Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコピエへ移動

マケドニアの首都スコピエに移動した日のお話。

朝7:45にホテルをチェックアウト。
街のレトロな遊園地や商店を眺めながらテクテクとバスターミナルを目指します。
東欧の遊園地は、古くて雰囲気があり一見とても素敵です。
でも実のところかなりの老朽化が進んでおり危険なのだそうです。確かに実際に見てみると納得。
P8246836.jpg P8246843.jpg


バスは9:00にビートラを出発、雄大な景色を眺めながらスコピエへと向かいます。
バスの旅は、その国の人々や暮らしを間近に見ることができるので大好き。
それに乗り降りする地元の人々を眺めるのも楽しいしね♪
P8246847.jpg


12:30にスコピエに到着しました。大きく無機質なバスターミナル。
P8246853.jpg P8246858.jpg

以下スコピエ情報です。(Wikipediaより)

スコピエは、ヴァルダル川沿いにあるマケドニア共和国の首都。

人口506,926人(2004年)、面積1,854 km²。

古代ローマ時代に建設され、スクピ(Scupi)の名で知られました。

その後東ローマ帝国に引き継がれるがスラヴ人の侵入と定住により帝国の実質的支配は及ばなくなります。

10世紀にはブルガリア帝国の領土となり、同世紀末にはオフリドと共に「西ブルガリア王国」ないし「マケドニア王国」と呼ばれる地方国家の主要都市となりました。

1018年に東ローマ帝国領に再併合され、その後は帝国の混乱に伴いブルガリア、イピロス専制公国、ニケア帝国などに次々と占領されます。

13世紀にはセルビアの支配下にはいり、スコピエにおいてステファン・ウロシュ4世ドゥシャンが1346年「皇帝」として戴冠し、彼の帝国の首都もここに置かれました。

1392年から1912年にかけてオスマン帝国の支配下に入り、ユスキュブという名で呼ばれ繁栄しました。マザー・テレサがこの町でアルバニア人の娘として生まれたのは、この時代のことです。

1913年にセルビアに併合され、第一次世界大戦後にユーゴスラヴィア王国の一部となります。

第二次世界大戦中はブルガリア王国の支配を受けたが、1944年にマケドニア人民共和国が成立すると(ユーゴスラヴィア連邦の一共和国を形成)その首都となりました。

そして1991年、マケドニア共和国の分離独立に伴い改めて独立国家の首都となり現在に至ります。

地震の多い土地で、518年、1555年、1963年と壊滅的な被害を受けたが、そのたびに復興しました。

1963年の地震は死者1,100人、負傷者4,000人を出し、中心市街は壊滅したのですが、1966年から72年にかけて丹下健三(日本人!!)の都市設計による再建事業が行われ、ビルの立ち並ぶ近代都市へと生まれ変わりました。
→なんかセンスない街並みだなと思ったら、日本人のデザインだったんだ・・がっかり。


バスから眺めたスコピエの街並みも、なんだか風情がなくてつまらなそう。

ターミナル周辺を散歩してみたけど、何も見るものがないかなという印象。

地震で破壊してしまったせいでしょうか、古い建物は見当たらず新しい建物ばかり。

良さそうな街だったら是非1泊しようと思っていたのですが、わざわざ泊まる必要もないかも・・・

ということで、FUDEKSというバス会社で、セルビアの首都ベオグラード行き24:00発の夜行バスチケットを購入しました。チケット代は1300MKD/名。

『なんだかスコピエは来る必要がなかったね~』なんてテンション低めの私たちだったのですが、ここで親切な人や印象深い人に出会ったりすると、つまらない街の印象も一転『あの街では○○さんっていう素敵な人に出会ったね~』という素晴らしい思い出の街に一変したりするもの。

私たちにとって退屈な街スコピエを思い出の地にしてくれたのは、バスチケットを購入した旅行会社のマケドニア人男性オーグネンさんでした。(オーグネンは『火から生まれた者』という意味だって、かっこいいね)

最初は、私たちの乗るバスはベオグラードの何処に到着するのかという事務的な質問をしていたのですが、そのうちオーグネンさんはゆっくり話そうとオフィスに招いてくれたのです。

彼は、大学で地質学を学んだそうで、マケドニアの各地域の特色、地形、気候などを丁寧に説明してくれました。

私たちは、マケドニアは山に湖といった観光資源に恵まれているのに、何故あまり観光業が盛んではないのかと思っていました。もちろんユーゴスラビアから独立し民主化されて時が浅いという理由もあるかと思います。

これをオーグネンさんに聞いたところ、マケドニアには『観光庁』がなく、観光部門のような小さな組織があるだけなのだそうで、まだまだPR不足なのだそうです。

オーグネンさんいわく、マケドニアは気候に恵まれていて1年のうち345日は晴天だそうです。

そしてこの気候が最もよく作用するのが『葡萄』、そしてその葡萄からとても美味しい『ワイン』ができるのだそうです。

このマケドニアワインを観光や産業に生かせたらとおっしゃっていました。

私たちは、マケドニアのワインがとても美味しいということを事前に下調べしていたので、毎日1本購入して楽しんでいました!

実際深みがあって美味しく、しかもお手ごろ価格。

このことをオーグネンさんに話すと、とても嬉しそうな顔をしてくれました。

彼は古いワインを収集しているそうで、『古くて美味しいワインを飲むと、神に出会ったような気分になるよ~』と恍惚とした表情で語っていました。

2時間ほどオーグネンさんと過ごしお別れ。『次にマケドニアに来たときは僕が一週間無料でガイドをするよ!』と言ってくれました。


バス出発まで、WIFIフリーの喫茶店で延々と時間つぶし。
そして24:00、定刻通りにバスは出発。今夜は国境越えです。
この国際バスですが、ドリンク&お菓子サービスありの快適バスでした。
サービス満点のトルコのバス会社が、このあたりまで進出しているので、このくらいのサービスをしないと競争についていけないのかな?
P8246862.jpg P8246865.jpg

これでマケドニアともお別れ。

大勢の親切な人、美しい自然、とても素敵な国でした。

近い将来、その素晴らしい観光資源が広く認知されて、たくさんの外国人が訪れる国になるのではと思いました。

また来たいな~。
スポンサーサイト

マケドニアの歯医者&ヘラクレア遺跡

ビートラで歯医者とヘラクレア遺跡に行った日のお話し。


歯医者。普通の民家です。
そして約束の時間にインターホンを鳴らしても誰もいないし、鍵も閉まっている・・
待っている間、アメリカに住んでいるというマケドニア人女性と話しました。
この国に外国人がいることはとてもunusalなんだと言っていました。
そんなこんなで、15分後、歯科医が遅刻して登場。
P8236761.jpgP8236760.jpg


そして、治療室に入った私たち、そこで見たのはまさに『昭和50年代の歯医者』(汗)

棚の上には、硝子やプラスチック製の瓶に入った液体がズラリ。そしてアナログな器具。

昔の日本の歯科医って、よく銀歯を『コンコーン』と器具で叩いたのを覚えていますか?

今どきそんなことする歯科医は日本にはいない・・・でもこの懐かしい行為はマケドニアでは健在。

歯科医は、患者ごとにグローブを取り替えている様子だけれども、なんせそのグローブのまま、しょっちゅう鳴る電話をとったり、ボールペンで書いたり、書籍を触ったり・・・

グローブ替える意味ないじゃん(笑)

そして歯科医はおもむろにダリオの口の中をのぞき、器具でグサグサっと虫歯をほじってみたり、グリグリっと削ってみたり。痛いってば。

一連のグリグリやグサグサッで虫歯の状況をチェックして歯科医が言うには、治療には3回通院する必要があるそうです。

マケドニアは居心地がいいし、滞在費用も安いし、日程的には無理ではないのですが、レントゲンも撮らないし(もしかして撮らなくても、腕利きなのでこれくらいは経験から判るのかもしれませんが)、旧式な治療方法に怯えた私たちは、応急処置を施してもらっただけで『やっぱりマケドニアでの治療は時間がかかるみたいだし、日本で治療をすることにする!!』と言って宿に逃げ帰ってきました。

Jelenaの紹介のお陰で今日の診療費は無料でした。恐かったけど、有難いです。感謝、感謝。


恐怖の歯科医院から脱出し、ほっとしたらお腹がすいた。
朝ご飯はカフェでミートパイ、サクサクジューシー美味しい。
P8236764.jpg


歯科治療はナシになったのでビートラにはもう用がありません。
バスターミナルに行き、明日9:00出発のスコピエ行きバスチケットを購入しました。440MKD/名。
P8236768.jpg


さて、せっかくなのでビートラで最も観光客が訪れるヘラクレア遺跡に出掛けました。
P8236769.jpg


看板があったけど、なかなか着かない・・・こんな田舎道を延々とトコトコ。
P8236770.jpg


着いた!!ヘラクレア遺跡です。
P8236775.jpg


ヘラクレアは、紀元前2世紀から4世紀にかけて、古代マケドニアのアレキサンダー大王の父フィリポスニ世が築いた街。

ですが、その後はローマに征服され、現在残っているのは、そのローマ時代の遺跡であり、古代マケドニア時代の遺物はその下に埋まっているそうです。

ローマ時代、ヘラクレアはアドリア海へと至る街道沿いの街として、バルカン半島におけるに重要な街となったのですが、ビザンツ帝国時代の518年に大地震によって壊滅的な打撃を受け、そのまま再建されることはありませんでした。

当時の街の中心地のみが、このヘラクレア遺跡として残っています。


入場料100MKD/名。カメラ撮影料300MKD/台←高すぎ。

あまりの撮影料の高さに、私たちは係員に文句を言いましたが、後からやってきたデンマーク人夫妻も同様にシツコク文句を言ってました。

料金は係員が決めているわけではなかろうに、矢面にたって気の毒に(笑)

歴史的な重要性などの詳しいことは私たちにはわからないですが、視覚的には、はっきりいってパっとしない遺跡・・・。
出土品も展示してありましたが、他国のローマ遺跡と比較すると、なんとも貧弱な内容でした。
いやいや、せっかくやってきたけど、ただ暑いだけだな。
P8236776.jpg


床一面に描かれたモザイク。
P8236790.jpg


これらのモザイクが見学できるのは4月から10月。
天候の悪い日は、保護のために砂がかけられているそうです。
P8236791.jpgP8236794.jpg


遺跡でワンコに出会う。服従のポーズ。
P8236804.jpgP8236802.jpg


遺跡を見学した後は、ビートラの旧市街に行きました。こちら街の中心広場。
クロックタワー、オスマントルコ占領時に築かれたモスクが2つ。
P8236808.jpg


これらのモスクは現在は宗教的役割はなく、ギャラリーなどとして使用されています。
P8236810.jpg


その帽子いいねぇ。
P8236812.jpg


この辺りは旧市街、物乞いがチラホラ。
物乞いをしている人は、肌が少し浅黒くマケドニア人ではないようです。
P8236817.jpg


ショッピングを楽しむ人達も。
P8236819.jpg

P8236820.jpg


市場を発見。
P8236824.jpg


マケドニア人の大好きなパプリカ。
P8236825.jpgP8236826.jpg


かわいい看板!
P8236827.jpg

今日もよく遊びました。

Bitolaへ

***ブログではマケドニアですが、9/18現在、ウクライナのLVIVに滞在しています。
ルーマニアの田舎とモルドバで泊まった宿にネットがなかったので暫らく更新出来ませんでした。*** 


親切なJelena、それに快適で安い素晴らしい宿、美味しい食材、美しい自然、快適だったオフリッドですが、ビートラBitolaという街へ移動することにしました。

ビートラに移動する理由は、Jelenaの甥がBitolaで歯科診療所を経営しており、虫歯治療を受けるための歯科医をずっと探してきたダリオを甥っ子さんに紹介してくれたから。

マケドニアの歯科治療の技術水準は不明で、治療するのはちょっと不安だな~と思うのだけれど、もしかしてすごく良い歯医者さんかもしれないという甘い期待と、治療はナシとしても様子だけでも見てもらうということで、ビートラに移動することにしました。

宿を11時過ぎに出発。ちょうどJelenaは外出中で、お別れの挨拶ができませんでした。
お礼の置手紙はしてきたものの残念だなぁ。。。。
そして、宿の前からタクシーでバスターミナルに向かい、ビートラまでのチケットを購入。12:20出発のバスで、210MKD/名。バスは1時間に1本位で出ていました。
P8226717.jpg


バスからの風景。ウネウネと山道をゆっくり走り、森を見たり湖を見たり。
P8226720.jpg


美しく手入れされた家々がポツンポツンと。
P8226723.jpg


山に川に湖に、豊かな自然に恵まれています。
バスに乗っていると見える次々と変わり行く風景に、退屈しません。
P8226727.jpg


13:50、ビートラに到着。街で一番大きなバスターミナルの前には、人気のない大きな公園が・・・
マケドニアで2番目に大きい都市のはずなのだけど。おかしいな・・
P8226734.jpg


街の中心地を目指します。公園をつっきって徒歩10分、ちょっと活気のある通りにやってきました。
P8226740.jpg


カフェやファッション品店が並ぶ目抜き通り、ですが人通りは少ない。
P8226741.jpg


今日の宿はTOKIN HOTEO BITOLAに決定。
エアコン、テレビ、バスルーム、共同冷蔵庫付きで30EUR/室(36EURからの割引後。)
P8226735.jpgP8226735-2.jpg

P8226736.jpgP8226737.jpg


ちょっと街をお散歩。と、猫さんに出会う。
P8226743.jpgP8226746.jpg


ホテルに荷物を置いて猫と遊んだ後は、約束をしている歯科医の場所探し!

ところが、Jelenaから教えてもらった住所だけでは、なかなか見つけることができないため、ある商店で道を尋ねてみることにしました。

そこの男性店主がとても感じのいい人で、親切に道順を教えてくれたお陰で、私たちは無事に歯科医院を発見。

歯科医院には見えない古~い民家で一抹の不安を感じましたが、これで明日スムーズに来院できると一安心です。

さて、せっかくなのでさっきの親切なお店でミネラルウォーター等必要なものを購入しに行くことにしました。

店主は私たちが日本人だとわかると、奥から切手コレクションのアルバムを持ってきて日本のアンティークの切手を見せてくれました。円ではなく銭の単位だったから大分古いものだよなぁ。

私たちがその充実のコレクションに感心していると、また奥から数冊のアルバムを持ってきて、今度は今はなきユーゴスラビアの切手を披露。

切手の絵柄は歴史的な出来事や当時の権力者などの絵柄が採用されていて、なかなか面白いですね。
しばし楽しく鑑賞し、お別れ。


さて、お昼寝から目覚めて夜出掛けてみると人、人、人っ!!!
マケドニアの人々は夜更かしさんだね。
P8226748.jpg


マケドニアの料理が食べたかったけれど、ハンバーガーやピザの店しか見つけられなかった。。。
そんななか今日一番美味しかったのはこの揚げだてドーナツ。チョコたっぷり美味しい~。
P8226754.jpgP8226755.jpg

今日も無事移動できました!

では

スベティ・ナウム

今日は少しだけ遠出をして、オフリッドから南に29キロのところにあるSveti Namuという街にでかけました。

オフリッドに来るまで、Sveti Naumという街の存在を知りませんでしたが、アパートメントのオーナー、Jelenaイチオシの場所だったので出掛けてみることにしたのです。


宿からすぐ近くのバス停からローカルバスに乗車。
世話好きのJelenaは、私たちがバスに乗り込むまで見送ってくれました。バス代は110MKD/名。
Jelenaが何度も口をすっぱくして言うには「絶対に朝早くにいきなさい。」ということでした。
というわけで、朝一番にのバスで出発。始発は8:30発です。
タクシーでも5EUR(300MKD)/台なので3人以上ならそちらがお得です。
バスは湖畔を走っていたと思うと、行き違いも厳しいクネクネの山道を走ったり、起伏に富んだ道を進みます。
1時間後、のどかな場所に到着。
P8216502_20100824050844.jpg


オフリッド湖のビーチで寛ぐマケドニア人がちらほら。
P8216503_20100824050843.jpg


ここはマケドニア人達がこぞって余暇にやってくる観光地。でも朝早いのでまだ人気が少なく静か。
P8216505_20100824050843.jpg


オフリッド湖よりも私たちを惹きつけたのは、湖の横にある泉。
P8216507_20100824050843.jpg


淡い翡翠色。
P8216508_20100824050843.jpg


周囲はうっそうとした森で囲まれていて。
P8216511.jpg


むこうには美しい山が。
P8216512.jpg


何百もの源泉があり、そこから湧き出た水がオフリッド湖に流れ込みます。
P8216513.jpg


岸に打ち寄せる波と、泉から流れ込む源泉水とで、けっこうな速さで水が流れています。
P8216515.jpg


なのに、すぐそばではピチピチのマケドニアンガールズが泳いでいます。
P8216514.jpg


大木に蔓が巻きついて神秘的。
P8216526.jpg


放し飼いの孔雀があちこちで自由に動き回っています。
P8216534.jpg


この泉のほとりなら、うち捨てられたボートも絵になる。
P8216537.jpg


丘の上の聖ナウム教会Church of St Naum。St Naumが埋葬されているそうです。
P8216550.jpg


洗い場。蛇口といい、カップといい、味があってかわいらしい。ここの水は喉にス~ッとしみいる冷たさです。
P8216555.jpg P8216556.jpg


教会から景色を眺める。
P8216561.jpg


一通り街を散歩した後、私たちの心をグイっと惹きつける泉のほとりにまた戻ってきました。
P8216584.jpg


どれだけ見ても見飽きない泉。
P8216586.jpg


P8216587.jpg


P8216588.jpg


P8216590.jpg


P8216591.jpg


泉のほとりからボートに乗ることにしました。
何艘かの観光用ボートが客待ちをしているのですが、私たちはNikola Pavleskiさんのボートに乗りました。
料金は120MKD/名で30分ほどのボートツアーを楽しむことができます。
Nikolaさんは、いくつもの日本語を知っており、『春が来た』の唄もフルバージョンで聴かせてくれました。
日本語をいくつか知っているので、結構日本人が来るのかな?とおもっていたのですが、私たちの数字の聞き間違いでなければ、ここに1人で80回以上も来ている日本人がいるそうです。びっくり。
ひかえめで静かな説明と誠実な人柄、とてもよいガイドさんでした。
こちらNikolaさんのHPです。http://www.nikoturs.com/categories/view/10
P8216592.jpg


マケドニア人5人と私たち2名を乗せたボートはゆっくり進みます。
P8216602.jpg


ぶくぶくしているのが源泉。
クリスタルのような透明度、まるで底に手がつきそうな気がするのですが、実は深さ3メートルもあります。
P8216603.jpg


とても水とは思えない透明度で、凍る直前まで冷やされたアルコール純度の高いスピリッツが満たされているようにも見えます。
泉には私たちのボートが一艘だけ。シーンと静か。
P8216609.jpg


感動に言葉も出なくなったのは久しぶり。2人ともだんまりと泉に見入ってしまいました。
まるで聖域に迷い込んだような気分でした。
アーサー王伝説の、聖剣を携えた湖の乙女が水面をすべるように出てきたり、妖精が乱舞したとしても、あまりにもこの場所に似つかわしすぎるので、きっと驚かなかったでしょう。
P8216623.jpg


ボートが動き出して間もなく、ニコラが「この泉に来たほとんどの人は、またここに帰ってくるんだよ。」といっていましたが、船を降りた後、間違いなく私たちも再びここを訪ねたいと思いました。
ここに80回以上来た人がいる、という話も、自分で体験した後なら納得できます。


あ~楽しかった。ボートから降りると美人(オス)な孔雀がお出迎え。
P8216641.jpg


いつの間にやらこんなに人がたくさんに。
賑やかなのも悪くありませんが、Jelenaのアドバイスどおり朝早く静かな湖を味わうほうがいいなと思いました。
P8216643.jpg


さぁ、オフリッドの街に帰りましょう。たくさんのタクシードライバーを断り、ローカルバスで帰ります。
タクシーはバスと同じ運賃まで下げてきましたが、バスは景色がよく見えるからそちらを選びました。
P8216648.jpg P8216650.jpg


すぐ近くのアルバニア-マケドニア国境により、数人の乗客をおろしてバスはオフリッドにむかいます。
P8216653.jpg


バスから見える絶景。
P8216660.jpg


クネクネの山道に、座席から転げ落ちる人もいました(笑)
P8216667.jpg


どの家もこの時期から薪を備蓄しています。冬は相当寒いのでしょうね。
P8216680.jpg


美しい泉の余韻にひたりながら街に戻ってきました。

私たちは、人間が丹精こめて作った工芸品や美術品や絵を見るのがとても好きです。

でも今日は、人間の作ったものなんて大自然の美しさに敵わないと思わずにいられませんでした。

この泉には、季節をかえて再訪したいです。

オフリッド 旧市街

オフリッドの旧市街を見に行きました


まずは腹ごしらえ、今日の朝食です。
P8206323.jpg P8206326.jpg


お散歩スタート、私たちのアパートメントから旧市街までは徒歩15分ほど。
途中でかわいい歯医者さんの看板を発見。
P8206331.jpg


ピンクのアパートを通り過ぎたとき、Jelenaに声をかけられました。
このピンクのアパートの5階は、Jelenaの不動産だそうです。
なんとJelena、オフリッドに3つのアパート、そしてビートラにも家を所有しています。
これらをツーリスト達に貸して不動産収入をえているのです。すごいね~
今朝もアパートを貸すツーリストを積極的に勧誘中、そんなときに私たちとばったり出会いました。
ベンチに座り、3人で話していると、Jelenaはバッグの中をゴソゴソと探り、ビール缶(しかも大)を取り出しました。きっと自分が飲むつもりだったのでしょうが、『飲みなさいよ!!私はまだ上の冷蔵庫に5本冷えてるから!』と私たちに差し出してきました。
丁重にお断りしたのですが、断れるはずもなく、朝からグビっとビールを飲むことになってしまいました・・・
Jelenaはムシャムシャとパンを食べ、私たちと会話をしながらも、人が通りかかると『部屋探してる?』と声をかけるのを忘れません。ビール大好き、そして生き生きと商売、パワフルな70歳の独身女性Jelenaです。
P8206333.jpg P8206332.jpg


Jelenaと別れ、オフリッド湖畔を歩きます。
P8206346.jpg


お菓子屋さんに入店。メレンゲのケーキ、イチゴアイス、レモネードでお茶。合計50MKD、安い。
P8206350.jpg


次はカフェに入って、エスプレッソをゴクゴク。30MKD/杯。
さて、お茶ばかりしてないで、旧市街に行きましょう。
P8206353.jpg


旧市街は丘の上。えっさほいさ坂を上ります。これまた味のある家を発見。
P8206359.jpg


長い階段を延々と上ります。
P8206360.jpg


辿り着いたのは城壁の入り口Upper Gate(Gorna Porta)
P8206366.jpg


さらに坂を上ります。
P8206373.jpg


頑張った後には絶景のご褒美。これは丘の頂上にあるCar Samoil's Castelの前からの眺め。
P8206372.jpg


ここはSveta Bogorodica Perivlepta Church
P8206374.jpg


教会の横には、ローマ時代のビザンチン教会の遺跡があります。
P8206375.jpg


湖と教会とワンコと遺跡。
P8206376.jpg


この発掘途中の遺跡の敷地内で、屋根を設えたり階段を作ったりと、これから公開するために準備中で、まだ入れないようです。
でも、たまたま入り口が開いているときにスルリと入場してしまいました・・やったね♪
後方の屋根の下では、ビザンチン時代の美しいモザイクを見ることができます。
P8206377.jpg


こんなモザイク。お風呂のようなものは、洗礼用の水溜かな。同じようなものをチュニジアで見ました。
P8206379.jpg P8206381.jpg

P8206383.jpg P8206390.jpg


丘の上のかわいらしい家々を眺めながらお散歩。
P8206414.jpg

P8206419.jpg

P8206420.jpg

P8206423.jpg

P8206425.jpg

P8206426.jpg

P8206428.jpg

P8206431.jpg

P8206432.jpg


子猫発見。
P8206435.jpg


お母さん猫発見。
P8206436.jpg

P8206437.jpg

P8206439.jpg

P8206440.jpg


崖の下はKaneo Beachという小さなビーチがあり、たくさんの人が泳いでいました。
この近辺は湖の透明度も高く、エメラルドグリーン色。
P8206442.jpg


崖の道をズンズン進むと、
P8206444.jpg


聖ヨハネカネオ教会Church of Sveti Jovan at Kaneoにやってきました。
この教会は崖の先っぽに建つ絶景ポイント。
P8206445.jpg


キャンディーのようなレトロ車、勢ぞろい。
P8206450.jpg


猫さん、コンニチワ。
P8206452.jpg


このお家の花壇も綺麗だなぁ。
P8206456.jpg


市場にやってきました。今晩のディナー用食材を物色。
P8206458_20100824034558.jpg P8206461_20100824034558.jpg

P8206464_20100824034558.jpg P8206460_20100824034558.jpg


今日の収穫、牛肉ステーキ800㌘。昨日に引き続きサルシッチャも買いました。
P8206474.jpg


生野菜が食べたいね、ということでサラダをたっぷり。ブロッコリーも茹でてみました。
P8206478.jpg


メインのステーキ、美味しそう!!!
P8206494.jpg


ピンク色にいい按配に焼けています。少し硬いけど、味はとても美味でした。
P8206499.jpg


今日もよく歩きました。グッスリ眠れそうです。

ちなみにオフリッドは、昼間は暑いのですが、夜は涼しいほど快適です。

アパートメントにエアコンがないと最初に聞いたときは、どうしたものかと思いましたが、エアコンどころかファンも不要です。

Top|Next »

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。