Vagabond Shoes

Now we are in Bali, Indonesia. 2009年末から旅に出ました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンナショナルギャラリー

2010年12月、ロンドンのナショナルギャラリーに出掛けたときのお話です。

宿から外に出ると、、、さ、さぶい~!!!くじけそう。。。。
PC033836.jpg


寒気団に覆われたロンドンは記録的な降雪。このせいでイギリス中の空港がクローズし、列車の運行もストップしてしまいました。
私たちが数日後に乗る飛行機は大丈夫なのでしょうか。。。。
PC033837.jpg


町並みを眺めながらナショナルギャラリーを目指します。
ロンドンは劇場がたくさんあり、レ・ミゼラブル、ライオンキング、メリー・ポピンズ、名だたるミュージカルがいたるところで上映されています。
PC033845.jpg


PC033853.jpg


ずっと向こうに見えるのがビッグ・ベン。
PC033851.jpg


トラファルガー広場に到着。
PB303696.jpg


むむむっ、なんだか広場の様子がおかしい。。。
PB303696-2.jpg


若者の集団がデモ中。学生達によるイギリスの学費値上げに対する反対運動。
PB303697.jpg


ちょうどデモ行進を始めるところだったようです。
警備の警官の数もびっしりとものすごいものでした。
PB303702.jpg


この寒いのに、ご苦労様です。私達はナショナルギャラリーへ。
PB303707.jpg


さてここは入場料無料(寄付制)ですが、世界に名だたる素晴らしいコレクションを有しています。
特に気に入った作品をいくつかご紹介。

『ヴァージナルの前に立つ女』ヨハネス・フェルメールJohannes Vermeer
527px-Jan_Vermeer_van_Delft_024.jpg


『東方三博士の礼拝 The Adoration of the Kings』ヤン・ホッサールト Jan Gossaert
虫眼鏡で見たいほどの緻密な描き込み、特に衣装がすばらしい。
フンフン鼻息がかかるほど間近で見てご満悦。
545px-Jan_Gossaert_001.jpg 


『大使達 The Ambassadors』 ハンス・ホルバイン  Hans Holbein the Younger
下の奇妙な物体は、ある方向から見ると骸骨に見えます。
598px-Holbein-ambassadors.jpg


アルノルフィーニ夫妻像、ヤン・ファン・エイクJan van Eyck
438px-Van_Eyck_-_Arnolfini_Portrait.jpg


『受胎告知』カルロ・クリヴェッリCarlo Crivelli
クリヴェッリはべネツィアで活躍した画家でしたが、ナポレオン侵攻時にその作品は散り散りになってしまい、現在残っている作品は多くありません。
貴重なクリヴェッリコレクションをナショナルギャラリーは数多く所蔵しています。
1400年代の画家ですが、なんだかアニメのような近未来的な不思議な作風です。
彼の描く聖母子や聖人像には果物が必ず描かれているのですが、なぜなのでしょう。
きっと意味があるんだろうな~。

425px-Crivelli_Carlo,_Annunciation


多翼祭壇画、カルロ・クリヴェッリCarlo Crivelli
608px-Carlo_Crivelli_042.jpg


さて、ナショナルギャラリーから出てみると、また大変ことになっていました。
PB303719.jpg


トラファルガー広場をグルリと警官達が囲んでいます。
デモ行進に出掛けた学生達が戻ってくる頃合なのでしょうか。
PB303720.jpg


そそくさと急いでトラファルガー広場を離れ、ホテルに戻りテレビをつけると・・・
うーん、えらい騒ぎになっている(汗)
PB303729.jpg


でも学生達はなんだか楽しそうです。
学生達は大騒ぎだし、大寒波が襲ってイギリス南部は交通も学校も麻痺しているし、イギリスは大変だなぁ。
PB303730.jpg


おまけの写真、ランチを食べた台湾料理の軽食屋にて。
イギリスでは中華ばっかりになっています。
だって食べてみたいと思えるような美味しそうなお店がないんだもの・・・
PC033841.jpg


魚肉団子の麺、豚肉ごはん。お会計は合計£10。ああ、美味しかった。
PC033842.jpg PC033844.jpg

今日もたっぷり目の保養ができました。


スポンサーサイト

ロンドン到着、そしてロストバゲージ

2010年11月、ベルファストからロンドンへ移動したときのお話です。

しびれるほど寒くて道路もコチコチに凍ってしまった朝、宿のオーナー、ロジャーに挨拶をしてから出発です。


市バスでベルファストの中心地まで行き、Europa Hotel前にあるバスターミナルから空港行きのバスに乗ります。私たちが今日利用するのは『Belfast city airport』といい、国内線中心のローカルな空港。
PB293667.jpg


今日の飛行機はbmi、イギリスの航空会社でスターアライアンスに加盟しています。
久々にラウンジがつかえ、ちょっと興奮。スナック片手にアルコールも入ってリラックス。
PB293670.jpg


航空券代はベルファストからロンドンまで£43.5/名でした。
PB293676.jpg

離陸から1時間半後、ロンドンはヒースロー空港に到着。

陸路でアイルランドからイギリスに入っていましたが、パスポートチェックは受けていなかった私たち。
たぶん、到着後、面倒なイギリスのパスポートコントロールを通らなきゃいけないんだろうな~と2人で審査官への返答内容なんかを話しながら飛行機を降りました。

が、、、、どこにもそれらしき窓口がなく、荷物のターンテーブルまで辿り着いてしまいました、アレ??

後から知ったのですが、イギリスとアイルランドは相互協定を結んでおり、どちらかの国の入国審査を受ければ、もう一方の審査は免除されるようです。

ですが、これも空港の構造や、到着するターミナルによって流動的であって、例えばイギリス経由でアイルランド・ダブリンに入国する場合には、イギリスの空港でのトランジット時に『アイルランド入国の審査』を受け、ダブリン空港到着時にまた入国審査を受けなければならないそうです。

これはダブリン国際空港の構造が、国内線国外線を問わず全ての到着客がイミグレーションを通らなければ外に出れない造りになっているからだそうです。


さて、無事にイギリス本土に入国でき、2人で喜んでいたのもつかの間・・・・
ターンテーブルから一向に荷物が出てきません。
皆は次々と荷物をピックアップして去って行くのに30分待っても出てこない、、、
はぁぁぁ、ロストバッゲージか~。 しかも仲良く2人分の荷物が消えてしまいました。。。
PB293678.jpg

カウンターで手続きをして、手荷物だけの軽装でロンドンへむかいました。

bmiはベルファスト-ロンドン便を一日に5~6往復も飛ばしています。

なので、係官は『君たちの荷物は次の便で来るよ~、それも今日中にね!ベルファストの空港はハイセキュリティだから絶対に荷物をロストしないよ!』と自信満々で言っていましたが、ベルファスト空港はしっかりしていても、ヒースローは世界一ロストバッゲージの多い空港だからね~。

まったく信用できません。

前回イギリスに来たときも、ターンテーブルから出てきたトランクにはひびが入り、タイヤも外れ酷い状態。

そして今回はロスト、まったくこの国は・・・・。

まぁ、貴重品は自分で全部持っているし、チェックインバゲッジがなくなったとしても必要なものは買えるので、特に困りません。

でも、もしも、荷物がもう出てこないだろうとすると・・・

ダリオ:訪問国で集めてきたコインがなくなった~(損失額約2000円)
     いろんな国のツーリストオフィスでもらったマップがなくなった~(損失額0円)

ハニコ:イタリアで3足2ユーロで買った靴下がなくなった~(損失額約235円)
      後で食べようと思っていた板チョコやクッキーがなくなった(損失額約500円)
          いろんなホテルでもらった石鹸やシャンプーがなくなった(損失額0円)
          この寒いのにヒートテック類がなくなった(損失額2人分で約5000円)

ってことで、自分達の荷物がどれだけガラクタで出来ているのかって事がよ~く分かり、市内へ向かうチューブの中で大笑いしました。


そして地下鉄に乗って到着したのは、Colliers Hotel
朝食、バスルーム、テレビ、WIFI付きで£70/ダブル。
部屋もとても狭いけれど、ここはロンドンだから仕方がないか。
PB293679.jpg PB293680.jpg

そして夜中の2時頃、無事荷物がホテルに届けられました。ヤレヤレのロンドン到着でした。

ベルファストの街並み

すっかり更新をサボってしまいました。

2010年11月、ベルファスト滞在時の日記です。
現在はカトリックとプロテスタントの対立が再燃し、少々物騒なベルファストですが、私たちが訪れたときにはいたって平和、ツーリストインフォメーションでも現在は両宗教の対立はなく特に避けるべき地域はないよと言われたほど穏やかでした。

それでは平穏なベルファストの街並みをごらん下さい。


散歩の前の腹ごしらえ、朝食はイギリス風のセットメニュー、ボリュームたっぷり。
PB273586.jpg


お腹が一杯になったら出発です。
歩道が凍っていて滑りやすいので、ソロリソロリと気をつけて歩きます。
PB273591.jpg


川沿いは風が強くて寒い。ヨットの練習をする人がたくさんいました。
PB273594.jpg


やってきたのは市場。ここは土日だけオープンしています。
PB273595.jpg


お魚だ!!!でも正直あまり新鮮そうには見えないなぁ、残念。
PB273599.jpg


なんだか野菜も腐りかけのようでイマイチ。ですが、値段だけはとびきり高いです。
PB273600.jpg


私たちは、リンゴとみかんを買いました。
PB273602.jpg


次は街の中心にあるビクトリアスクエアにやってきました。オシャレなお店が並びとても華やか。 
 PB273609.jpg


人通りが多い。クリスマスシーズンだから皆プレゼント用のショッピングでしょうか?
PB273610.jpg


味のある教会、カトリックだかプロテスタントだかまったく分かりません。。。
PB283651.jpg


道路はすっかりコチコチに凍っています。
PB283653.jpg


日照時間がとても短く、いつも夕方のような空模様。
PB283655.jpg


これは宿から徒歩で15分ほどの巨大モール。
大型スーパーが2件、そして衣料品や雑貨のお店がたくさん並びます。
スーパーで地元の人々が買い物する様子を眺めていましたが、この国の人達はなんて美味しくなさそうなものを食べているのだろう。
大きな籠のなかには、冷凍の野菜やハンバーグ、出来合いのコールスロー、大きな箱に入ったシリアル、缶詰、スナック菓子などの山・・・忙しくて手抜きになってしまうのでしょうか。
PB283656.jpg


フィッシュ&チップスかハンバーガーくらいしか食べるものがなさそうなこの国(もちろん高いお金を出せば、それなりのものを食べれると思います)、いまいち食欲をそそられる物が見つからなかったので、そんな時は中華。2日続けて食べても飽きません。
PB283659.jpg

では。

ベルファスト

新たな街に移動する朝は、緊張と期待でいっぱい。朝食をモリモリ食べて出発です。

ゴールウェイの宿、Desota House Bed and Breakfastの朝食。
三種類のメニューから選ぶことができ、注文してから調理してくれるのでホカホカ。
これはアイリッシュ風の朝食、ボリュームたっぷりです。
PB253416.jpg 


左はゴールウェイのバスターミナル、ここから往路でお世話になったGo Busに乗りダブリンへ戻ります。
10:50ゴールウェイ出発、13:18ダブリンのEden Quayに到着。
今度は、Eden Quayから徒歩10分ほどにあるBusarasバスターミナル(写真右)からベルファスト行きのバスに乗車。 バス会社はBus Eireann、運賃は15ユーロ/名。
14:00ダブリン出発、17:00にベルファストに到着。とっくに日は暮れて真っ暗、長い旅だった~。
本当はゴールウェイから直接ベルファーストに行きたかったのですが、2回もバスを乗り換えなければならないうえに、費用も時間も余計にかかるということが分かり、ダブリンに一旦戻り、ベルファストへ行く経路をとりました。
PB253417.jpg PB253422.jpg

ベルファスト到着後、18:00でクローズするツーリストインフォメーションオフィスに猛ダッシュをし、スタッフの男性にあれやこれやとツアーの説明をうけ、明日出発の一番人気のツアーを予約。

ところで、ベルファストは北アイルランド、バスで知らないうちに国境を越えてしまいましたが、ここは既に英国でした。

通貨も替わり、1£ポンド=約130.6円です。(2010年11月現在)
左の下の紙幣、女王のポンド札はイギリス本土の銀行発行、右は北アイルランドの銀行発行のもの。
ATMからアイルランド銀行発行のポンド札が出てきたときは、『何このお札ーー!??本土でも使えるのかな?』と思い、宿のオーナーに思わず聞いてしまったのですが、どちらも英国ポンドで、本土でも北アイルランドでも使用できます。 ただし、後日イギリス本土でアイルランドポンドを使用したときは、『何このお札?イギリスポンド?使えるの?』と必ず店員に聞かれたので、本土ではあまり流通していないみたいです。
PB263463.jpg PB263462.jpg

数年前に訪問したときは、1£=220円、マクドナルドのセットでも2000円くらいになっていしまい、びっくりしました。ずいぶん円高になったもんだ。


ここでちょっと北アイルランドの紹介(wikipediaより)。

北アイルランド(英語:Northern Ireland, アイルランド語:Tuaisceart 遵ッireann, アルスタースコットランド語:Norlin Airlann)はグレートブリテンおよびアイルランド連合王国(イギリス)を構成する「国」の一つ。アイルランド島北東に位置するアルスター地方9州の内の6州からなるためアルスター6州とも称されています。

 面積は1万4139km²、人口は1,788,896人。

1920年に成立したアイルランド統治法によってアイルランドは南北に分割され、それぞれに自治権が付与されました。

その後に発生したアイルランド独立戦争の講和条約である英愛条約に基づいて、南部26州によりアイルランド自由国が建国され、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国より分離した際は北アイルランドも自由国の管轄内に含まれていました。

しかしアイルランド自由国で内戦が始まったため、英愛条約の条項に基づいて北アイルランド議会は自由国からの離脱を表明して連合王国にとどまることになりました。

19世紀にアイルランドがグレートブリテンおよびアイルランド連合王国に併合されて以来、アイルランドにおいてはユニオニスト(イギリスとの連合維持を主張)とナショナリスト(イギリスからの独立を主張)の対立が続いていました。

アイルランド全土がイギリスに支配されていた時代から、北アイルランド地域はグレートブリテン島からの植民者が多数を占めておりユニオニストの勢力が勝っていました。

また必ずしもアイルランド人即ちナショナリストではなく、経済的に考えると英国へ帰属したほうが有利であると考える者も多かったのです。

このようなことが考慮されて北アイルランドはイギリス統治下に残留することになりました。

1960年代後半になると、アメリカ合衆国の公民権運動の影響を受けて、社会的に差別を受けていたカトリックと、プロテスタント主体の北アイルランド政府との対立が深刻化します。

IRA暫定派を始めとするナショナリストとユニオニスト双方の私兵組織と英陸軍、北アイルランド警察が相争う抗争が続き、数多くのテロによって数千名にものぼる死者が発生するなど、この北アイルランド問題によって社会と経済の混乱は極めて劣悪なものになってしまいました。

1990年代になると和平への道が模索されはじめ、1996年になるとユニオニストおよびナショナリスト政党、私兵組織とイギリス、アイルランド両政府によってベルファスト合意が形成され、これに基づいて全政党が参加する北アイルランド議会が設置されました。

この功績によって、穏健派政党の党首であるデヴィッド・トリンブルとジョン・ヒュームにノーベル平和賞が授与されています。

過激派によるテロが収まったことを受け、シティグループや富士通など、外国企業による新たな直接投資が相次ぎ、著しい経済成長を遂げています。

この北アイルランドの首都がベルファスト(英語Belfast, アイルランド語B醇Pal Feirste)で、人口は276,459人、北アイルランドで最大の都市です。


街にはところどころピースラインという分断壁が設けられ、カトリック住民とプロテスタント住民の居住地を分断しており、学校も別のため、同年代であってもほとんど交流がないという話です。

ベルファストは数十年前は抗争の激戦地となりましたが、現在はいたって平和。



さて、続き。ツーリストインフォメーションオフィスをあとにし、市バスに乗りやっと宿に辿り着きました。
Ravenhill Guesthouse、RogerとOlive夫婦の経営する宿、見かけは普通の一軒家です。
(この写真は宿のHPから拝借)
PB253425.jpg 


パブリックスペースには暖炉があり、本屋や雑誌を読んでくつろぐことができます。暖炉の炎っていいね~。
ウェルカムティーをいただきながら、Rogerから宿近辺の説明を受けます。
PB253429.jpg PB253426.jpg


テレビ、バスルーム、ティーメーカー、美味しい朝食、WIFIが付いて75£/室。
滞在中は記録的な寒さとなったイギリス。
大喜びでしょっちゅうお湯をはって温まっていました。日本人はやっぱりお風呂だよね~。
PB253433.jpg PB253434.jpg


朝食もとてもおいしかった!何種類かのメニューからコースとドリンクを選択し、朝食の希望時間と共に用紙に記載して、前日夜に玄関ホールに置いておくという手順。翌朝ブレックファーストルームに行けば、ホカホカ調理済みのお料理がでてきます。
材料はオーガニックにこだわっていて、シリアル、ヨーグルト、コンポート、数種類のパンなどを好きなだけ食べることが出来ます。
ある日はニシンのグリルを食べてみましたが、まるっきり日本の焼き魚。白いご飯が食べたいな。
PB263455.jpg


翌日はツアー。ベルファストのバスは二階建てで眺め抜群。
PB263465.jpg 


ツアーのミニバンは9:45にJurry Innを出発、タイタニック号が造船された波止場を通り過ぎズンズン進みます。
最初の到着地は北アイルランド北部、アントリム州の小村バラントイにある『キャリックアリード吊り橋Carrick-a-Rede Rope Bridge』。バスの駐車場からはこんな景色が広がります。
PB263466.jpg 


干草がゴロゴロ。 アイルランド南部の岩だらけの光景は見られません。
PB263470.jpg


断崖の道を延々と下ります。
PB263471.jpg 


羊がたくさん放牧されています。遠目からだと蚕の繭みたい。
PB263472.jpg


えっちらおっちら。
PB263476.jpg 


これが『キャリックアリード吊り橋Carrick-a-Rede Rope Bridge』
断崖に囲まれた岬とキャリック島という小さな島を結ぶ長さ約20メートル、高さ約30メートルの橋。
サケ漁をする漁師により、17世紀頃から使われていました。
天候により閉鎖されていることが多いという話ですが、かなり強風の今日でもオープンしていました。
この橋の通行料は4£、高所恐怖症の私がわざわざお金を払って渡るわけもなく、眺めておいしまい(笑)
PB263478.jpg


右むこうにうっすら見えるのはスコットランド。
PB263479.jpg


うーむ、こんなところから落ちたらひとたまりもないな。こわっ。
PB263480.jpg


次にむかったのは『ダンルース城DUNLUCE CASTLE』、北アイルランド北部、コーズウェー海岸にある城。
13世紀にRichard Óg de Burghにより建造され、元は要塞として使われていましたが、17世紀に付近一帯の領主だったスコットランド貴族マクドネル家の居城に改築されたそうです。
現在、内部は建造当時のままに再現され、ビジターセンターを併設します。
PB263490.jpg 


次のポイントはオールド・ブッシュミルズ蒸留所 Old Bushmills Distillery
北アイルランドのアントリム州ブッシュミルズの町で1608年にイングランド王ジェームズ1世より蒸留免許を受けた世界最古のウィスキー蒸留所です。現在もウィスキーを製造しています。
PB263491.jpg 


建物入り口横には樽がズラリ。
PB263495.jpg


建物内部は、売店やレストランがあります。
PB263494.jpg


一番楽しみにしていた場所にやってきました。
というより、ここに至るまでは全部オマケみたいな訪問地でした。笑
駐車場から海岸線をひたすら歩くこと20分超、ジャイアンツ・コーズウェー Giant's Causeway に到着。
PB263507.jpg


4万以上の石柱が、8キロもの海岸線に沿って並ぶ不思議な場所。
6000万年前の地殻変動による大爆発で吹き上がった玄武岩質のマグマが、冷却して角柱状に固まったそうです。
PB263522.jpg 


ジャイアンツコーズウェイとは『巨人の道』という意味。
アイルランドの伝説では、巨人フィン・マックールがスコットランドの巨人ベナンドナーと戦いに行くためにコーズウェーを作ったとか、スコットランドに住んでいる女性に恋をし、彼女をアイルランドに渡らせるために造ったとかいわれます。PB263529.jpg


ここは背の高い石柱が並びます。『オルガン』と呼ばれています。
PB263530.jpg 


皆嬉しそうに登ります。
PB263536.jpg


世の中には不思議な光景があるもんだねぇ。
といっても、日本にだって、おなじような地形の東尋坊がありますが。
さて、まだ15:30だけれどもうすぐ日の入り、暗くなる前にバスに戻ろう。
帰りはかなりの上り坂、運賃1£を払って、バスの停車地までラクチンに移動しました。
PB263537.jpg


18:00、無事にベルファストに戻ってきました。
シティホールの周りではクリスマス市が開かれ、たくさんの人で賑わいます。
街の雰囲気はすっかりイギリス風、ハンチングを被ったオジサンもいなくなりました。
PB263550.jpg


500円もする(不味そうな)ホットドッグやハンバーガーが次から次へと売れて行きます。
『景気いいな~』と感心。
PB263558.jpg


クリスマス用の鉢植えもずらり。
PB263560.jpg


宿の近所にはテイクアウトのお店がたくさん。
いたって普通で、本場の中華と比べて味は全然なんだけど、それでもやっぱりこういう味は懐かしく、あぁ美味しい!
なぜかカレーもありました♪
PB263578.jpg 

ゴールウェイ

2010年11月に、ダブリンからゴールウェイGalwayという街まで移動しました。


今日のバス会社はダブリン-ゴールウェイ間のシャトルバスを運行する『GoBus』。
ピックアップポイントはGeorge's Quay、前もってのチケット購入は不要でした。
トイレ、WIFIの付きで料金は10ユーロととても良心的です。
11:15ダブリン出発、羊だらけののどかな景色を眺め、13:50にゴールウェイのNew Coach Stationに到着しました。
PB233264.jpg 


到着後、バスターミナルのすぐ前にあるツーリストインフォメーションセンターで翌日のツアーを予約し、ブラブラと徒歩で宿を目指します。

とここで、少しだけゴールウェイの紹介(Wikipediaより)。

ゴールウェイ (Galway、アイルランド語:Gaillimh)は、アイルランド共和国西部の都市であり、ゴールウェイ州の州都。

ゴールウェイ湾の北東の一角に位置し、市内をコリヴ川が流れます。

市の名前の由来は、アイルランドのガリヴ(Gallibh)、「外国人の町」(外国人、Gallから)。

中世にゴールウェイは14のアングロ・ノルマンの一家、ゴールウェイの'部族'の寡頭政治によって統治され、フランス、スペインとの国際貿易で栄えたので、街中に外国人がたくさんいたのでしょうね。

ゴールウェイには、アイルランドの伝統的な言語、音楽、歌、踊りが残っており、『アイルランドの伝統文化の中心地』と呼ばれています。

街はゲールタハト(アイルランド語使用地域)の入り口に位置し、町中では2言語による道路標識や店の看板をみることができます。

ちなみにアイルランドの第一公用語は英語、第二公用語はアイルランド語(ゲール語)ですが、大半の国民は英語で会話をします。



ときたま可愛らしい藁葺き屋根を見かけます。
PB233266.jpg


宿に到着。Desota House Bed and Breakfast、住宅地にある普通の民家です。
テレビ、ティーメーカー、バスルーム、冷蔵庫、ドライヤー、WIFI、アイリッシュブレックファストが付いて45ユーロ/室。
PB233267.jpg PB233268.jpg


アンティークのミシンを改造したテーブルがとても素敵です。
この価格でこれだけ居心地の良い部屋、お得だね~。
PB233269.jpg PB233270.jpg


ゴールウェイはアイリッシュミュージックの本場。ということで、アイリッシュパブへ繰り出しました。
お店は『Tig Coili Pub』
PB233280.jpg 


美味しいビールを楽しんでいると、生演奏がスタートしました。
演奏メンバーは固定ではなく、たまたまお店に居合わせた人達が即席で演奏するそうです。
PB233290.jpg


踊りだしたくなるように陽気な、小気味よいリズムの曲もあれば、一転、フィドルの音色にのせて響く、哀愁漂う歌声は、郷愁を誘います。
バグパイプやアコーディオンから奏でられる優しい音は、何処か懐かしく、耳に自然に染みこむ様に聞こえてきます。
PB233291.jpg


アイルランドって、こんな風にハンチング帽を被ったオジサンがたくさんいるんですよ!
ハニコにとっては、アイルランド男性=ハンチング帽というイメージなので。
PB233296.jpg


街はすっかりクリスマス仕様。
PB233307.jpg


ダブリンでのまずいフィッシュ&チップスの記憶を払拭するために、美味しいと評判のお店でフィッシュ&ポテトを買ってみた。
なんでもこのお店は、バターで魚を揚げるのだって。
元々は魚屋さんだったのだけれど、漁師たちにシチューをだしてみたらば大好評で、レストランに商売替えしたそうです。
PB233312.jpg


大きなフィッシュフライ、たっぷりのフライドポテトとオニオンフライで11ユーロほど。
バターの風味が香ばしく、とっても美味しい!!!
ダブリンで食べたフィッシュ&フライはイマイチだったけども、調理の仕方によってずいぶん味が変わるものだね。
PB233313.jpg PB233315.jpg

翌日はバスツアーに参加し、ゴールウェイ近辺の観光をしました。

まずは『バレン高原 The Burren』にやって来ました。
『石の多い場所』を意味する『バレン Bhoireann』という言葉がバレン高原の語源となったそうです。
見渡すかぎり石灰岩の大地、昔飢饉がおきた際にはこの辺りに暮らしていた人々の多くがアメリカに移住したそうです。
クロムウェルは拷問の方法を考えるのに、『バレンには、人を吊るす木もなく、溺れさせる水もなく、生き埋めにする土もない』と途方に暮れたともいいます。
こんな大地ですが、実は野生動物や植物の宝庫なんだそうですヨ。
これは『巨石墳墓 Poulnabrone portal dolmen 』、別名『巨人のテーブル』とも呼ばれます。
紀元前3800年から3200年頃につくられた古代人の墓だといわれて、バレン高原にはこういった巨石墳墓が70以上あるそうです。
PB243322.jpg 


石だらけのアイルランド、こうして石を積み重ねた低い壁で土地が区切られています。
PB243326.jpg 


『レーマナー城 Leamaneh Castle』、幽霊城として恐れられている廃墟です。
1650年頃、ここには赤毛のメリーという婦人が住んでいたそうです。
元々は良き妻であり母であったメリーは3人の男性と結婚しました。
2人目の夫がクロムウェル侵攻軍に殺されると、土地を確保するために敵である英国軍の兵士と再婚します。
しかしやがてメリーは、3人目の夫を塔から突き落として殺し、土地を息子に相続させたそうです。
その後、召使を陰惨な方法で殺害したり、自身も悲惨な死を遂げたそうです。
PB243329.jpg 


『モハーの断崖 The Cliffs of Moher』にやってきました。
アイルランド語では『不滅の崖 Aillte an Mhothair』を意味するそうです。
大西洋からそびえ立つ崖の高さは最高地点では214mでアイルランド中でも壮観な眺望を誇ります。
PB243336.jpg 


恐ろしい断崖絶壁だのぉ。
PB243345.jpg 


やはりここも自殺の名所なのだろうか。
PB243352.jpg 


左に見えるのはアラン諸島、アランセーターで有名な島です。
PB243356.jpg 


ランチのため、ドーリンDoolinという街のパブに立ち寄りました。
PB243375.jpg 


のどかで小さな街、なかなか良いではないですか。ここは夏には音楽で盛り上がる場所だそうですよ。
PB243377.jpg


こんにちは。
PB243388.jpg


けっこうかわいい顔してる。
PB243386.jpg 


毛並みツヤツヤの黒猫さんと遊ぶ。なつっこくてかわいい!呼んだら走ってきました。
PB243389.jpg 


ドーリンを出発し、次はこんなゴツゴツの海岸線にやってきました。
どこもかしこも岩だらけ、こんな荒々しい風景はいままで見たことなかったのでとても新鮮です。
昔読んだエミリ・ブロンテの小説『嵐が丘』を思い出すなぁ、あれはイギリスのヨークシャーが舞台だけどね。
PB243393.jpg 


『ダングアイア城Dunguaire Castle』
1520年にスコットランドの氏族により建てられた城だそうです。
PB243401.jpg 

16:30、もう日が沈む~。
PB243403.jpg 


ゴールウェイの街に戻ってきました。駅前の広場ではクリスマスマーケットが開催されています。
軽食や雑貨の屋台がずらりと並び、子供用もメリーゴーランドも。
PB243407.jpg 


街もクリスマス仕様でウキウキだね。
PB243409.jpg 

今日もよく遊びました。寒かったナ~。

Top|Next »

HOME

ダリオ&ハニコ

Author:ダリオ&ハニコ
夫婦で旅してます。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。