Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの移動と宿

ベトナムは、中越国境のモンカイ→ハロン湾の町バイチャイ→首都ハノイ→古都フエ→越羅国境ラオバオと移動しました。
訪問時期 2009年12月
当時為替 VND/JPY=0.005 USD/JPY=91

~~~移動~~~

●モンカイ~バイチャイ
(バス、70,000VND)
モンカイからはスピードボートでバイチャイに抜けられるはずなのですが、ガイドブックなしの我々は発見できず、道行く人に尋ねても英語が通じす、バスで移動することに。
道路は、まだまだ整備途中のようで、砂埃のデコボコ道と舗装された道が交互に続く旅でした。
PC131086.jpg

車内はACが寒いくらいに効いていたので快適だけど、延々と流れる演歌チックなベトナムポップスの大音量には耳栓必須です。
バスは道々お客さんを拾って行くので、時間が経つにつれ乗車率200%に!
通路にはお風呂使うみたいなイスが並べられ、さらに人の上に人が座るという面白い光景でした。
日本のODAで建設された橋を過ぎた辺りでバスから降ろされるので、待機しているバイタクを使ってバイチャイ市街まで移動。他に移動手段もなく、2台しかいなかったので残念ながら負けてくれず。20,000VND


●バイチャイ~ハノイ
(バス、100,000VND)
宿手配。
ハノイ行きのバス停は街から西に離れたところに在るので、そこまでの移動込み。
やっぱり大音量でTVが流れるバス。流れている映像は日本の70~80年代のようなお笑い番組で、言葉がわからなくても、なんとなくストーリーがわかる、ベタな展開でした。
ベトナム人たちは見入って大笑いしていた。ああいうの好きなのかな?


●ハノイ~フエ
(鉄道、430,000VND)
ベトナムの鉄道は軌道の幅が狭く、スピードがあまり出せないため、時には車に抜かされるくらいゆっくり走ります。
コンパートメントは4人部屋、同室のベトナム人のおっちゃんもドイツ人もナイスガイで快適でした。
チケットはハノイの鉄道駅窓口で買えます。
英語OKです。
ドル払いも出来ますがレートが悪いので、ドンを用意して行くことをお勧めします。
PC171350.jpg


●フエ~サバンナケート
(バス、351,500VND)
宿にて手配。
ラオバオ国境を経由してラオスサバンナケートまで。
乗り合わせた我々外人グループが国境で手続きしている間に、なぜかバスはローカルたちを乗せてサッサと出発してしまった!
少し先にある食堂で昼食をとっていることが後でわかるのだが、びっくりするから一言いってから出発してよ。。。
にんまりと、乗れ、乗れと言ってくる、バイタクのにいちゃんたちの誘いには乗らず、徒歩でこの先の休憩所へ。
PC211643.jpg


~~~お宿~~~

▼バイチャイ
失念。

▼ハノイ
STAR OLD QUARTERS HOTEL
(15USD/ダブル)
WIFIFree。
PC141140.jpg

▼フエ
ビンジュオンホテル
(20USD/ツイン)
経営者の奥さんが日本人です。部屋もきれい。
PC181393.jpg
スポンサーサイト

ベトナム ダイジェスト

世界遺産ハロン湾へのクルーズで賑わうバイチャイは、シーズンオフでお客さんほとんどナシ!
国境からの移動中、それらしい景色をみた我々、それで満足してしまったのでチャッチャと移動することに。


ハノイは待ち歩きが楽しいです。
ほかのアジア諸国にもいえることですが、道路の上にもはみ出すようにして生活が展開しています。
ひょいっと引っ掛けた天秤から、道具一式を取り出してイスを並べれば、そこはもう屋台。
お気に入りの店を見つけると、楽しくなります。
PC171321.jpg PC151193.jpg PC151241.jpg
PC161259.jpg PC171335.jpg PC171322.jpg



ホーチミン博物館。
世界三大ガッカリ博物館に認定!
でも国民には英雄。写真を撮るオッちゃんとオバちゃんの嬉しそうな顔が印象的でした。
PC161270.jpg PC161298.jpg


古都フエ
雨漏りした部分の柱が腐っていて、保存状態が著しく悪い。
内戦時に省みられることのなかったこの遺跡は、現在修復が進んでいます。
PC181389.jpg


フォンニャ洞窟
我々にしては珍しく観光しました。
実は、ダリオが洞窟好きなのです。
高知の龍河洞や、沖縄の玉泉洞に行きましたが、ここのは内部の空間が広くてなかなか面白いです。
PC191446.jpg

こんなに大きな鍾乳石
PC191472.jpg

ボートで洞窟内部に乗り込みます。子供の頃にTVでやってた、カワグチ探検隊な気分になれます。
同じ船だったロシア人のカップルは、ビデオ取りながらナレーション入れてたから、気分は同じなんだろうな~。
我々にもカメラを向けてしゃべってたから、「我々は今、フォンニャ洞窟の入り口に来ている!この前人未到の洞窟にはナンタラカンタら・・・では勇気ある隊員たちを紹介しよう!!」とでもやってたのかな。

PC191417.jpg PC191452.jpg PC191447.jpg

PC191432.jpg PC191467.jpg

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。