Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テヘラン2

雪化粧の山がくっきり。
P4307922.jpg


ゴレスターン宮殿 Kakh-e Golestan
テヘランが首都になった直後、ガージャール朝の王宮として使われていた宮殿。
敷地内には7つの博物館があります。

競うように咲きみだれる花々。
P4307936.jpg



これは民俗学博物館、入場料4000 IRR/名。
古い民族衣装や生活用品が展示されています。
これは昔のチャイハーネ。
結構リアルな人形で、夜中に動き出しそう。
P4307928.jpg



ここはMarble Throne Terrace、大理石の玉座が置かれている部屋。入場料は3000 IRR/名。
シャーはここで民衆に謁見しました。
P4307948.jpg



昔の写真。人々が玉座にいるシャーに謁見しています。
P4307954.jpg



次はThe Mirror Hall。入場料4000 IRR/名。
P4307957.jpg


この宮殿は、ヨーロッパを訪問したシャーが西洋風建築に影響を受け、それをまねて造らせたもの。
この先はカメラ禁止でしたが、大広間のシャンデリアがゴージャスでした。
壁にはフランス王から贈られたタペストリーなどがかかっています。
ひとつひとつの調度品が一流品のオーラをかもし出しています。
ええものはやっぱこういうところにあるのやの~。



お次はImam Khomeini駅からメトロに乗ってDarvazeh Dowlat駅まで行き、そこからBRTという専用レーンを走るバスに乗り換え、エンゲラーブ広場 Md.Enghelabで下車。
ここから歩くこと30分・・・暑い・・・
P4307982.jpg



到着したのは絨毯博物館。1978年革命前にオープンした近代的な博物館。
イラン各地の有名産地から100以上のアンティーク絨毯が集められています。



巨大なカーペット。
P4307995.jpg



絨毯って、こういうふうに作るんだね。高価なわけだ。
P4307987.jpg



絨毯博物館を出て、バスに乗りエンゲラーブ広場に戻ってきた。
広場近くの食堂でチェロゥ・ケバーブを食べる。最近ケバーブばかり食べているばかりするけど、美味しい♪
ケバーブ・ライス2人分、コーラ2本で合計69000 IRR/名。
P4308019.jpg



スーパーで見つけた羊か山羊かわからないけど、頭と脚のセット売り。
肉は案外高価で、これで1300円くらいしました。
P5018039.jpg



The Acient Coin Museumという看板をたまたま見つけ、ダリオが古いコイン好きなのもあり、行ってみることにしました。SEPHA BANKが管理しています。入場料無料。
同じデザインのコインが多いですが、東西交通の通り道だったイランだけあって、すごい量のコレクションが所蔵されています。
P5018048.jpg


アレキサンダーのものや。
P5018045.jpg


新しいものではパフラヴィー王朝時代のコインまで。
P5018047.jpg



お次はトイレをかりようと立ち寄ったThe Post and Telegraph Museum 入場料無料。
トイレをかりるだけのはずが、なかなか楽しい博物館でした。
ここは世界中の切手・ポストのコレクション、昔の無線機器、アンティークの郵便事務の備品、昔の郵便配達人の写真などが展示されています。昔の郵便配達人って、馬と馬車で命をかけて配達していたのですね。盗賊に襲われ、多く郵便配達人が命を落としたそうです。その殺人現場の写真もいくつか展示してありました・・・

これは、ユダヤの印を破壊する子供の切手。イランは猛烈なアンチイスラエルだもんね。
P5018061.jpg


これは、イスラム革命第1回記念日の記念切手?
P5018055.jpg



戦時中の銃弾でボロボロになったポスト。後ろの写真はイラン・イラク戦争で亡くなった若者でしょう。
P5018057.jpg


そして、今日のメインイベント、宝石博物館 Muze-ye Javaherat。

ここは私たち2人ともテヘランで最も楽しみにしていたところ。

土曜~火曜、14:00~16:30しかオープンしていません。入場料は30000 IRR/名。

イラン・メッリー銀行の地下金庫にある博物館で、セキュリティーは非常に厳しく、荷物は入り口で預けなければならないうえ、写真撮影も禁止です。

とにかく、ものすごい宝石コレクションでした。トルコのトプカピ宮殿のコレクションをはるかに凌ぎます。

玉手箱をひっくり返したような宝石の量と、息を呑むような豪華さ。

一粒一粒の石が、大きい。
500円硬貨より大きい宝石もザラでした。

これほどのものとは思ってませんでした。

これらのコレクションはイラン最後の王朝であるパフラヴィー王朝が1979年のイスラム革命まで所有していたもの。

あまりに豪華なので、きっと代々の王朝から引き継いできた由緒正しき宝石なのだろうと思ったらば、なんとほとんどはオイルマネーを原資にロイヤルファミリーがここ200年で収集したコレクションなんだそうです。


『日本の支払った石油代金はこれに化けたんか~。国民にもう少し還元していたらね・・・。そら革命もおきるわ。』とダリオは思ったそうです。


以下代表的なコレクション。

左:孔雀の玉座。元々ムガル帝国のシャー・ジャハーンのために製作されたもの。
シャー・ジャハーンとは、あのタージ・マハルを作った建築フェチの王様で、国庫を傾かせてアグラ城に幽閉された王様です。
孔雀の玉座は元々アグラ城の謁見の間に設置されていましたが、その後イランのアフシャール朝のナーディル・シャーが1738年にムガル朝に侵攻し、1739年のイランへの凱旋に際して、ムガル朝のムハンマド・シャーから奪った多くの宝石とともに孔雀の玉座も持ち帰り、現在イランにあるわけです。
アグラ城の謁見の間には『ここにあの孔雀の玉座がありました。でも今はイランにあります』という注意書きが確かにありました。

二番目:ダリヤー・イェ・ヌール(光の海)。カットされていない世界最大のピンクダイヤモンド、182カラット
これもナーディル・シャーがムガル帝国からの戦利品として持ち帰ったもの。
光の山というダイヤとセットだったそうですが、イギリスに奪われ、現在はロンドン塔にあるそうです。
しかし、イギリスというのは世界中のお宝を奪ってきてるよね。ロンドンのナショナルミュージアムは別名『泥棒美術館』と呼ばれています。

三番目:地球儀。1869年ナーセルディン・シャーの命により製作されました。純金34kg、宝石総数51366個が用いられ、海はエメラルド、大陸はルビーで特にイランはダイヤモンドで表されている。直径66cm、ダイヤの台座で支えられています。

四番目:ファラー王冠。1967年、ヴァンクリーフ&アーペルによって製作。イラン最後の王妃、ファラー・パーレヴィ王妃が用いた王冠。ちなみに王妃は革命後国外に移住し、持ち出した財産で何不自由なく、パリで生活しているそうですよ。

201005020532479c1.jpg 20100502053246786.jpg 20100502053246cf1.jpg 201005020532467f1.jpg



いや~すごい宝石だったね~、と夢も覚めやらず繁華街をうろつく。



いつも大混雑のケーキ屋。今日は買ってみようと入店。
P5018068.jpg



色とりどりのケーキがたっぷり、さすがテヘランだね~。
イランのお菓子屋さんでは、種類ごとに値段がついているわけではなく、全ての品を箱に詰めた後に重さを量り、重量合計で値段が決まります。
P5018065.jpg


拳2つ分くらいの巨大シュークリーム×2、マカロンみたいなお菓子×2、プチケーキ×2、プラスチックのカップに入ったパフェで合計310000 IRR。
P5018067.jpg
  


最高に美味しい!!やはり地元の人で混んでいるお店は間違いないね。
イランのケーキの生クリームは、濃厚なお味です。
スポンジも卵の味が丁度よく、レベル高し!!!
P5018074.jpg


スポンサーサイト

テヘラン

朝のテヘラン。建物の向こうに雪が積もった山が見える、寒そ~。

今日はチェロウ・キャバーブ(チキンとビーフ)、2人前とコーラ2本で合計45000 IRR。
ナンに包んで食べてみたり、バターサフランライスと一緒に食べてみたり。ウマーー♪
P4297745.jpg


今日の観光開始。まずはアーブギーネ博物館(ガラス&陶器博物館) Muze-ye Abgine 入場料5000 IRR/名。
P4297807.jpg



瀟洒な洋館。建物はガシャーン朝時代のもので、1910年に当時の権力者ガヴァー・モッ・サルタネ家の邸宅として建てられ、エジプト大使館として使われていたこともあります。アール・ヌーヴォー様式とペルシア様式が融合した邸宅だそうです。
P4297804.jpg


ホールにむかうと、
素敵な階段。
P4297799.jpg




紀元前400年から現在に至るまでのさまざまな陶磁器やガラスが展示されています。
P4297753.jpg



私たちはガラス製品や陶磁器が大好き。見ているとウキウキします。
P4297754.jpg
 


なかなか見ごたえのある展示でした。
P4297796.jpg
 

ガラスを見て目の保養をした後は、お次はイラン考古学博物館 Muze-ye Bastan-e Iranへ行こう!!!

と歩道を歩いていると、クラクションを鳴らして横に近づいてくる自動車が・・・

そして助手席に座っていたイラン人のおば様が、大量の菓子パンが詰まった箱を窓から身を乗り出すように差し出して、食べなさい、食べなさい!と勧めてきました。

突然のことにびっくり!!!でも有難く一個ずつ頂戴し、美味しく食べ歩きしました。

こんなことがよくあるのがイランという国。
P4297814.jpg


さてさて、イラン考古学博物館 Muze-ye Bastan-e Iranに到着。入場料は5000 IRR/名。
ここには紀元前6000年から19世紀にいたるまでの、考古学的、歴史的に重要な美術品を集めたイラン最大の博物館。
イランでは遺跡から発掘されたお宝は、ほとんど全てテヘランで管理・展示されています。
遺跡のある現地では、外壁や箱物は見ることができても、細かい宝物は展示されていないのです・・・
これはB.C.11世紀ごろに繁栄したエラム王国のあった『チョガー・ザンビール』という場所から発掘された雄牛の背中。
楔形文字が刻まれています。
P4297818.jpg


これは先日私たちが見に行ったペルセポリスから発掘された大きな壁画。『謁見図』です。
真ん中に座っているのはダレイオス1世または息子のクセルクセス1世と言われています。
王の後ろは皇太子、その後ろはゾロアスター教の神官、その後ろの2人は王の護衛だそうです。
王の前にはメディア人の大臣、その後ろの2人は大臣の護衛だそうです。
この壁画はすごい迫力、やっぱり一番いい物はテヘランに運ばれてきてるんだね。
P4297824.jpg


P4297828.jpg


これもペルセポリスの門にあったもの、顔は人間、体は動物。
現地にあるものは顔が削られてしまっています。
ペルシアがイスラム教の国家になった際に、偶像崇拝を禁じるという理由から、この半人間のようなゾロアスター教の特徴を示す像のほとんどは破壊されてしまったという話です。
P4297858.jpg



ペルセポリスの階段のレリーフ。現地にあったのはレプリカだったのか・・・
P4297863.jpg


博物館を見ると、なんだか頭使うせいか疲れるよね~。



街をウロウロ。ナーン屋を発見、一枚買ってみる。2000 IRR/枚。
P4297893.jpg

石釜に
P4297894.jpg

ペタっと貼り付けて
P4297895.jpg

ひょいっとはずす
P4297896.jpg

いっちょあがり
P4297897.jpg

すごく美味しい!!!こんな釜で焼いているのだもの、当たり前だよね。
ピザを焼いてもうまかろうの~。



八百屋さんを眺める。
P4297910.jpg


並んでもいるものは日本と変わらない。
P4297911.jpg



これはスイカ屋さん。星型スイカのディスプレー、キュートだなぁ。
P4297912.jpg



テヘランは殺伐としていると聞いていたし、風紀委員もたくさん偵察していると聞いてみたのですが、予想外に明るく伸び伸びとした印象です。

2005年に現在の大統領になってから、コテコテのイスラム主義から、少し現実路線に切り替え、ソフトな方向にもっていっているようですよ。

女性達も法律の範囲内でカラフルでお洒落なファッションを楽しんでいるように見えます。

テヘランへ

市バスに乗って、長距離バスターミナル『テルミナーレ・カーヴェ』にむかいます。

バス代は500 IRR/名。やっぱりイランもバス代はとても安い。
P4287702.jpg

それでは、写真で振り返る今日の移動の様子。


9:30にバスターミナルに到着し、10:00発テヘラン行きのチケットを購入しました。バス代65000 IRR/名。
バス会社はSeiro Safarという会社。
イラン人に人気のある会社で、他のバス会社のカウンターは閑散としている中、ここだけは何人もの人が並んでいます。
確かに出発前に係員がやってきて、名簿と照らし合わせてチケットを確認したり、預け荷物に番号札をつけて引き換え券をくれたり、きちんと管理されている様子。

今日のバス、ピカピカだね。
P4287713.jpg


お菓子配布きたーー!!!
今日はキットカットみたいなのと、チョコパイみたいなのと、カステラみたいなのと、紅茶セット。
色々あって嬉しい。
P4287715.jpg



聖地ゴムを越え、何もない道をひたすら走る。
何も無いけど、すごい岩山の大きさだなぁ。
P4287724.jpg


16:58、テヘランの北にあるペイハギー・ターミナルに到着。



市バスに乗って1時間、テヘラン中心部のエマーム・ホメイニ広場に到着。
ここから歩くこと15分、Firouzeh Hotelにチェックイン
冷蔵庫、テレビ、ホットシャワー、朝食付で340000 IRR/室(360000 IRRから値引き後)。
トイレは共同です。そしてWifiは1時間8000 IRR, 1日30000 IRR。
P4287729.jpg



近所を散歩。炭火の石釜で焼くナーン屋さんを発見。早速一枚買ってみる、2000 IRR。
焼きたてのバゲットみたいで美味しい!!!
P4287732.jpg



今日は夕方到着のため、何もできませんでした。。。。

明日から少しずつ首都テヘランをウロウロしてみます。

これまでのルート

ずいぶん遠くまで来た気がするけど、まだまだ先は長い。。。


より大きな地図で いまここ を表示

エスファハーン2

エスファハーン四日目、明日はテヘランへむかうので今日でこの街も最後。

でも見たい場所は昨日までに全て行きつくしたので、今日は好き勝手にのんびりとブラブラしよう!!!

でもその前に・・・歯医者で治療費を支払ったし、ホテル代のお支払いもあるので、まずは両替屋に行きました。

レートは1ユーロ=13450 IRR。

さあ、本日のお散歩スタート。


まずは装飾美術館 Decorative Museumへ。入場料5000 IRR/名。
ここには昔の民族衣装、食器、宝石、絵画、布製品等が展示されています。
これは襟飾り、左は鋏入れ。見事なビーズワークです。
P4277645.jpg



1ドル札のデザインみたい。イルミナティか・・・。
P4277654.jpg



この本のようなものは、パカっと開けると鏡になっています。
P4277650.jpg



昔の女性の絵。この頃は既にイスラム教が国教のはず。なのに髪の毛を隠していないのが不思議。
どの絵見ても髪の毛を露出しているので、イスラム教も昔のほうが寛容だったのかな。
こちらの女性の絵画は、皆眉毛がつながっています。カモメ眉毛。
P4277659.jpg



しばし芸術品を鑑賞した後はランチ♪バーザーレ・エスファハーンのベルヤーニー屋さんへ行く。
P4277668.jpg



一昨日マスジェデ・ジャーメに行ったときに通り過ぎたお店ですが、大混雑の店内でとても気になっていたのです。
エスファハーンはヤズドと違って、食事の選択肢が多い♪嬉しい~♪
きたーーー!!! ウキウキ♪
奥がレバーペースト、手前がハンバーグのようなもの。ナンがフカフカ♪ウマーーー!!
ベルヤーニー二人前、ヨーグルトドリンクと付け合せのハーブで合計70000 IRR。
P4277665.jpg


エスファハーンに来てからというもの、あまりに見るべきものが多く、毎日たくさん歩きました。
今日の午後くらいはホテルで休憩しようということで、エマーム広場の噴水を通り過ぎホテルに戻ります。



部屋で休んでいると、外から太鼓や掛け声が聞こえてくる。窓から覗くと行進が。
P4277675.jpg

後からホテルの方が教えてくれたのですが、今の時期はちょうどファーティマという女性の亡くなった時期にあたり、イラン全土で彼女を偲ぶパレードが行われるそうです。
ファーティマという女性は、イスラーム教の開祖ムハンマドとその最初の妻ハディージャの娘で、メッカに西暦614年(シーア派伝)、または606年(スンナ派伝)に生まれ、ムハンマドが没した後まもなく632年メディナで没したそうです。
後世、彼女は女性が見習うべき理想の女性と称賛されているそうです。
彼女は、ムハンマドの従弟アリーと結婚し、彼との間に3人の息子と2人の娘をもうけました。
長男ハサン・イブン・アリー、次男フサイン・イブン・アリーの2人の息子がそれぞれシーア派の第2代、第3代エマームとして有名。夫アリーは第四代正統カリフであり、かつシーア派の初代エマームです。
ちなみにエマームとはイスラム教シーア派最高指導者のことです、西暦800年代に11代エマームが没した後、12代目となるはずだったムハンマド・ムンタザルが行方不明になってしまい現在まで『隠れエマーム状態』となっているそうです。
つまり、11代エマームを最後に現在までエマーム不在となっているのです。
隠れエマームである12代エマーム・ムハンマド・ムンタザルは最後の審判の時に再現し、人類を救済すると信じられています。



お昼寝の後、五つ星ホテルAbassi Hotelを見学。
2万円くらいで泊まれるホテルなので、我々も泊まってみる??という案もあったのですが、やっぱり今のホテルで十分。
家族経営なので、とにかく親切で気が利き快適。
帝国ホテルやホテルオークラといった雰囲気・・・
P4277683.jpg


P4277682.jpg



そして夕飯。今日は地元の人々にも人気というトラディッショナルレストラン、Shafrzard Restaurantに行ってみました。ここはエスファハーン到着初日にエマーム広場でお話をした生物教師のイラン人男性ご推薦のお店。
P4277688.jpg



ゴージャスな内装。
P4277690.jpg



Rice with barbarry & Chicken、Chelo Fessenian。
スープが2人前と、ミネラルウォータの大ボトルがついて合計130900 IRRでした。
P4277695.jpg

Top|Next »

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。