Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタクヤ

シリアに向かうべく国境近くの拠点となる町、アンタクヤへ向かうことにしました。

ギョレメのオトガル(バスターミナル)にはたくさんのバス会社が並んでいて、どんな町にでも自由自在に行くことができます。

目指すアンタクヤへ行くバスをバス会社に尋ねたところ、60TRY、所要時間は10時間の夜行バス。
値段も高いうえに、どうもバスを何度も乗り換えなければならないし、ルートも遠回り。

ということで、通しのチケットを買わずに、自力でバスを乗り換えてアンタクヤに行くことにしました。


まずは、ギョレメのオトガルでNevsehir行きのミニバスに乗る。料金2TRY/人。
ミニバスは8:30発車。そして15分後、終点まで行かずしてNevsehirの街なかのバス停で下車。
車掌さんいわく、そこからドルムシュ(市バス)に乗ってオトガルに行きなさいとのこと。
ドルムシュ乗車賃1.25TRY/人。
P5219139.jpg



9:00Nevsehirのオトガルに到着。SUHAというバス会社でAdanaという町までのチケットを購入。
本日3本目のバス、チケット代25TRY/名。
P5219140.jpg



今日も快適、蝶ネクタイでお給仕をする車掌さん。
P5219147.jpg



しかもなんとWIFI完備。走行中もメールチェックできるとは。
P5219158.jpg



バスはいつもどおり田舎道をズンズン進む。岩の横に小さな建物がたくさんある。
P5219156.jpg



トルコの大地は豊かだ。こういう風景を見ていると、食料不足という言葉は、配分がうまくいっていないことと、投機筋のせいではと思ってしまいます。



13:30Adanaのオトガルに到着。バンコクのバスターミナル級に巨大で立派。
P5219164.jpg



そしてあっという間に4本目のバスチケットを購入。HATAY NOR TURISM社、Antakyaまでのチケット代18TRY/名。
ちょっとボロいバス、なんか臭いです。そんなことも言っていられず13:34発車。
P5219166.jpg



地中海を眺めながら走り、16:07Antakyaのオトガルに到着。
セルビスというフリーシャトルバスで市街地まで行きます。
P5219167.jpg


合計5本のバスに乗り、費用総額は46.25TRY/名、所要時間7:30。

ギョレメのバス会社でチケットを購入するよりも、費用・時間ともにずいぶん節約できました♪満足じゃ~。

トルコでのバスの旅は、バスを降りた途端に、あちこちのバス会社の人達が『何処へ行くんだ?』と近づいてくるので、乗り継ぎにはまったく苦労しません。

さてさて、まずは以下の通り、アンタクヤ情報。

アンタクヤは、昔はアンティオキアという名前で、聖書にも登場する町。

ローマ時代にはローマ、アレキサンドリアに次ぐ3番目に大きな都市でした。

雄大な山々に囲まれた肥沃な平野を流れるアスィ川(オロンテス)に沿った町で、かつてはセレウコス王朝の首都であり、富と贅沢を極め、その繁栄は商業と文化により、ローマ時代まで続きます。

初期キリスト教の時代には、その中心地となり、「クリスチャン」という呼称もこの場所で生まれています。

また、アケメネス朝ペルシアのダレイオス三世と、マケドニアのアレキサンダー大王が戦ったイッソスの戦いの舞台となった場所でもあるとも言われています。

世界史上に何度も登場する由緒正しき町ですね。
P5219172.jpg


ホテルはDivan Oteliに即決。
エアコン、テレビ、ホットシャワー、ベランダ、ロビーでのWifi付きで40TRY/室(50TRYからの値引後)
P5219169.jpg



宿からすぐ近くには大きなバザールが。早速探検に出掛ける。
P5219173.jpg



地元民の生活に密着しています。
P5219176.jpg



この町一番の見所、考古学博物館Arkeologi Muzeの見学に出掛けました。

ホテルからは徒歩5分、入場料8TRY/人。

ここには紀元2世紀から5世紀にかけてのローマ時代のモザイク作品が多数展示されており、そのほとんどがアンタクヤ近郊やハルビエという地域から発掘されたものだそうです。

それに加え、紀元前8000年頃の出土物から、オスマン帝国時代までの遺物が展示されています。


その前に腹ごしらえ。薄いナンにトマトソースとマヨネーズを塗り、たっぷりの唐辛子と新鮮ハーブを散らし、お肉をクルリと巻いたファーストフード、2.5TRY/本。
お店のオジサンは『私は英語、ギリシア語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、デンマーク語等々』が話せると下手な英語で豪語していました(笑)
各国を旅していて思うのですが、ごく片言しか外国語が出来ないのに『自分は××語が出来るんだ!!!』と堂々と誇らしげに自慢する人が実に多い。
日本人もこれくらいの図々しさがあれば幸せだな~。
P5229185.jpg



以下、博物館の展示物。
これは三世紀のアンティオキア様式の棺。しつこいくらいに彫刻がなされています。
3人の遺体が埋葬されていたそうで、しっかり3人分の骸骨がガラスケースに展示されていました。
せっかく寝ていたのに、気の毒に・・・
P5229192.jpg



ガジアンテップで見たモザイクよりも、写実的になりました。
でも逆に強烈なインパクトには欠けているな~、残念ながら。
P5229193.jpg



子供達の団体がたくさん見学に来ていました。
ちゃんと列になって、お行儀良く見学をしています。
P5229198.jpg



フルーツも宝石類も、Zeugma遺跡のものに比べると、より細かく描写してありました。
P5229199.jpg




トルコ人で賑わっていましたが、中年女性の団体は、さして展示物を見ることも無く、でも写真だけは撮りまくり、大声でしゃべって、臭いすかしッぺの残り香をおいて風のように去っていきました。オバチャンは何処でもいっしょだなぁ。
P5229208.jpg



ヒッタイト王国の神殿支柱の台座です。
P5229216.jpg



中庭には、粗大ゴミのように棺や壷が置かれている。きっと貴重な発掘物だろうに。
世界有数のモザイク作品ということだったけど、自分の知識が足りないせいか、いまいち???な印象でした。
P5229218.jpg



今日のご飯はここのお店に決定。両替商とバスのチケット売り場のある通りを挟んで北側の一角にあります。
お父さんと息子さんたちが経営しているお店。
P5229223.jpg




ピラフ2人前、トマトと豆のスープ1皿、茄子とトマトとグリーンピースの煮込み1皿、ペプシ2缶、パンとハーブの盛り合わせ、合計12.5TRY。
美味しかった~。特に野菜の煮込みの茄子が美味しかった。
P5229229.jpg



P5229227.jpg
スポンサーサイト

カッパドキア(ギョレメ)

たけのこの山だらけ。カッパドキアはその地域全体が世界遺産に登録されています。
カッパドキアとは、『美しい馬の町』という意味だそうです。そういえばあちこちに馬が放牧されています。

カッパドキア地域の町のひとつであるギョレメは『妖精の煙突』と呼ばれる岩の形成物の間に位置します。
ギョレメとは、『見てはいけないもの』という意味。
多くの隠れキリシタンが、岩山でひっそりと隠れ暮らしたことから名づけれたともいわれています。
キリシタンのこの地域への初期の移住は キリスト教が伝播した頃の古代ローマ後期にさかのぼるそうです。



気持ちのいい青空、見れば見るほど不思議な風景。
P5199048.jpg


さあ、出掛けよう。まずは1キロほど歩いてZemi Valleyを散策。
ここは5.6キロのトレッキングコースになっています。

Zemi Valleyを800メートルほど行ったところにあるエル・ナザール教会(El Nazar Church)、一応世界遺産。
内部には、あまり保存状態が良くありませんが、10世紀に描かれたフレスコ画が残っており、キリストの幼年期、青年期及びその奇蹟の数々が描かれています。
洞窟教会は、オスマン帝国時代に迫害を受けたキリシタン達が、隠れて礼拝するのに用いられたといわれています。
どうもチケットが必要だったらしいのですが、管理人の男性が無料で入れてくれたうえ、説明もしてくれました。
P5199014.jpg



観光地に囲まれている中にポッカリと畑が。マイペースに耕すオジサン。
ギョレメは奇岩の観光で潤っているけれど、観光業以外にも、酪農や農業に従事する昔ながらの暮らしを続ける人々もいて、ノンビリした雰囲気があります。
P5199044.jpg



街なかに戻り、今度は地元の人々が暮らす居住区をブラブラ。
屋外マーケットを見つけました。
野菜やスパイスのほかにも、洋服や日用品が売られていました。
この日は水曜日でしたが、翌日はやっていなかったので毎日開いている訳ではなさそうです。
P5199064.jpg


トマトとオレンジをそれぞれ1kgずつお買い上げ、合わせて2.25TRY。
トマトのヘタには薄っすらとした毛が残っていて、切り口は今朝もいだばかりのようで良い香りがしました。
P5199104.jpg


近くにはローカルが次々と買いに来るピデ屋さんがありました。
P5209118.jpg


ピデとはトルコ風ピザのようなものです。
オーダーしてから、一枚一枚焼き上げます。
こんな釜で焼いたら美味しくないわけがない!
P5199074.jpg


ミート・ピデ。長さ60センチくらいで5TRY/枚。
1人1枚は無理っと思いましたが・・塩分控えめで上品な味付けにペロリと完食(笑)
アツアツで美味しい、ちなみに翌日トライしたチーズ・ピデは4TRYでした。
P5199080.jpg

P5209119.jpgP5209121.jpg


メインロードの辺りまで戻ってきました。
なんとファミリーマートがありました。
トルコに来てから初めて見かけたコンビニ。
おおっ、と思って店舗の中をにお邪魔すると、なんだかおかしい。
確かに日本語でもファミリーマートと書かれているのですが、『ファミリlマlト』と伸ばす記号が、そこだけ縦書きに。
日本製と銘打っていて(実際は中国製)、微妙に間違った日本語が使われている商品には、タイあたりでも見かけましたが、久々に遭遇。
しかも掲示されている営業時間は、7-11時となっていて、ごっちゃですやん。。。
売られているものは中国製のものが多く、カップめんなどもありました。
店員に、日本のお店ですか、と尋ねたところ、いや韓国の店だと言っていたので、当人達も良く分っていないのでしょう。
P5199084.jpg



この辺りの岩山には、まだ人々が実際に居住しています。
正直なところ、無数にある空っぽの奇岩住居よりも、現役の物のほうが、私たちは見ていて面白いと思いました。
P5199099.jpg



猫をたくさんみかけました。
P5199087.jpg


夕焼けのRose Valley。高台にあがってみることも出来るようですが、下からでも綺麗な眺めでした。
P5199116.jpg


ここでは、気球に乗って空から眺めたり、ツアーに参加したり、自分達でトレッキングなどをして奇岩や地下都市をみて回るのが、一般的な観光の仕方だそうですが、空っぽの奇岩にはあまり興味を持てなかった我々、テラスでお茶をして本を読んだりネットをしたりして過ごしたのでした。

ガジアンテップからギョレメへ

今いるガジアンテップから南下してシリアに入国するか、それともトルコの観光地カッパドキアに行くか決めないまま、バス次第だね、ということでオトガルに到着。立派でピカピカ。
P5188963.jpg P5188965.jpg


結局カッパドキアを目指すことにしました。
直行バスはないので、中継地点であるカイセリKayseriという町までのチケット購入。
DEVRANというバス会社、30TYR/人。
今日のバスもサービスたっぷり、快適です。
P5188968.jpg


バスは定刻どおり13:00に出発。
山を越え、谷を越え。
山麓まで延々となだらかに起伏する麦畑の連続が美しい。
P5188971.jpg


牛も羊もロバも馬も、こんな草原でノビノビと放牧。ストレスフリーで、ずいぶん日本の家畜とは違うね。
P5188975.jpg


19:20、カイセリKayseriに到着。カイセリはトルコで4番目に大きい大都会。
場合によっては、ここで1泊しようと思ったのですが、運よくちょうど 19:30発のギョレメGoremeを経由するバスのチケットを買うことができました。
今にも出発しそうなバスに飛び乗る。METRO社、10TRY/人。
P5188977.jpg P5188978.jpg



バスに乗ること1時間、20:29に奇岩の街『ギョレメGoreme』に到着。
ちなみにギョレメとは、カッパドキアCappadociaという大きな地域にある街の一つで、いくつかある街のなかで、見所の真ん中辺りに位置しています。
P5188982.jpg



すっかり夜遅くの到着となりました。これから宿を探さねば!!!

何件か回るが、お手ごろ価格のホテルはFull、空いているホテルは値段が高め。

回ること5件目に手ごろで設備の整ったホテルを発見。

SUNSET HOTEL カッパドキア独特の洞窟ホテルです。
テレビ、冷蔵庫、ホットシャワー、ドライヤー、Wifi、朝食付きで50TL/室。トリプルの部屋です。
ディスカウントをお願いしたのですが、あえなく撃沈。
私たちの部屋は3階にあり、本当はもうちょっと料金が高いそうです。
今日は1,2階の部屋が全て満室なので、50TRYで提供しているのだから、これ以上のディスカウントはないそうです。チーン。
ま、夜も遅いし、内容と予算もクリアしているから、ここに決定。

おっと、食堂でしか使えないはずのWifiに、部屋からもアクセスできた。
今持って行っているのは台湾製のASUSのEeePCですが、WIFIの感度がGoodです。
中国製のLenovoのIdeapadがひとつもWifiをキャッチできないときでも、アスースは5,6個のWifiをひろいます。
お役立ち度が低いLenovoは一時帰国した際に置いてきました。
P5188983.jpg


ホテルからの眺め。ニョキニョキと奇岩。
P5188987.jpg


ニョキニョキニョキっと奇岩。
P5188988.jpg


ギョレメは観光地なので宿が多く、宿探しには苦労しませんでした。
予算に合わせて色々選べそうです。見た中では、ドミは15TRYのがありました。

このホテルの並びには、たくさんの洞窟ホテルがありました。
同じようなホテルなのに、設備によって料金はまちまち。150だったり、80だったり、 50だったり。
そういえば、同じ並びのホテルで値段尋ねたとき、質問に答えてくれる前に『どこから来たの??』と聞かれました。こういう返しをしてくるホテルは、ど~もお客さんの国によって値段を変えているような気がするのは気のせいでしょうか。
日本人には、高い価格設定で吹っかけてきている気がします。
逆に日本人には特別プライスだよ~、とか言う宿も、ほんまかいなと疑ってしまう、インドで素直さを失った我々なのでした。
値段を聞いて、この質問が返ってきたときは、その宿は却下する我々です。

それとも単純に我々が国籍不明で怪しいと思われているだけなんだろうか?

ガジアンテップ博物館

さてさて、この町での我々のお目当てはガジアンテップ博物館。

ここには、ガジアンテップから東へ約50km、ゼウグマ(Zeugma)という遺跡から発掘されたモザイクが展示してあります。

ゼウグマは、ユーフラテス川のほとりにある古代コンマゲネ王国の都市。

紀元前300年、アレキサンダー大王の部下であったセレウコス1世によって建てられた都市で、当時の名前はセレヴカヤ・ユーフラテスといいました。

セレウコス1世の娘がコンマゲーネ王国のミトリダテス1世と結婚すると、セレヴカヤ・ユーフラテスはコンマゲーネ王国領となります。

紀元前64年にローマ帝国によって占領された後に、都市名がゼウグマとされました。

ゼウグマとは「橋のそば」という意味であり、その言葉どおり、ユーフラテス川に橋がかけられ、シルクロード上の中継地点として町は大いに発展したそうです。

特に2世紀から3世紀にかけて最も発展し、博物館に展示されているモザイクもこの時期に作成されたものです。

ところが、256年、サーサーン朝ペルシャに攻められ、火をはなたれ壊滅状態になります。

遺跡の発掘作業は、1987年からガズィアンテップ博物館と海外の発掘隊によって始められ、1996年には近くに建設中のビレジク・ダムの下に沈む予定となっていたため、急ピッチで進められました。

それによって、浴場や競技場、また緻密で芸術的なモザイク画を敷き詰められた貴族の邸宅跡などが次々と出現。

2000年10月についにビレジク・ダムが完成し、悲しくもゼウグマ古代都市のほとんどは水に沈んでしまったということです。

ゼウグマ遺跡の特徴はユーフラテス川から収集された色とりどりの石でできたモザイク画で、多くのギリシャ神話の登場人物が描かれています。

では、博物館見学の様子をどうぞ。入場料は3TRY/人。

ゼウグマ遺跡全貌。
ユーフラテス川沿いの絶景ポイントに位置します。
さぞかし豪華で美しい建物だったんだろうな~。
この部屋のひとつひとつに敷かれていたモザイクをこれから見学します。
P5168858.jpg


発掘作業の様子。見ての通りひとつひとつの作品はとても大きいです。
地面の下から、こんなの出てきたらゾクゾク、わくわくだよな~。
P5168859.jpg


保存状態はとても良く、色も鮮やか。
ペルセポリスといいポンペイといい、燃えてしまって放棄されたほうが、変に手が入ったりせず、後世まで残るのだろうか。
P5168860.jpg


P5168865.jpg


ポセイドンの間。魚介類がリアルに描写されています。
P5168868.jpg


周囲をグルリと囲む顔の連続が恐い。こんなの家にあったら落ち着かないなぁ。
P5168882.jpg



フレスコ画も色鮮やかに残っています。
P5168885.jpg


昔のローマ人は、こういう部屋に寝転がりながら食事をして、ワインを飲んで、余興を楽しんだそうです。
そしてお腹いっぱいになると、鳥の羽で喉を刺激して吐き、また食べ続けたそうです。
P5168889.jpg


牛に化けたゼウスが乙女を誘惑するの図。
P5168891.jpg


これもゼウスが乙女を襲うの図。
神話では、ゼウスは嫉妬心の強い奥さんのヘラに隠れて、いろんなところで乙女を誘惑します。
P5168894.jpg


戦の神MARSの像。見事なおけつプリッです。
不動明王を思い出すような、憤怒に見開かれた瞳が印象的でした。
P5168902.jpg


これはOKEANOS & TETHYS。女性の寄り目が印象的。男性は川の神様だそうです。
P5168905.jpg


このくらいなら家にあってもイイネ~。
P5168907.jpg


THE GYPSY GIRL。ガジアンテップのお宝で、街中この作品のポスターが貼ってあります。
サイズは長辺が約80センチ、モザイクは約1 センチの正方形。
失われた下部分はトレジャーハンターに持ち去られたそうです。
P5168920.jpg


ガラス製品も展示。でもトルコ語の解説のみなので、内容不明。
P5168939.jpg P5168940.jpg


こんなグラスでキンキンに冷えた日本酒を飲んだら、さぞウマかろうに。
P5168944.jpg


見応えのある博物館をじっくり見学すること2時間超、スーパーでお買い物をしてホテルに戻りました。
有機栽培の真っ赤なトマトが美味しいオーラを発していて、おまけに甘い香りがプ~ンと漂ってきたので、思わず購入。1キロ1.49TL安い!!!

関係ないけど、近頃ダリオの髪が『三丁目の夕日』の茶川龍之介のようになっているので、そろそろ切らねば。。。


トルコの地方都市はそれほど見所がなく、それが逆にノンビリ出来て快適。

イランは見るべきものが多すぎて、日々のノルマがプレッシャーだった(笑)

ガジアンテップ

明け方、バスの中で迎えました。

5:37 日の出。
ピンク色の空、今日も天気が良さそうだね。
P5158801.jpg


これはピスタチオの木かな~。ガジアンテップはピスタチオの産地です。
P5158803.jpg



6:05、ガジアンテップ中心街から6キロ離れたオトガルに到着しました。
ここから市バスに乗って、街の中心地を目指します。運賃は1TYR/名、3Aという路線番号でした。
運転手さんに『サントロ?』(中心街のこと)と尋ねると、行くというのでたまたま乗った市バスです。
起伏の激しい街をウネウネと走り、30分後ちゃんと目的地まで辿り着きました。
P5158804.jpg


安宿が集まるという地区をウロウロと歩く。石造りのなかなか雰囲気のある街並み。
P5158808.jpg


シトシトと歩いてくるカワイコちゃんが!!!
P5158809.jpg


かわいいぞーー!!!
P5158810.jpg
P5158810.jpg


値段を聞いて回ること3件、今日のお宿は『HOTEL YUNUS』に決定。
エアコン、シャワー、トイレ、冷蔵庫、液晶テレビ、朝食、無料WIFI、ドライヤー付き、45TRY/ダブル(言値50TRY)
P5158814.jpg P5158816.jpg


ガジアンテップGAZIANTEPは人口1,252,329人、面積7,642 km²、トルコでは6番目に大きく、南東部アナトリア地方では最も大きい都市です。

レトロな印象なんだけど、実は大都市なんだね。

肥沃な土地をもつガジアンテップ県は、農業が発達していると同時に、この地方の工業と文化の重要な中心地となっている。

歴史には紀元前 2500年-1900年ごろに栄えたヒッタイト以前の都市国家として登場します。

紀元前7世紀にはアッシリア王によって征服され、その約 100年後にはクリミア半島からスキタイ人に追われて南下したキンメリア人の領土となります。

紀元前6世紀からはペルシアに支配され、その支配は紀元前3世紀にアレキサンダー大王がこの地を征服するまで続きました。

そして1516年にはオスマン帝国の一部となりました。

オスマン朝時代にガジアンテップはアルメニア人を中心とするキリスト教徒が多く住むようになり、現在も多くのアルメニア教会が残されているそうです。


豊富なスパイス。真っ直ぐ日本に帰るのだったら山のように買うのにな~
P5158823.jpg


なんだか分らないけれども、乾燥した野菜か果物かがたくさんぶら下がっている。
赤いのはトマトだけど、黒いのはなんだろう・・・?
P5158825.jpg


お茶っ葉みたいにも見えるけども何だろう。。。
P5158828.jpg


銅製品もたくさんあります。
P5158830.jpg


この辺りでは職人さん達が、トンテンカンテンと槌打つ響きがあちこちから聞こえます。
P5158836.jpg


巨大なお鍋。こういうのでシチューを煮込むと美味しいんだよね。
P5158837.jpg



トルコ人もイラン人と同じく胴長短足で、アジア人の特徴がありますが、男女とも顔がかわりました。
イラン人はアーリア系でカスピ海周辺から広がった民族。
トルコ人はその場所柄、様々に支配国が変わったので色んな血が混ざっていますが、バイカル湖あたりが原住地。
P5158841.jpg


ちょっと木陰があると、おしゃべりしたりチャイ飲んだりして、くつろくオジサン達が街中で見られる。
P5158842.jpg


ここでも、オジサン達は何をするわけでもなく、ただ座っていたり新聞を読んでいたりする。
P5158843.jpg


モスクもモノトーンのシックなものになりました。
おじさんの服、モスクとお揃い。
P5158846.jpg


ガジアンテップ城にやってきた。
P5158847.jpg


ローマ時代に建築され、その後増改築を繰り返し、565年にビザンツ皇帝ユスティニアヌスにより、現在のような形になったのだといわれています。
城の外周は1200メートル12本の塔で支えられています。
そして30メートルの幅、10メートルの深さのお堀に囲まれおり、場内にはたった一つの橋を介してのみ入ることができます
近年では、モスクやハマムの跡も発見されたようです。
現在も修繕・発掘が進められているということです。
P5158848.jpg


無料だし、とりあえず登ってみる。
P5158849.jpg


エッチラオッチラ登るとなかなかの景色。このくらいなら高所恐怖症の私でもイケる。
P5158851.jpg


お城の入り口。仲良く景色を眺めるトルコ人カップル。
P5158854.jpg


今日の気温は33度、暑い・・・

そんなわけで、散策は終了。ジューススタンドでフレッシュフルーツジュースをグビっと飲み、ビールとコーラを買ってルンルンとホテルに帰ってきました。

今日はビールが最高でした!!!

Top|Next »

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。