Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールウェイ

2010年11月に、ダブリンからゴールウェイGalwayという街まで移動しました。


今日のバス会社はダブリン-ゴールウェイ間のシャトルバスを運行する『GoBus』。
ピックアップポイントはGeorge's Quay、前もってのチケット購入は不要でした。
トイレ、WIFIの付きで料金は10ユーロととても良心的です。
11:15ダブリン出発、羊だらけののどかな景色を眺め、13:50にゴールウェイのNew Coach Stationに到着しました。
PB233264.jpg 


到着後、バスターミナルのすぐ前にあるツーリストインフォメーションセンターで翌日のツアーを予約し、ブラブラと徒歩で宿を目指します。

とここで、少しだけゴールウェイの紹介(Wikipediaより)。

ゴールウェイ (Galway、アイルランド語:Gaillimh)は、アイルランド共和国西部の都市であり、ゴールウェイ州の州都。

ゴールウェイ湾の北東の一角に位置し、市内をコリヴ川が流れます。

市の名前の由来は、アイルランドのガリヴ(Gallibh)、「外国人の町」(外国人、Gallから)。

中世にゴールウェイは14のアングロ・ノルマンの一家、ゴールウェイの'部族'の寡頭政治によって統治され、フランス、スペインとの国際貿易で栄えたので、街中に外国人がたくさんいたのでしょうね。

ゴールウェイには、アイルランドの伝統的な言語、音楽、歌、踊りが残っており、『アイルランドの伝統文化の中心地』と呼ばれています。

街はゲールタハト(アイルランド語使用地域)の入り口に位置し、町中では2言語による道路標識や店の看板をみることができます。

ちなみにアイルランドの第一公用語は英語、第二公用語はアイルランド語(ゲール語)ですが、大半の国民は英語で会話をします。



ときたま可愛らしい藁葺き屋根を見かけます。
PB233266.jpg


宿に到着。Desota House Bed and Breakfast、住宅地にある普通の民家です。
テレビ、ティーメーカー、バスルーム、冷蔵庫、ドライヤー、WIFI、アイリッシュブレックファストが付いて45ユーロ/室。
PB233267.jpg PB233268.jpg


アンティークのミシンを改造したテーブルがとても素敵です。
この価格でこれだけ居心地の良い部屋、お得だね~。
PB233269.jpg PB233270.jpg


ゴールウェイはアイリッシュミュージックの本場。ということで、アイリッシュパブへ繰り出しました。
お店は『Tig Coili Pub』
PB233280.jpg 


美味しいビールを楽しんでいると、生演奏がスタートしました。
演奏メンバーは固定ではなく、たまたまお店に居合わせた人達が即席で演奏するそうです。
PB233290.jpg


踊りだしたくなるように陽気な、小気味よいリズムの曲もあれば、一転、フィドルの音色にのせて響く、哀愁漂う歌声は、郷愁を誘います。
バグパイプやアコーディオンから奏でられる優しい音は、何処か懐かしく、耳に自然に染みこむ様に聞こえてきます。
PB233291.jpg


アイルランドって、こんな風にハンチング帽を被ったオジサンがたくさんいるんですよ!
ハニコにとっては、アイルランド男性=ハンチング帽というイメージなので。
PB233296.jpg


街はすっかりクリスマス仕様。
PB233307.jpg


ダブリンでのまずいフィッシュ&チップスの記憶を払拭するために、美味しいと評判のお店でフィッシュ&ポテトを買ってみた。
なんでもこのお店は、バターで魚を揚げるのだって。
元々は魚屋さんだったのだけれど、漁師たちにシチューをだしてみたらば大好評で、レストランに商売替えしたそうです。
PB233312.jpg


大きなフィッシュフライ、たっぷりのフライドポテトとオニオンフライで11ユーロほど。
バターの風味が香ばしく、とっても美味しい!!!
ダブリンで食べたフィッシュ&フライはイマイチだったけども、調理の仕方によってずいぶん味が変わるものだね。
PB233313.jpg PB233315.jpg

翌日はバスツアーに参加し、ゴールウェイ近辺の観光をしました。

まずは『バレン高原 The Burren』にやって来ました。
『石の多い場所』を意味する『バレン Bhoireann』という言葉がバレン高原の語源となったそうです。
見渡すかぎり石灰岩の大地、昔飢饉がおきた際にはこの辺りに暮らしていた人々の多くがアメリカに移住したそうです。
クロムウェルは拷問の方法を考えるのに、『バレンには、人を吊るす木もなく、溺れさせる水もなく、生き埋めにする土もない』と途方に暮れたともいいます。
こんな大地ですが、実は野生動物や植物の宝庫なんだそうですヨ。
これは『巨石墳墓 Poulnabrone portal dolmen 』、別名『巨人のテーブル』とも呼ばれます。
紀元前3800年から3200年頃につくられた古代人の墓だといわれて、バレン高原にはこういった巨石墳墓が70以上あるそうです。
PB243322.jpg 


石だらけのアイルランド、こうして石を積み重ねた低い壁で土地が区切られています。
PB243326.jpg 


『レーマナー城 Leamaneh Castle』、幽霊城として恐れられている廃墟です。
1650年頃、ここには赤毛のメリーという婦人が住んでいたそうです。
元々は良き妻であり母であったメリーは3人の男性と結婚しました。
2人目の夫がクロムウェル侵攻軍に殺されると、土地を確保するために敵である英国軍の兵士と再婚します。
しかしやがてメリーは、3人目の夫を塔から突き落として殺し、土地を息子に相続させたそうです。
その後、召使を陰惨な方法で殺害したり、自身も悲惨な死を遂げたそうです。
PB243329.jpg 


『モハーの断崖 The Cliffs of Moher』にやってきました。
アイルランド語では『不滅の崖 Aillte an Mhothair』を意味するそうです。
大西洋からそびえ立つ崖の高さは最高地点では214mでアイルランド中でも壮観な眺望を誇ります。
PB243336.jpg 


恐ろしい断崖絶壁だのぉ。
PB243345.jpg 


やはりここも自殺の名所なのだろうか。
PB243352.jpg 


左に見えるのはアラン諸島、アランセーターで有名な島です。
PB243356.jpg 


ランチのため、ドーリンDoolinという街のパブに立ち寄りました。
PB243375.jpg 


のどかで小さな街、なかなか良いではないですか。ここは夏には音楽で盛り上がる場所だそうですよ。
PB243377.jpg


こんにちは。
PB243388.jpg


けっこうかわいい顔してる。
PB243386.jpg 


毛並みツヤツヤの黒猫さんと遊ぶ。なつっこくてかわいい!呼んだら走ってきました。
PB243389.jpg 


ドーリンを出発し、次はこんなゴツゴツの海岸線にやってきました。
どこもかしこも岩だらけ、こんな荒々しい風景はいままで見たことなかったのでとても新鮮です。
昔読んだエミリ・ブロンテの小説『嵐が丘』を思い出すなぁ、あれはイギリスのヨークシャーが舞台だけどね。
PB243393.jpg 


『ダングアイア城Dunguaire Castle』
1520年にスコットランドの氏族により建てられた城だそうです。
PB243401.jpg 

16:30、もう日が沈む~。
PB243403.jpg 


ゴールウェイの街に戻ってきました。駅前の広場ではクリスマスマーケットが開催されています。
軽食や雑貨の屋台がずらりと並び、子供用もメリーゴーランドも。
PB243407.jpg 


街もクリスマス仕様でウキウキだね。
PB243409.jpg 

今日もよく遊びました。寒かったナ~。
スポンサーサイト

ニューグレンジ

2010年11月、ダブリン出発のバスツアーに参加した日のお話です。

いくつかのツアーから私たちがチョイスしたのはMary Gibbons Tour、60歳代(多分)のアイルランド人女性がコンダクターをする一番人気のツアーです。

前日にツーリストインフォメーションセンターで予約をし、お値段は35ユーロ/名(入場料込み)とちょっとお高め。しかしここはヨーロッパ、仕方あるまい。

さて、バスは10:15にピザハットの前で私たちをピックアップし、その後いくつかのポイントでお客さんをひろって出発です。

今日のお客さんは50人程、Maryさんすごいっ、大人気だね~。


ニューグレンジに行く前に、一箇所バスを降り立ち寄った場所がありました。
こんな静かな壁沿いを歩き・・・
PB223187.jpg 


やってきたのは『タラの丘(英語:The Hill of Tara、アイルランド語:Teamhair na Rí)』
PB223202.jpg 


アイルランド東部、ミース州の町、ナバンの南郊にある丘で、ケルト人の上王(大小の諸国で構成される連合国家の王)の戴冠式が行われたといわれます。

世襲の王族をもたなかった古代ケルト人は、各地方の豪族達のなかから最も人望のある者を上王として立てました。

上王はタラの丘に居を構え、祝祭、裁判、市を主催し、世界中からたくさんの人々がここタラの丘を訪れ、11世紀頃までケルト人の政治的、宗教的な中心地だったそうです。

今は何もない草原ですが、繁栄の時にも苦難の時にも、ケルト民族が立ち帰る神聖な場所、『アイルランド人の心の故郷』といわれる丘なのです。


PB223203.jpg 


『風と共に去りぬ』のスカーレットが生まれ育ったのはアメリカのタラという架空の場所で、ここ『タラの丘』に由来します。

こんな綺麗ですが、地面は羊のウンコが所狭しと落ちているので、絶対にコケてはいかん!!
雨の多いアイルランド、タラの丘の草原もかなり湿ってツルツルしていたため、2,3人の女性が転んで泥だらけになっていました・・・かわいそうに・・・。


タラの丘を出発し、しばらくバスに乗り今日一番の観光ポイント『ニューグレンジ』にやってきました。
まずはオフィスでチケットを貰い、橋を渡ってしばらく歩きミニバス発着地に向かいます。
ニューグレンジ遺跡は完全に保護されており、一般人が簡単には近づけないようになっているため、数キロ離れたオフィスから専用のミニバスで遺跡の近くまで行きます。


オフィスからバス乗り場に行く途中に橋を渡りました。
これは『ボイン川 The River Boyne』。
全長が112kmと短いにもかかわらず、ボイン川は歴史的、考古学的そしてケルト神話の上でも重要な舞台となっています。 1690年7月1日、ウィリアム3世率いるイングランド・オランダ連合軍と、退位させられたジェームズ2世率いるスコットランド軍の間に行われた戦い『ボイン川の戦い Battle of the Boyne』でも有名です。
PB223215.jpg 


アイルランドは湿地と岩だらけ。土地もやせているだろうし、暮らしにくいところだなぁとつくづく思います。
PB223220.jpg 


冬は相当底冷えしそう。
PB223221.jpg 


さて、ミニバスに乗りニューグレンジ遺跡のすぐ近くまでやってきました。
ニューグレンジ遺跡の周囲は、のどかな風景がひろがります。
PB223227.jpg 


周囲がグルリと見渡せます。写真中心からちょっと右下にある小さな山も遺跡です。
PB223228.jpg 


丘の上にあるのが超古代遺跡『ニューグレンジ(英語: Newgrange、アイルランド語: Sí an Bhrú)』。
世界遺産に登録されています。

PB223229.jpg 


ニューグレンジは、今から約5000年前、紀元前3100年から紀元前2900年の間に建設されました。

放射性炭素年代測定によれば、エジプトのギザの大ピラミッドよりも500年ほど古く、ストーンヘンジよりも約1000年先行しているそうです。

ニューグレンジは発掘時に人骨が発見されたことから、死者の埋葬地、墓として使用されていたという説が有力ですが、宗教儀式の場だったという説もあります。

発掘から5000年もたっているのだから、長い年月を経るうちに使用目的も様々に変更したのでしょうね。


構造はこの通り。
専属の係員の案内で、長い廊下を通り、内部の部屋を見学することができます。
とても狭い部屋で、一度に見学できる人数は25人まで。
PB223230.jpg 


これが内部への入り口です。
この渦巻き模様がニューグレンジ遺跡の特徴。
マルタ島で見た『ジュガンティーヤ遺跡』も模様とそっくり!
Maryに質問してみると、同時代の遺跡だが関連性はないと考えられているとの答え。
けれど、詳しくは不明との事でした。なんせ古い時代のものだものなぁ。。。。
もし関連性がないとしても、違う場所で、同じモチーフを石に刻んだ太古の人々がいたことは、とても面白いし、ロマンがあると思いました。
PB223234.jpg 


こんな狭い廊下を、背中を丸くして歩いて行きます。
内部は写真撮影不可なので、以下内部の写真はKnowth.comさんから拝借。
PB223235.jpg 


長い廊下の先は、こんな小さな部屋。ここが何らかの儀式が行なわれた中心部だったそうです。
1年で最も日が短い冬至の明け方、太陽光が長い廊下に真っ直ぐ入射し、この部屋の床を短時間だけ照らすように建設されています。
ツアーの最後に、係員さんが電気を消して、その様子を再現してくれました。 (写真はKnowth.com)
PB223236.jpg 


そしてすごいのは部屋の天井。修復されたことがなく、5000年前からまったく手をつけていない状態だそうです。
5000年間雨漏りもしたことのない天井は、石がミルフィーユのパイ生地のように重なっています。
(写真はKnowth.com)
PB223237.jpg 


内部を見学できるのは、たったの10分。とても狭くて酸欠になりそうなので、これで十分・・・
あとは遺跡の廻りをグルリと見学。小石を積み重ねた外壁は、発掘後に修復がなされたそうです。
PB223239.jpg 


遺跡をあとにしてバスに乗り込み、ツアコンMaryさんの止むことのない弾丸トークををバックミュージックに爆睡していると、あっという間、16時過ぎにダブリンに戻ってきました。
クリスマスツリーの後ろは中央郵便局。
PB223251.jpg 


街はすっかりクリスマス仕様。買い物客で賑わいます。
PB223253.jpg 

では。

ケルズの書-ダブリン

2010年11月、ダブリンで『ケルズの書』を見た日のお話です。

ダブリン滞在2日目の今日、何よりも先にまずやるべきことは、いまいちな宿をチェックアウトし引越しをすること


リフィー川を渡り、ダブリンの南側へトコトコ。
PB213135.jpg


ダブリンは都会だねぇ。
PB213137.jpg


歩いていてよく目にするのが『借主募集中』や『売出し中』の看板がかかった不動産。
アイルランドの財政危機は、不動産バブルがはじけて膨れ上がった不良債権を抱えた銀行を国家が救済したことが原因。
一時の不動産価格は5倍にも跳ね上がって、猫も杓子も不動産投機に走りましたが、今は二束三文。 宴の後です。
PB213138.jpg PB213139.jpg 


ここでちょっとダブリン情報。(wikipediaより)

ダブリン Dublinは、アイルランド島東部の都市で、アイルランド共和国の首都。

アイルランドの政治・経済・交通・文化の中心地であり、アイルランドの全人口の三分の一がダブリン首都圏に集中するアイルランド国内唯一にして最大の都市である。欧州有数のグローバル都市であり、重要な金融センターの一つになっている。

2世紀のアレクサンドリアの地理学者プトレマイオスの文献にエブラナとしるされている地が現在のダブリンとされる。

住民であるケルト人は291年、レンスター軍との戦いで勝利をおさめた。ダブリンのアイルランド語の名称ブラー・クリーは、この勝利のあとにつけられた名称と考えられている。

ダブリンは、アイルランドの歴史の中でしばしば重要な役割をはたしてきた。

450年ごろにパトリキウスによってキリスト教に改宗。

9世紀半ば頃、リフィー川から攻め上がってきたノルマン人ヴァイキングが、ここにあったケルト人の町を破壊して城砦を築き、これをゲール語で「黒い水たまり」を意味する「ドゥヴ・リン」Dubh Linn と呼んだのが町の英名の由来とされている。
現在のダブリン城の地下にはその当時の遺構がうかがえ、またこの城の裏の庭がそのかつて「黒い水たまり」と呼ばれていた地域である。

これにつづく3世紀の間、アイルランドの住民はデーン人からたびたびダブリンを奪回した。

1171年、デーン人はイングランドのヘンリー2世にひきいられたアングロ・ノルマン人によって追放された。

ヘンリー2世は翌1172年にダブリンに宮廷をおき、ここをイングランドの都市ブリストルの属領とした。

こうしてダブリンはイングランドのアイルランド支配の拠点となったが、1534年に反乱がおき、アイルランドの愛国者フィッツジェラルドが一時支配した。

17世紀、イギリスのピューリタン革命の間、ダブリンはクロムウェルの議会派勢力に包囲された。

1798年のアイルランド民族主義組織ユナイテッド・アイリッシュメンの蜂起に際してはダブリン攻略の試みは失敗し、1803、47、67年にも蜂起がくりかえされた。

1916年と19~21年のアイルランド蜂起では、ダブリンははげしい戦場となっている。

歴代のアイルランド王や有力者、またアイルランドを植民地支配したイングランドもダブリン城に行政の拠点を置き、アイルランド独立にいたるまでアイルランドの行政と政治の中心であった。

現在も、市の中心部のメリオン通りおよびメリオン・スクエア周辺にアイルランド共和国政府の議会や主要官庁が立ち並び、アイルランドの政治・経済・文化の中心として栄えている。



続きです。新しい宿はLe Cirk Hotel。
テレビ、バストイレ、電気湯沸かし器、コーヒー・ティーセット、WIFI、美味しい朝食が付いて40.5ユーロ/室。
とてもお得感の高い宿です。唯一の欠点はエアコンの調子が悪く、とても寒いこと。
PB213155.jpg PB213157.jpg


さて、今日はダブリンで最も観光客が訪れるスポットに行きました。
それはここトリニティ・カレッジ。
PB213153.jpg 


トリニティ・カレッジ(英語:Trinity College、アイルランド語:Coláiste na Tríonóide, Baile Átha Cliath)はアイルランド共和国の首都ダブリンにあるアイルランド最古の大学で、400年以上の歴史と伝統を誇ります。

正式名称は、ダブリンにおけるエリザベス女王の神聖にして分割されざる三位一体大学 The College of the Holy and Undivided Trinity of Queen Elizabeth near Dublin。 
←なんじゃこれ。。。

1592年にエリザベス1世の勅令によって入植者・官吏・国教会子弟の高等教育のために設立されました。

オックスフォード大学やケンブリッジ大学と並び、英語圏最古の7大学のひとつです。

設立当初はダブリンに暮らすプロテスタント(国教会)にのみ入学が許されていました。

18世紀にアイルランドにおけるカトリックの差別撤廃が進むと、1793年にカトリック教徒の入学も許可されるようになりました。
これはイギリス本土ケンブリッジ大学やオクスフォード大学よりも早く、それらの大学のモデルとなったのです。

1873年には入学の際に信教を問われる事はなくなりましたが、少なくとも1980年代までは、教区の司祭の許可書提出を求められる場合もありました。

1904年には女性の入学が認められたが、これはアイルランドにおいて初めてのことでした。


大学の構内。すっかり冬、寒いっ!
PB213150.jpg


石造りの伝統ある建物が並びます。
PB213149.jpg 


お目当てものは、ここトリニティ・カレッジ図書館に収蔵されています。入場料は9ユーロ/名。
トリニティ・カレッジ図書館は、アイルランドにおける最大規模の図書館で、エジプト時代のパピルスをはじめ、計500万の書籍を収蔵。イギリス、アイルランド両国で発行された書籍について、全てを無償で請求できる権利とともに、自由に複写する事ができる特別な権利を有しています。
PB213142.jpg 


そして、ここに収蔵されている最も重要なお宝は『ケルズの書』。

『ケルズの書 The Book of Kells』は、8世紀に制作された聖書の手写本。

「ダロウの書」、「リンディスファーンの福音書」とともに三大ケルト装飾写本のひとつとされ、アイルランドの国宝となっており、世界で最も美しい本とも呼ばれます。大きさは縦33cm、横24cm。

豪華なケルト文様による装飾が施された典礼用の福音書で、四福音書(マタイによる福音書、マルコによる福音書、ルカによる福音書、ヨハネによる福音書)が収められています。

聖コルンバの偉業を称えるために、スコットランド、アイオナ島のアイオナ修道院で制作が着手され、その後アイルランドのケルズ修道院で完成されました。


皮に細かい絵が描かれ、一針ずつ丁寧に綴じられた1200年前の本。
この時代の宗教画は、聖人やキリストの顔が完全にアラブ人に表現されているのが興味深いです。
450px-KellsFol292rIncipJohn.jpg

460px-KellsFol032vChristEnthroned.jpg


図書館の2階にある古い図書室『Long room』を見学し、お次はアイルランド国立博物館へ。
ここのお宝は『タラ・ブローチ Tara Brooch』
8世紀に作られたもので、1850年にアイルランドのタラの丘付近から発掘されました。ケルト金工芸術の最高傑作といわれます。 古代から中世初期にかけて、ケルトの騎士達が重たいマントを肩や衿元で留めるために、頑丈な針を備えた大きなブローチがさかんに作られたそうです。
450px-Ireland_2010_etc_029_(2).jpg 



街をぶらぶら。雨が多いアイルランド、ひとつだけ良いのはしょっちゅう虹が見れること。
写真ではうまく撮れないのですが、色のくっきりした綺麗な虹。
PB213166.jpg 


今日の夕焼けは見事!
PB213170.jpg 


港までやってきましたが、寒いのなんの!鼻水がタラリ・・・
早く宿に帰って、お布団に包まろうっと!
PB213171.jpg 

ダブリンに到着

楽しかったイタリアとお別れし、アイルランドへと向かった日のお話です。


朝のローマ・テルミニ駅。レオナルドエクスプレスでフィウチミーノ空港へ。
所要時間は30分、なのに運賃は8ユーロ、高い~!!!
PB203103.jpg PB203105.jpg


今日の飛行機はAER LINGUS、EI403ローマ→アイルランド・ダブリン。運賃は100ユーロ/名でした。

この飛行機会社は飲食サービスが全て有料。

今までの経験からは割高な有料サービスを利用する乗客は少数派。

おまけに、乗客の殆どが破綻しそうな国アイルランドの人々なので、皆さぞ倹約するのだろうと思ったらば大違い!!!
 
皆、買うこと買うこと!!!

高~いサンドウィッチやジュースが飛ぶように売れて行きます。

隣のアイランド女性は、不味そうなサンドウィッチ2つと白ワインの小ボトル2本で27ユーロも払っていました。

有り得ーん、どこが不景気なんだ!

PB203107.jpg PB203109.jpg


飛行機は12:40(定刻12:00)離陸、14:55(定刻14:25)にダブリンに到着しました。

アイルランドの入国審査はイギリス並に厳しいという噂で、過去には復路のチケットを持っているのに入国拒否された日本人もいるそうです。

だけど、審査では滞在期間と目的、出発地(ローマ)、同行者の有無を聞かれただけでアッサリ入国できました。

前に並んでいた外国人たちは、行き先などをかなり詳細に質問されていたので、これも日本のパスポートの威力なのか?結局は担当官次第ですね。

ここでちょっとアイルランド基本情報をどうぞ(外務省HPより)。

国名:アイルランド(Ireland)

一般事情

1.面積 7万300平方キロメートル(北海道とほぼ同じ)

2.人口 約447万人(2010年4月アイルランド中央統計局推定)

3.首都 ダブリン(約121万人、2010年4月アイルランド中央統計局推定)

4.言語 アイルランド語(ゲール語)及び英語

5.宗教 約87%がキリスト教徒(カトリック)

6.略史

年月 略史
1801年 英国がアイルランドを併合
1919~1921年 独立戦争
1922年 英連邦内の自治領として発足。アイルランド自由国憲法制定(北アイルランドは英国領にとどまった。)
1937年 アイルランド憲法(現在の憲法)制定(大統領制の導入)
1949年 共和制を宣言(英連邦離脱)
1955年 国連加盟
1973年 EC加盟
1998年 北アイルランドの和平合意成立
2007年 北アイルランド自治政府再開

政治体制・内政

1.政体 立憲共和制

2.元首 メアリー・マッカリース大統領(2004年11月就任(2期目)。任期7年、最高2期)

3.議会 二院制(下院優位。下院166議席(任期5年、解散あり)、上院60議席)

政党名 下院 上院
与党 共和党 70 28
緑の党 6 3
無所属 3 -
その他共和党会派離脱無所属議員
(政府案に通常賛成する議員) 3 -
野党 統一アイルランド党 51 15
労働党 20 6
シン・フェイン党 4 1
無所属・その他
(政府案への反対の傾向が強い議員) 4 7**
合計 161* 60

* 166議席に足りない分は、議長1席及び欠員4名。


** 上院の無所属議席7席に与野党の判別はなく、ケースにより政府案に賛成するか否か判断する。
(2010年11月時点)

4.政府

共和党、緑の党による中道連立政権。

(1)首相 ブライアン・カウエン(共和党)

(2)外相 ミホル・マーティン(共和党)

5.内政

経済悪化を背景に、与党共和党の支持率は昨年史上最低を記録。その後も低迷が続いている。政府は、2009年10月以降、リスボン条約再国民投票の可決、緑の党との連立政権基本政策改訂、金融安定化政策の一環としてのNAMA法案(バッド・バンク法案)の成立、大幅な公共支出削減を盛り込んだ2010年度予算の成立など難題に取り組んだ。今年に入り3名の大臣が相次いで辞任し、3月にカウエン首相は内閣改造を実施した。元共和党の下院議員の辞職もあり、11月現在、与野党の議席数の差は3と逼迫している。そのような中、財政赤字GDP比3%以下を達成するための財政4カ年計画の策定及び2011年度予算案の作成が目下の課題。

11月から来年にかけて下院補欠選挙の実施が見込まれている。

外交

1.外交方針

(1)EU 1973年にEU(旧EC)加盟。EUを重視。

(2)多国間外交

第二次世界大戦前から中立政策を掲げ、北大西洋条約機構(NATO)非加盟(NATO平和のためのパートナーシップ(PfP)には1999年から参加)。国連平和維持活動(PKO)に積極的に参加しており、国連待機制度で850名まで要因派遣が可能。

2.軍事力

(1)国防費 約8億2,250万ユーロ(2009年度予算)

(2)兵役 志願制

(3)兵力 9,933名(ただし、予備役は含まない)

(陸軍 8,095、 海軍 1,037、 空軍 801人:2009年国防省年次報告書)

経済

1.主要産業 製造業(電子・電気、化学)、酪農畜産業

2.GDP 2,223億ドル(2009年、IMF)

3.一人当たりGDP 49,863ドル(2009年、IMF)

4.経済成長率
          2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
経済成長率(%) 4.7    6.4    5.7    6.0   ▲3.0  ▲7.6


5.物価上昇率(年度末%)
          2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
物価上昇率(%) 2.4    2.0    3.0    3.2    3.1  ▲2.6


6.失業率
          2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
失業率(%)     4.6    4.5   4.3    4.4    4.5    6.1   11.8


7.総貿易額

(1)輸出 1,159億ドル(2009年、国連貿易統計)

(2)輸入 622億ドル(2009年、国連貿易統計))

8.主要貿易品目

(1)輸出 医薬品、有機化学品、コンピュータ

(2)輸入 その他航空機・スペースクラフト、日用品、石油、部品

9.主要貿易相手国(輸出:国連貿易統計(2009年)、輸入:EUROSTAT(2009年))

(1)輸出 米、ベルギー、英、独、仏、西、蘭、伊、スイス、日、中

(2)輸入 英、米、独、蘭、仏、中国、ベルギー

10.通貨 ユーロ

11.経済概況

2010年のGDPはプラス成長が見込まれていたが、10月の経済社会研究所(ESRI)予測ではマイナス成長に下方修正された(10年の推定GDP成長率▲0.25%、11年2.25%)。政府は銀行救済、財政安定化、国際金融市場の信頼回復という課題を抱え、財政赤字削減のための厳しい緊縮財政に取り組むとしている。

二国間関係

1.政治関係

(1)日アイルランド関係

伝統的な友好国である(第二次世界大戦中、アイルランドは英連邦の一員であったにも拘わらず中立政策を維持した)。

(2)外交関係開設50周年

日本とアイルランドは1957年に外交関係を開設し、2007年に50周年を迎えた。同年には両国において様々な記念すべき行事が行われ、2007年1月よりワーキング・ホリデー査証制度が導入された。(2009年度の実績:日本のアイルランドに対する査証発給数は35、アイルランドの日本に対する発給数は164。)

2.経済関係

(1)貿易額・主要貿易品目(財務省貿易統計、2009年)

日本にとってアイルランドはEU27ヵ国中、第14位の輸出相手、第5位の輸入相手であり、日本の輸入超過(2009年)。アイルランドからは主に有機化合物、光学機器、医薬品等を輸入。日本からは有機化合物、医薬品、乗用車等を輸出。

対アイルランド貿易額(単位:億円) 年 日本からアイルランド アイルランドから日本 輸出入の差異
2004年 2,145 4,107 -1,962
2005年 2,132 4,153 -2,021
2006年 1,905 4,059 -2,154
2007年 1,880 4,824 -2,944
2008年 1,323 4,300 -2,977
2009年 700 4,348 -3,648

(2)投資(日銀国債収支統計、2009年)

日本の対アイルランド投資は、アイルランド政府が企業誘致優先分野として掲げるICT、製薬、生命科学、研究開発(R&D)及び金融、またこれまでアイルランドの成長の源泉であった製造業等多岐に亘る。アイルランドから日本へは、医薬品関連への投資が行われている。

直接投資フローの推移(単位:億円) 年 日本→アイルランド アイルランド→日本
2004年 704 62
2005年 -120 -133
2006年 -268 149
2007年 -725 -222
2008年 -155 1,597
2009年 284 -236

3.在留邦人数 1,499名(2009年)

4.在日アイルランド人数 1,059名(2009年、法務省統計)

5.訪問者数

(1)日本からアイルランド 11,000人(2009年日本政府観光局)

(2)アイルランドから日本 10,450人(2009年日本政府観光局)



さて、続きです。
空港を出ると、すぐ目の前からダブリン中心地へのダイレクトバス(6ユーロ)が出ていますが、ローカルバス(16A)に乗車。運賃は2.2ユーロ/名。
PB203111.jpg PB203113.jpg


宿はネットで予約していたAbbey Court Hostel、バスルーム、WIFI、朝食付きで79ユーロ/室。
週末なのでとても割高です。部屋は狭いし、あまり綺麗ではないし、他にもっといい宿はあります。
PB203114.jpg PB203115.jpg


荷物を置いて街をブラブラ。景気が悪く、皆さん下を向いてあるいているのかと思ったらそんな様子は微塵もありません・・

レストランもパブも満員、街中にはショッピングをして山ほど荷物を抱えた人々が闊歩し、皆の表情もとても明るい。。。

クリスマスシーズンで一時的なのかもしれませんが、消費活動の活発な国で、想像とあまりに違いびっくりしました。
 
この国は、本当に破綻しそうなの???

PB203116.jpg


美味しいと評判のフィッシュ&チップス屋に行きました。次から次へとお客さんがやってきます。
山盛りのフレンチフライと、ずっしりと重い鱈のフライで9ユーロ。ずいぶん高いなぁ。
アイルランドは物価がとても高い国。日常の食材や雑貨、公共の乗り物運賃まで全てが割高です。
肝心の味ですが、ホクホクと美味しいけど、少々油っぽいかな。
PB203120.jpg PB203125.jpg


アイルランドといえばアイリッシュパブ、ダリオはこれをとても楽しみにしていました。
どこも満員のパブですが、適当なお店にブラリと入ってみました。
PB203125-1.jpg


やっぱりギネスだよね~。
このお店では、アイリッシュミュージックの生演奏もあり、なかなか楽しかったです。
次から次へとビールを注文するアイルランド人を見て、『本当に不景気なの?』とまたもや思ってしまいました。
PB203126.jpg PB203127.jpg


路上では、生演奏が。
この男性、単なる通行人(しかも酔っ払い)ですが、ノリノリで寝っころがってエレキギターを弾く真似をしていました。
PB203130.jpg

この日は移動でクタクタになり、お風呂も入らずに2人とも着の身着のまま寝入ってしまいました。

Top

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。