にですが、カルタゴの歴史をどうぞっ。

カルタゴの歴史は、王女エリッサに紀元前814年に建国されたことにより始まります。

エリッサは、元々フェニキア王国(現レバノン)の王女でした。

しかし王位継承権の争いに巻き込まれ、兄ピグマリオンに夫を殺害され、自身も命を狙われます。

そこでエリッサは、財宝を船に積み、家臣を連れてティルス(現レバノンのスール)を脱出しキプロス島に到着します。ここで人員を補充し、更に西へ進みチュニス湾にたどり着き、ここに自身の国を建てることを決意します。

王女は建国に際して、現地人から『牛皮(ビュルサ)1枚で覆える土地なら譲ってあげよう』と意地悪をされます。

でも、賢い王女のほうが上手で、牛皮を細くひも状に切って、ぐるっと広い土地を囲ってしまいました。

なんか一休さんのとんちみたいだな。

この土地が現『ビュルサの丘』となりました。

そして紀元前814年、王女はカルタゴを建国しました。

カルタゴとは、フェニキア語で『カルト・ハダシュト新しい町』という意味です。

早速王女は新しい国の法律を制定します。権力は二人の最高官に配分され、貴族と一般市民には一定の権利が与えられました。

この法律はあのアリストテレスも賞賛したほど非常に優れたもので、7世紀以上にわたるカルタゴの繁栄を支えます。

そしてカルタゴは地中海でも有数の都市国家となり、栄華を誇りました。。

しかし、栄光は永遠に続きません。

カルタゴは当時最強の戦車だった「戦象」を備えローマを震撼させたハンニバル将軍を有しながらも、第1~3次ポエニ戦争を経て、紀元前146年、ローマのスキピオ将軍に敗れ、滅亡します。

カルタゴはローマによって徹底的に破壊された後、ローマの都市として新たに建造されました。


現在カルタゴにある遺跡は、ほぼローマ時代の遺跡で、フェニキア時代のものは見ることができません。

でも、昔々長い航海のすえにカルタゴを建国した王女様のストーリーや、今では飼育不可能とされる凶暴なアフリカ象を操った将軍ハンニバルを思うと、ロマンを感じます♪

では、カルタゴ遺跡を見て回った今日一日の様子をどうぞっ。


朝8:00に宿を出発。最寄のバルセロナ駅からメトロ1号線でチュニス・マリン駅まで。運賃0.35TND/名。
これはバルセロナ駅の写真です。
P725001.jpg


そして近郊線TGMに乗り換え、カルタージュ・ハンニバル駅 Carthage Hannibalまで行きます。運賃0.65TDN/名。
TGMの駅は、白と青の眩しいようなコントラスト。
P725002.jpg


下車後、ビュルサの丘まで坂道を登ります。エッチラオッチラ
今日も風があって、涼しく爽やか。適度に雲もあり遺跡散歩には最高の日和。
P725003.jpg


カルタゴは高級住宅地、白亜の豪邸が並びます。
P725004.jpg


どの家も、花と扉と白壁が美しくて、思わず写真を撮ってしまいます。
P725006.jpg


海が一望、綺麗だな~。
P725008.jpg


ビュルサの丘の上に到着!これは『サン・ルイ教会』。
1890年フランスによって建造された教会で、1270年の第8回十字軍遠征に参加して没したフランス国王ルイ9世に捧げられています。
P725010.jpg


サン・ルイ教会の横には、お目当ての『カルタゴ博物館』
入場料は、9TDN/名(共通チケット)。このチケットでカルタゴに複数ある遺跡の全てに入場できます。
博物館の前からの眺めも絶景です。
P725009.jpg


ローマ時代の彫像。サモトラケのニケに雰囲気が似ています。
P725011.jpg


この博物館には、ビザンチン時代のモザイクや、ローマ時代の石器などが展示されています。
カルタゴ時代の美術品はローマによって破壊されたのでほとんど残っていないようです。
博物館の猫さんと遊ぶ♪
P725013.jpg


次の遺跡スポットを目指し、トコトコ歩く。この邸宅もプール付きで素晴らしい豪邸。
P725015.jpg


辿り着いたのは『アントニウスの共同浴場』
P725016.jpg


ローマの五賢帝アントニヌス・ピウスによって建てられた広大な共同浴場。
地中海を一望する一等地にあるため、すぐ隣には大統領官邸があります。
P725017.jpg


当時建物は2階建てで、更衣室・温浴風呂・水風呂・サウナ・プール・噴水・談話室・トイレ等100を超える部屋が左右対称に配置され、壁にはフレスコ画、柱には彫刻、床には色鮮やかなモザイクが敷き詰められていたそうです。

銭湯の煙突っぽい。
P725024.jpg


この花模様、レバノンのバールベック遺跡で見たモチーフとそっくり。
P725025.jpg


さて、次の遺跡スポットまで10分ほど歩いてむかいます。
辿り着いたは『ローマ人の住居跡』。広大な敷地にローマ時代の住居跡や石畳や石壁が残っています。
P725026.jpg


綺麗な花♪
P725027.jpg


これは保存状態の良い住居跡、『ヴォリエールの屋敷』
P725029.jpg


モザイクも残っています。
P725030.jpg


こんな少年のモザイク。
P725031.jpg


『ヴォリエールの屋敷』の横から、さらに階段を登ります。
P725032.jpg


ホーー絶景!!
P725034.jpg


さらに丘を登ると見渡すかぎり地中海。大統領官邸も丸見え(撮影禁止)
P725035.jpg


そして、次の遺跡スポットは『ローマ劇場』、現在でもコンサートなどの催し物に使用されています。
素晴らしいことに、ここのトイレは無料でした♪他の遺跡はトイレオジサンが待機していて、トイレ使用料を請求してきます。
P725036.jpg


次のスポットを目指し、再び歩く。白亜の豪邸の下に発掘中の遺跡がさりげなくあります。
P725037.jpg


どの家も、玄関の飾り方がとても素敵。
P725038.jpg


チュニジアの青い空に、真っ白が映えます。
P725039.jpg


猫ちゃん、ブーゲンビリアの下でお昼寝。
P725040.jpg


南国だな~。こんなところに暮らしてみたいと思うけど、1ヵ月くらいで飽きるかも。
P725041.jpg



素敵な家!
チュニジアってどれだけお金持ちが多いんだろう、と思うほど数多くの豪邸が際限なく建ち並びます。
P725044.jpg


古代のカルタゴ港跡。人工的に造られた商業港の遺跡だそうです。
P725045.jpg


今では、こんなのどかな風景。
P725046.jpg


その昔はこんな様子だったそうです(wikitravelより拝借)
港


次の遺跡は『トフェ』。
フェニキア人が信奉していたタニト神の聖域とされている場所で、ローマの植民地時代の以前、カルタゴ都市帝国時代の貴重な遺跡になります。
トフェには小さな墓石が立ち並んでおり、ここからは20000個の骨壷が出土し、紀元前400~紀元前200年のものとみられる胎児の骨などが多く出土しました。
ここトフェで、乳児を生贄に捧げる儀式が行われたという説と、乳幼児の疫病などでの犠牲の際の葬儀場所であったとの説があるそうです
P725047.jpg


トフェ・・日本の五百羅漢に雰囲気が似ている・・・・
P725048.jpg


これにて本日のカルタゴ散策終了です。

涼しい天気のお陰で、快適に楽しく遺跡散策ができました!

遺跡も素晴らしかったけれども、家々の色合いや飾りつけ、それに花を眺めたりするのがとても楽しかった!

では♪
スポンサーサイト

旧市街メディナ

チュニスの旧市街メディナTunis Medinaを散策しました。

今日は風が涼しく、とても心地よい散歩日和。昨日の暑さが嘘のよう。

では、メディナの様子を写真で振り返る。


宿を出発し、メインロード、フランス通りAve de Franceを真っ直ぐ西に進みます。
P7240001.jpg


これはメトロの線路。メトロとはいっても地下鉄ではなく路面電車です。
P7240002.jpg


しばらく進み見えてくるのは
P7240003.jpg


メディナの入り口、バブ・バールBab Bahr(フランス門)。メディナ全体は世界遺産に登録されています。
P7240004.jpg


目抜き通りジャマー・エズ・ジトゥナ通り Rue Jamaz ez Zitouna
『誰がこれ買うのかな~』と思ってしまうグッズばかりの土産屋が、所狭しと並びます。
P7240005.jpg


首相官邸Dar el Beyや官庁が集まるカスバ広場Place de la Kasba
P7240007.jpg


これは財務省。
P7242980.jpg


接近すると、下側の日時計がイスラム歴で、1ヵ月が30日間しかなく、31日がありません。
P7240008.jpg


むこうに見えるのはハムダ・パシャ・モスクMosquee de Hammouida Pachaのミナレット。
P7240009.jpg


ベイの墓Tourbet el Beyに入場、4TND/名。
ここにはオスマン帝国時代のベイ(王)、妃、大臣達の墓があります。
P7240010.jpg


建物正面。グリーンの瓦がどことなくオリエンタル。
P7240011.jpg


中庭。
P7240012.jpg


内部には大理石の棺が並びます。
P7240013.jpg


ベイ(王)には4人の妃がいたのですが、位によって妃達の安置されている部屋も異なります。
P7240014.jpgP7240015.jpg


天井や壁の細工。
P7240016.jpgP7240017.jpg


墓所の美しいタイル使い。
P7240019.jpgP7240020.jpg


再び街歩き再開。これは宝石のスーク(市場)。
P7240021.jpg


メディナの美しい街並み。
P7240022.jpg


P7240023.jpg


P7242999.jpg


P7240024.jpg


P7240025.jpg


P7240026.jpg


チュニジアの家々は扉の細工が美しい!!
P7242969.jpgP7242970.jpgP7242971.jpg

P7242972.jpgP7242973.jpgP7242974.jpg


メディナの猫達。
P7240027.jpg


P7240028.jpg


P7240029.jpg


メディナを出て、Ave de France沿いの大聖堂Cathedraleにやってきました。
P7240030.jpg


どこか内装がアラビアン。
P7240031.jpg


Ave de France沿いのスーパーMagasin General
チュニジアは何でも売っています。
P7240032.jpg


今日の夕飯は宿の近くの食堂へ!
Harico(豆とマトンの煮込み)。付け合せのバゲットといただきます。ピリッと辛くてウマーー。
P7240033.jpg


鶏肉とピラフ。メイン2品、ポテトフライ1皿、ミネラルウォーター1.5L、籠いっぱいのバゲットがついて、合計9TND。
P7240034.jpg


チュニジアは一応イスラムの国なのですが、ソフトムスリムの国。
こんな居酒屋がたくさんあって、オジサン達で激混み、堂々とお酒を飲んでいます。
女性も、髪の毛を隠すスカーフ着用率が非常に低いですし、ノースリーブや短パンといった露出度の激しいファッションも当たり前。完全に西欧化しています・・・
P7240035.jpg


今日もよく遊びました!

バルドー博物館

バルドー博物館Musee national du Bardoに行ってみました。

ここは北アフリカ地域を代表する考古学博物館で、カルタゴ遺跡の出土品やチュニジア各地で発掘されたモザイクコレクションを所蔵しています。

また、博物館の建物は、オスマン帝国時代にチュニジアを統治していた地方長官「ベイ」の宮殿であったため、なかなか素晴らしい内装です。

当初は当時のベイの名を採り、「アラウイ博物館」と命名されたのですが、1985年フランスからの独立を機に「バルドー博物館」と名前を変えました。


まずは最寄りのバルセロナ駅からMetro1号線に乗り、バルドー駅まで行きます。運賃0.45TND/名。 
駅名の表示が不親切で、いったい今どこの駅なのか判らずにキョロキョロしていたら、チュニジア男性がちゃんと親切に教えてくれました。
P7232970.jpg


バルドー駅から徒歩15分、バルドー博物館に到着。入場料は4TND/名。

ここは2階。自然光をとりいれたセンスの良い展示スタイルです。
そして贅沢なことに、床全面にも本物のモザイクがはられています。
P7232974.jpg


ここは3階、手すりが硝子製で、モザイク鑑賞の邪魔にならないところが気が利いています。
P7232975.jpg



ここは『スースの間』。ピンクのシャンデリアがとても可愛らしい。
P7232977.jpg


ここからはローマ時代の素晴らしいモザイクコレクションをどうぞ。
ギリシア神話や宗教画、それに釣りや狩りといった日常生活が題材とされています。


『ユリシーズとセイレーン』ギリシャ神話、主にホメロスの「オデュッセイア」の一場面です。
ユリシーズとは、この物語の主人公の名前オデュッセウスのラテン語形で、セイレーンとは シチリア島の近くに住み、鳥の身体と人の顔を持ち美しい歌声で船乗りを惑わせ、危険な岩礁に引き寄せる妖精です。

トロイア戦争から母国に帰還すべく長い航海を続けるユリシーズですが、途中、セイレーンの島を通りかかります。
船乗り達は、耳栓をして島を通り過ぎますが、ユリシーズは好奇心を押さえきれず、耳栓をせずに、でも代わりに柱に体を縛り付けてもらいセイレーンの歌声を聴きます。船上、1人立ち上がり、セイレーンのほうを見ているのがユリシーズです。
P7232978.jpg


今まで各地で鑑賞したモザイクと違って、可愛らしいロマンティックなモチーフが増えたような気がします。
P7232979.jpg


P7232980.jpg


ゼウスのいかづちを鍛える巨人達。ムキムキ肉体美。
P7232981.jpg


硝子のグラデーションを表現しています。写実的になりました。
P7232982.jpg


上の男性、多分ポセイドン。頭から蟹の脚がニョキっと出ていて、なんか変キャラになってる。
P7232983.jpg


大蛇に跨る変てこな人達。これもギリシャ神話のエピソードでしょうか。
P7232984.jpg


海に落ちてしまった人達、海水に浸かった部分が魚に変化しています。何の神話だろう。
P7232985.jpg


地中海の街だけに、魚介類のモチーフも多いです。
P7232986.jpg


色んな動物に囲まれてワイワイです。
P7232987.jpg


不思議キャラ、宇宙人っぽい。
P7232988.jpg


剣闘士がモチーフかな。
P7232989.jpg


可愛らしい植物や動物のモチーフ。
P7232990.jpgP7232991.jpg

P7232992.jpgP7232993.jpg


これはキリスト教徒が洗礼に使った池。ということは時代は進んでビザンチン時代のモザイクです。
時代は新しくなっているのに、モザイクの技術は落ちているのが不思議です。
P7232995.jpg


お宝モザイクの前で昼寝する猫さんたち。
この博物館のモザイクは、確かに技術は精巧で素晴らしいと思いますが、不思議と印象に残る作品がありませんでした。
今のところ、トルコのガジアンテップで見たモザイクが私たちにとっては一番かな。
P7232996.jpg


2時間ほど見学して、またメトロに乗り市街地に帰ってきました。
クレープ屋でちょっと休憩。チョコクレープ、ツナクレープ各1.8TDN。
丁寧に香ばしく焼いてくれて、しかもたっぷりの具。とても美味しいです。
P7232997.jpg


そして、Cafe de Parisに入店。おしゃれ~♪
こんな暑い日はビールだね!!冷えたビールをグビっ!ビール2.4TND/本。
P7232999.jpg


宿から徒歩1分のデパート、Le Palmarium
P7233000.jpg


Monoprixというスーパーで見かけた、変なパンツ。
P7233001.jpg


スイカを購入。0.19TND/kg、暑い一日だったので美味しい!
P7233002.jpg


今日はあまりの暑さに頭痛がするほどでした。毎日こんな天気だったらどうしよーー!

チュニジアへ

チュニジアへ移動した時の記録です。

エジプトにはルクソールやアスワンといった素晴らしい見所がたくさんあるのですが・・・

行ってきた人達の感想は・・・

『遺跡は確かに素晴らしい、でも暑すぎる』とか
『暑くてもう二度と行きたくない』とか
『あの暑さは昼間の外出は危険』とか
『暑さで朦朧としていたので、どんな遺跡か覚えていない』
『洋服のチャックや金属部分が火傷するほど熱くなる』等等・・

スリランカの熱さでそれはもう酷い目にあっている我々夫婦は即決で断念(軟弱~!)、エジプトはカイロとダハブで終了です。

エジプト観光するなら、冬がお薦めです。
シーズンなので多少割高になりますが、元々の物価が安いのであまり問題ではないと思います。


さてカイロ国際空港に到着です。
古いですが、清潔で広くチェックイン後の待合ロビーでWifiも無料。
12:30発チュニス行き、エジプトエアーとのコードシェア便で、運行はチュニスエアー。
チケットはチュニスエアーで購入したほうがお得でした。

おっと、久々の機内食つき!美味しくはありませんでしたが、旅行気分で(ずっと旅行中ですが・・・)テンション高く記念写真をパチリ♪
離陸してからというもの2人とも眠くて眠くて、、でも爆睡中に食事の時間がやってきて、せっかくの機内食を逃してしまったらどうしよ~という食い意地だけで、なんとか起きていることができました♪
P7222830.jpgP7222831.jpgP7222832.jpg


3時間15分後、チュニジア時間で15:45に無事にチュニス・カルタゴ国際空港に到着!
首都空港ですが、こじんまりとした地方空港のような雰囲気。
『俺のタクシーに乗るんだーーー』というドライバーのセールスがまったくなく、ちょっと寂しい。
空港からは635番バスに乗りチュニス・マリン駅まで行き(所要時間20分、0.45TND/名)、そこからメトロでバルセロナ駅まで行きます(所要時間10分、0.3TND/名)。
通貨はチュニジアン・ディナールTND。1TND=約60円、日本との時差は8時間です。
P7222833.jpgP7222834.jpgP7222835.jpg


バルセロナ広場近辺には安宿がたくさんあります。夏はチュニジアのハイシーズンなので、宿が空いているか一抹の不安・・
案の定、満室だと断られ、殺人的な暑さの中、荷物を背負い歩きます。
希望に見合うホテルが見つからず、Central Hotelという宿に荷物とハニコを置いて、ダリオが1人でホテル探し。
それにしても宿泊しないのに荷物を置かせてくれて休憩させてくれるなんて、親切だね、商売っ気ないね!
一番のお目当ての宿は満室だったけども、ダリオが見つけたHotel de Bretagneにチェックイン。
ホットシャワー、エアコン、WIFI、朝食、共同トイレで28.5TND/室です。
予想していたよりも宿代が安い。
P7222836.jpg


シャワーを浴びて、早速町を歩いてみました。旧宗主国のフランスに雰囲気が似ています。
でもフランスと違い、犬のウンコがまったく落ちていない。GOOD!
ペットにお金が回るほど、余裕が無いと言うことでもあるのでしょうか。
P7222837.jpg


夕食はAbidという食堂へ。
オリーブの実とピリ辛ソースのお通し、魚のクスクス5TND、グリーンサラダ1.8TND、オリエンタルケバブ4.8TND、ミネラルウォーター1TND、シトロンネード(レモンジュース)0.8TND、ボリュームたっぷりで合計13.4TNDでした。
チュニジアの人達はフランス語が堪能。母国語はアラビア語ですが、チュニジア人通しでもフランス語で話したりしています。
レストランのメニューもアラビア語とフランス語併記です。
P7222838.jpgP7222839.jpgP7222841.jpg


夕食後、夜のチュニスをお散歩。街灯がとても素敵です。
P7222842.jpg


これは大聖堂Cathedrale。
P7222843.jpg


今日は移動と暑さとでクタクタ。

エアコンの効いた涼しい部屋でゆっくり寝ます♪

シタデル地区

カイロの人気観光地『シタデル地区』に行って来ました。

シタデルとは、十字軍を打ち負かしたアラブの英雄サラディーン(ムスリム)が1176年に、対十字軍(キリスト教)の拠点としてモカッタムの丘に建設した城塞です。

サラディーンの死後も建設が進められ、マムルーク朝、オスマン朝、の時代を通して19世紀のムハンマド・アリの時代まで、長い間支配の中枢として機能してきました。

城壁内にはモスクや宮殿もあり、この地区一帯が観光地として開放されています。

メトロSayida Zeinab駅から歩いて町の様子を見ながら向かうことにしました。
エジプトのメトロは1EGP/名(どこまで乗っても同額)

Sayida Zeinab駅の近くにあるモスク、ガーマ・イッサイイダ・ゼーナブGaami' is-Sayyida Zaynab。
ゼイナーブZainabという女性を祀ったモスクなのですが、この女性はシリア・ダマスカスで一生を終えたという説と、カイロで一生を終えた説があり、こちらは後者に基づいて建設されたもの。
シリアの霊廟は既にダマスカスで訪問済み。Zeinab ダマスカス
P7102284.jpg


ひたすら歩き、シタデルを目指します。あんまり暑いのでちょっと休憩、そんなときはサトウキビジュース!
後に残らない爽やかな甘さで、後味はスイカを連想します。
サトウキビはこんなマシーンで絞ります。
でっかい機械だなー、と思っていたら、絞りたてなのにちゃんと冷えて出てきます。ただでかいだけではなく、そんな機能もあったのかー。
P7102290.jpg


ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーンGaami' Ahmad bn Tuuluun
バクダットのアッバース朝カリフの支配から独立し、エジプトにツゥールーン朝を開いたアフマド・イブン・トゥールーンによって879年に建てられました。カイロに現存する最古のモスクです。
P7102294.jpg


ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン。外から覗き見る。
なんとこのモスクのアザーン(お祈りの歌)はテープではなく生歌でした。
P7102295.jpg


ガーマ・スルタン・ハサンGaami' is-Sultaan Hasan。世界最大級のイスラム建築です。
P7102298.jpg


シタデルへ向かう途中、ローカルの住宅が並ぶ一角を通り過ぎました。
遠めに見えるシタデルの方向を頼りに進むも、この先は行き止まり・・・。
もと来た道を引き返そうと思っていると、住人の女性が自宅の中を横断させてくれ、無事反対側の大通りに出ることができました。
部屋の中に10人くらいの女性と子供が輪になってなにやらおしゃべりしながら座っていました。
皆『こんにちわ~』ととても元気に挨拶してくれましたヨ。
P7102297.jpg


綺麗に整備された丘を登れば、シタデル地区のチケットオフィス。
はぁ~、暑い。
チケット代は50EGP/名。これで敷地内のモスクや博物館など全ての施設に入場できます。
P7102299.jpg


ガーマ・ムハンマド・アリGaami' Muhammad Ali
カイロのランドマーク的存在。1857年にイスタンブールのモスクを真似て建設されました。
P7102300.jpg


靴を脱いでモスクの中へ。こちらは中庭。
P7102301.jpg


このモスクはランプやシャンデリア、それに天井の細工がとても綺麗。
P7102305.jpg


P7102306.jpg


天井の細工。派手だけど渋い。
P7102307.jpg


丘の上からカイロの町を眺める。
P7102312.jpg

このほか、敷地内にある軍事博物館や小さなモスクなどを見学。

それにしても体中の水分が蒸発するのでは?と思ってしまう暑さ。でもカラリとしているし、日陰に入ると心地よい風が涼しいので日本の夏よりはずっと楽だと思います。

Top|Next »

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。